不動産事業者支援サービスの「Gate.」IT導入補助金2021対象ツールに認定

投資不動産の価値査定・市場分析ツールの導入費用最大2/3補助

リーウェイズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:巻口成憲)が開発・提供する不動産価値分析AIクラウドサービス「Gate.(ゲイト)」(https://www.ai.gate.estate/)は、経済産業省が監督し中小企業・小規模事業者向けに実施している「IT導入補助金2021」の対象ツールに認定されました。これにより「Gate.」の導入企業は費用の2/3、最大450万円を補助金として受け取ることができます。


■IT導入補助金とは
  中小企業・小規模事業者等の皆様が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするものです。
 経営課題の解決を目的とした通常枠(A・B類型)と新型コロナウイルス感染症の対策として非対面化ツールの導入を目的とした低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)があります。なお、交付には審査があります。

■「Gate.」認定の背景
 新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大による経済への打撃を踏まえ、国や経済産業省はIT導入補助金を通じた中小企業への支援を継続しています。
この先行きの見えない現状において、どの業界でもコストの削減や感染対策としての非対面サービスの導入の必要に迫られています。この機会に不動産価値分析AIクラウドサービス「Gate.」を不動産事業者の皆様にお気軽にお試し頂けるよう、補助金対象の申請を行う運びとなりました。

「Gate.」シリーズの特長

  • クラウド上で物件査定・シミュレーション、市場調査が可能
  • 数クリックで提案資料が出力。PDFダウンロードが可能
  • 査定・調査業務時間180分が最短5分へ
 

【対象ツール】
□「Gate. Investment Planner」
 2億件超の物件データをAIで分析し、全期間利回り・賃料査定・物件価格査定・空室率の推移・賃料下落の推移・50年先まで分析したキャッシュフロー・LTVなどの詳細な不動産分析をグラフィカルなレポートとして出力。不動産業務を飛躍的に効率化させます。

□「Gate. Market Survey」
 膨大な時間がかかっていた市場調査をワンクリックで実現します。検索エリアの人口構成、世帯数、公共施設、商業施設などを表示。市場調査レポートとして仕入れ、販売、提案の資料に。重要事項説明にも必要なハザードマップ情報も搭載。3年先までの施設の変化を知ることが出来る[建築未来図]は必見。

□「Gate. Office Market Survey」
 オフィスの市場分析ツール。住宅よりも取引情報がクローズなオフィスのエリア相場や、周辺施設・業種構成・就業者数・募集物件情報などを知ることができます。


申請に関するお問い合わせ:https://www.leeways.co.jp/contact-for-company

IT導入補助金公式サイト:https://www.it-hojo.jp/overview/


 リーウェイズは今後も、テクノロジーで不動産取引に係る全てのプレイヤーに対し透明性の高い取引環境を提供することで、新時代の不動産取引エコシステムを構築し、不動産投資の新世紀を創っていきます。


【会社概要】
会 社 名  :リーウェイズ株式会社
代表取締役:巻口 成憲
所 在 地  :東京都渋谷区渋谷2-6-12 ベルデ青山5階
事業内容 :不動産取引の意思決定を支える情報インフラの提供
      不動産、資産運用のコンサルティング業務
資 本 金  :467,048,356円(資本準備金等含む)
設 立 日  :2014年2月3日
ミッション:テクノロジーで不動産取引環境の新エコシステムを創る。
ビジョン :不動産投資×テクノロジーのリーディングカンパニーへ。
公式サイト :https://www.leeways.co.jp
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リーウェイズ株式会社 >
  3. 不動産事業者支援サービスの「Gate.」IT導入補助金2021対象ツールに認定