茨城県境町の新施設「S-Lab(エスラボ)」で開発の干し芋が好調。ふるさと納税で、申込10,000セット突破。寄附額1億円超。

世界的に有名な建築家、隈研吾氏の設計によって境町に、六次産業化を推進する研究・開発施設「S-Lab」が完成。施設で開発された製品「干し芋」が、境町のふるさと納税において累計申し込み数10,000セットを突破!多くの寄附をいただくほか、まちの新しい産業の振興や雇用増加など、地域の好循環サイクルを創出しています。

 

茨城県境町では、新施設、境町地場産品研究開発施設「S-Lab」で開発した「干し芋」が、ふるさと納税の返礼品として大変好調です。
大手ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」などに2019年度から掲載をはじめ、このたび累計申込数が10,000セットを突破し、寄附金額も1億円を超えました。


■S-Labで開発された「干し芋」

しっとりとした食感とまるでスイーツのような甘みが特徴の紅はるかを使用した、境町の美味しい干し芋です。紅はるかを使い、内容量はどっさり 1.2kg !美味しさをたっぷりご堪能いただけます。

お申し込みいただいた寄附者様からは、
「こんなに美味しい干し芋は初めてです。量も沢山入っていたはずなのに、すぐに無くなってしまいました。」
「単なる干し芋とは呼びたくないほどのねっとりとした高級スイーツの甘さです。」
「干し芋の美味しさに感動いたしました!量もたっぷりで大満足でリピート決定です。」
など嬉しいお声をたくさんいただいております。

提供:株式会社さかいまちづくり公社(S-Lab)

▼S-Lab開発の干し芋の返礼品詳細はこちらからご確認ください。
https://www.furusato-tax.jp/search?q=%E5%B9%B2%E3%81%97%E8%8A%8B+S-Lab&header=1&target=1

■境町地場産品研究開発施設 「S-Lab」

S-Lab(茨城県猿島郡境町坂花町1455ー1)は、年間を通して販売できる境町ならではの特産品を作り出し、地元農産物の六次産業化を推進する研究・開発施設です。世界的に有名な建築家、​隈研吾氏の設計により、境町に完成しました。
S-Labで開発した製品の商品化に伴い、地元の雇用も生まれ、地域の好循環サイクルを創出しています。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 境町役場 >
  3. 茨城県境町の新施設「S-Lab(エスラボ)」で開発の干し芋が好調。ふるさと納税で、申込10,000セット突破。寄附額1億円超。