シリーズBで第三者割当増資を実行

事業会社との事業連携を加速

株式会社イクシス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役Co-CEO:山崎文敬、狩野高志、以下イクシス)は、社会・産業インフラ領域を代表する大手事業会社との事業連携の加速を目的としたシリーズBで第三者割当増資を行いました。

今回のラウンドは、鹿島建設株式会社、J&TC Frontier(JFEエンジニアリング株式会社と東京センチュリー株式会社が共同設立した投資会社)からの出資です。(出資額は非公表)


イクシスは、鹿島建設・JFEエンジニアリング・東京センチュリーとの事業連携を深め、社会・産業インフラ向け「ロボット及び取得データ解析サービス」を普及させることで、インフラの抱える老朽化・熟練技能者減といった社会的課題の解決に貢献してまいります。

■株式会社イクシス 会社概要
設 立 :1998年6月
本 社 :神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 AIRBIC内
代表者 :山崎文敬、狩野高志
事業内容:社会・産業インフラ向けロボット及び特殊環境対応型ロボット等の開発・販売、
     取得データのAI解析サービス、3D-Data Solutionサービスの提供
HP URL  :https://www.ixs.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社イクシス >
  3. シリーズBで第三者割当増資を実行