チェコ共和国を代表する時計、PRIM(プリム)が伊勢丹新宿店にてご紹介する「スポーツウォッチコレクション」に登場

1949年からチェコ共和国にて自社一貫生産を行う機械式時計ブランド・PRIM(プリム)が2020年8/12(水)より9/1(火)まで伊勢丹新宿店本館5階=ウォッチ/シェルマンでご紹介する「スポーツウォッチコレクション」に登場いたします。
 

 

 フェアでは1960年代にチェコスロヴァキア軍に採用された「オルリック」の現行モデルや、スポーツモデルの原点「アイゲン」をご覧いただけます。
 また、期間中にプリムの腕時計をご購入いただいたお客様に、ボールペンをプレゼントします。※無くなり次第、終了となります。

Recommended Model

 

■1965年にチェコスロバキア軍に300本納品された『オルリック』の現行モデル
 

PR.ORA.38.BK 6SPR.ORA.38.BK 6S


 

■スポーツモデルのファーストジェネレーションを意味する「アイゲン」

PR.IGH.37.BKPR.IGH.37.BK

 

 



フェア概要
■期間
8月12日(水)~9月1日(火)

■開催場所
東京都新宿区新宿 3-14-1
伊勢丹新宿店本館5階=ウォッチ/シェルマン
TEL:03-3352-1111(代表)
https://shellman.co.jp/


■内容
フェア期間中にPRIM製品をご購入いただいた方に、ボールペンをプレゼントいたします。詳しくはお店までお問合せ下さい。

■ABOUT PRIM

時計メーカー・プリムはチェコ共和国が社会主義時代の1949年から一貫自社生産を続ける小さな時計メーカーです。
時計作りの中心地スイス・ドイツから遠く離れた、チェコ東部のポーランド国境の小さな町で作られるプリムの時計は、50年代の雰囲気を残しつつも独自の発展を遂げてきました。

マニュファクチュールムーブメント

50年代以降の自社製造ムーブメントを改良し現在も90%以上のパーツを自社で製造している希少なマニュファクチュール。
そのため自社工場内で切削加工するケースも34㎜から40㎜までと形状もサイズも豊富でユニーク。

ハンドメイドのディテイル

ボヘミアングラスをカットした丸みのある、さまざまなガラスも特徴の一つのメーカー。一つ一つ型を抜いて若い職人が磨く針は自社内で青焼きをすることもでき、50年代の伝統的な製法を今も続ける数少ないメーカーです。

■公式サイト
URL:http://prim-watch.jp/

■PRIMお取扱店様
URL:http://prim-watch.jp/shop/

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ブレインズ
〒103-0027
東京都中央区日本橋1-2-10 Toyo Building 6F
pr@brains-corp.com
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ブレインズ >
  3. チェコ共和国を代表する時計、PRIM(プリム)が伊勢丹新宿店にてご紹介する「スポーツウォッチコレクション」に登場