ambr、初開催となった昨年に引き続き「TOKYO GAME SHOW VR 2022」の企画開発を担当

「ダンジョン」を舞台に、さらに進化したバーチャル体験をお届けします

株式会社ambr(東京都中野区、代表取締役:西村拓也、以下ambr)は、昨年に続き「TOKYO GAME SHOW VR 2022」を企画・開発いたします。メタバース構築プロダクト「xambr(クロスアンバー)」による第三弾のプロジェクトとなります。

  • 「TOKYO GAME SHOW VR 2022」について
東京ゲームショウは世界最大級のゲームの祭典です。
昨年開催されたTOKYO GAME SHOW VR 2021(https://www.youtube.com/watch?v=a6GjI3teMhE&feature=youtu.be)は東京ゲームショウ史上初となるVR会場として、日本を代表するゲーム企業を中心とする20社が出展。昨年はつながりをテーマとし、インタラクティブ性のある新しいバーチャル展示会の楽しみ方を提供しました。

延べ来場者数は210,566人、ユーザーあたりの平均滞在時間は約27分を達成。PCとVRデバイスに対応していながらもVRユーザーの比率が6割を超え、再来訪意欲が98%以上に到達するなど、多くの方にバーチャル空間ならではの没入感を堪能いただきました。
大手メディアからも「今年こそVR元年」「未来の展示会の姿」など評価され、合計広告価値換算で8億円超のメディア露出を獲得するなど、大きな成功をおさめることができました。











TOKYO GAME SHOW VR 2022の舞台は「ダンジョン」。ゲームショウ自体をゲームとして楽しめるよう、アップグレードされた機能とともに、より一層進化したTOKYO GAME SHOW VR 2022をお届けします。

■ 東京ゲームショウ VR 2022 開催概要
名  称:東京ゲームショウ VR 2022(TOKYO GAME SHOW VR 2022)
     https://tgsvr.com/
主  催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共  催:株式会社日経BP、株式会社電通
会  期:2022年9月15日(木) ~ 2022年9月18日(日)
参 加  料:無料
参加方法:Windows, Meta Quest 2 (App Lab / Link機能), Oculus Rift / Rift S, HTC Vive / Vive Proシリーズ, Valve Index ※Windows PC単体でもご利用いただけます。


TOKYO GAME SHOW VR 2022(以下、TGSVR2022)の詳細は、今後の発表をお待ちください。
 
  • ambrチームからのコメント
■ CEO / Producer 西村拓也より

ものづくりというのは、本当に尊いものです。誰かに楽しんでもらえるものをつくるために、仲間と力を合わせ、心血を注いで取り組み、それでもまだ足りなくて、つくってはこわしてを繰り返した先に、ようやく形にすることができます。
TGSVRは、ものづくりの最たるものの一つであるゲームの魅力を、バーチャルの技術を活用した新しい体験として、世界にお届けする役割を持っています。全てのゲームクリエイターの皆様へのリスペクトを込めて、私たちも最後まで全力で「ものづくり」していきたいと思います。
VRはもちろんのこと、PC単体でもお楽しみいただけます。昨年よりもさらに進化したTGSVR2022を実現しますので、是非遊びにきてください。

■ CXO / Creative Director 番匠カンナより

昨年は東京ゲームショウ初のVRイベントということで、どんな体験にすべきか、何ができるか、すべてが暗中模索でした。前例のない企画でしたが、出展企業の皆様の多大なるご協力の結果、空想世界にゲームキャラクターが立ち並ぶ新しい東京ゲームショウの姿を届けることができました。
一方、会期後すぐに「もっとこうしたい、VRならこんなこともできたはず」という思いが、開発チーム内で湧き起こりました。2回目の今年は、その思いを、来場者のさらなる「楽しい!」に向けて具現化する場となります。
進化したTGSVR2022をご期待ください。そして9月15日からの4日間、ぜひ(足をつかわず)足をお運びいただければと思います。
 
  • ambrについて

“The World Is a Playground. たのしめる世界を実現する。”をミッションに、世界的なVR企業を目指すメタバースクリエイティブカンパニーです。メタバース構築プロダクト『xambr』を活用し、有力IP・ブランド・イベントホルダーと共に仮想空間の企画開発を手掛けています。バーチャルならではのユーザー体験設計力に強みを持ち、ユーザーに感動を届ける仮想空間の創造に取り組んでいます。

2021年には、東京ゲームショウ初のVR会場『TOKYO GAME SHOW VR 2021』、2022年には、世界的ゲームクリエイティブカンパニー「ウィザーズ・オブ・ザ・コースト」と共に『マジック:ザ・ギャザリング バーチャル・アート展』(https://mtg-jp.com/mtgvr/)の企画開発を実施しました。

2022年7月には、シリーズAラウンドにて10.2億円の資金調達を完了し、今後新たにメタバースプラットフォームを構築することを発表しました。

ambrでは、TGSVR2022をはじめとしたさらに進化したバーチャル体験の創造と、メタバースプラットフォームの構築、及び会社基盤の強化に向けて、各種ポジションを積極採用中です。詳細は下記URLよりご確認ください。

■ 参考URL
コーポレートサイト:https://ambr.co.jp/
ストーリーブック:https://speakerdeck.com/ambrinc/ambr-story-book-we-are-hiring
Wantedly:https://www.wantedly.com/companies/ambr

■ 本リリースに関するお問い合わせ
ambrに関するお問い合わせは、下記URLよりお願いいたします。
URL: https://forms.gle/Ubd7MGrFACmyKvU37
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 ambr >
  3. ambr、初開催となった昨年に引き続き「TOKYO GAME SHOW VR 2022」の企画開発を担当