ユニットデザイナーブランド『no.』一宮武史ディレクター率いるデザインチームと協業し、Lifestyleに溶け込むクリーンな定番アイテムを提案する新ライン【THE STANDARD】の展開をスタート!

WEGO初出店となる阪急メンズ東京でのPOP UP SHOPも開催!

この度、株式会社ウィゴー(本社:東京都渋谷区恵比寿 代表取締役社長:園田恭輔)では、定番アイテムでありながらパターン、ディテール、シルエットなどを現代のトレンドにアップデートし、年齢、性別、流行、季節を問わず、手に取りやすい価格で提供する新ライン【THE STANDARD(ザ・スタンダード)】を立ち上げ、2022 Spring & Summerより発売を開始する運びとなりました。
本コレクションでは、長いシーズンにわたって着用して頂けるよう、厳選に厳選を重ねたマテリアルを使用したジャケットやパンツ、パーカー、シャツ、Tシャツなど全22型が登場致します。

また、本ライン立ち上げにあたりディレクターとしてユニットデザイナーブランド『no.(ナンバー) 』ディレクターである一宮武史氏にオファー。『no. 』コレクション構築の最大の特徴である考え方、<テーマを軸にそれぞれに特化した人物に光をあて、最終的に1つのコレクションとして構築するスタイルコンセプト>にWEGOが共鳴しオファー、協業に至りました。
【THE STANDARD(ザ・スタンダード)】においても『no.』同様のデザイン体制をとり、一宮氏率いる『no.』デザインチームと自社のプロジェクトチームによる協業により商品の開発を行ってまいります。
(※ディレクター一宮氏の本プロジェクトに関するコメントは下記ご参照下さい。)

そして2月23日(水祝)~3月1日(火)の期間、既存のWEGO顧客様のみならず多くの方に手に取っていただきたいという想いから、阪急メンズ東京でのPOP UP SHOPを開催致します。
尚、阪急メンズ東京への出店はWEGO初となります。

 

  • 概要
【ライン名】THE STANDARD(ザ・スタンダード)
【ディレクター】一宮 武史(no.)
【コンセプト】
 “Utility for your style” シンプルで合わせやすい、でも程よくイマっぽい定番服
【発売日】
 2月19日(土) WEGO一部店舗にて先行販売
 3月7日(月) WEGO全店舗にて販売
【ITEM】
 2022春夏コレクション 全22型展開 ※すべてユニセックス 
【サイズ】S~L
【販売店舗】
 WEGO全店舗、公式ONLINE STORE (https://gocart.jp/)
【プライスゾーン(Tax in)】
 Jacket ¥4999/Cut sew ¥999~¥2599/Shirt ¥2999/Sweat ¥2599~¥3599/Bottom ¥2999~¥4999

◆展開アイテム一例
デニムトラッカージャケット ¥4,999-(tax in)

COLOR:淡色、中濃、ブラック
オーセンティックなデニムジャケットよりも身幅を出し、リラックス感のあるクリーンなシルエットのデニムジャケット。やや低めの位置のフラップポケットとプレーンなタック釦で新鮮さを出し、フロントにタックを入れたこだわりのデザイン。裾アジャストでシルエット調整可能な利便性を加えつつも、加工やディティールでヴィンテージライクな仕上がりにしている。12.5ozの程よい肉感のデニムを使用。

デニムワイドパンツ ¥2,999-(tax in)

COLOR:淡色、中濃、ブラック
型別に角度を変えるているWEGO STANDARDオリジナルのL字の鋭角なフロントポケッデザインを採用。またアクセントのリベットにプレーンな物を使用し、ステッチでディテールに変化を加える事でシャープな印象を与えつつも、幅広く使用できる馴染みの良いデザインに。12.5ozの程よい肉感のデニムを使用し、加工感にこだわり程よいヴィンテージ感を出している。

スタンダードクルーネックTシャツ ¥1,599-(tax in)

COLOR:グリーン、オレンジ、Lベージュ、ホワイト、ブラック
既存のパターンを見直し、素材、デザイン、カラーにこだわり、程よいリラックス感のあるボックス型で、デイリーに使用できるTシャツ。
肩のラインを後ろに倒すことで、シャープな印象とさりげないアクセントになり、ネックが詰まった一枚でも様になるTシャツに。6ozのコットン素材を使用。肌触りが良く、程よいウエイト感で年中使用できる素材。

スタンダードプルオーバーパーカ ¥2,999-(tax in)

COLOR:ネイビー、グリーン、オレンジ、オフホワイト、杢グレー、ブラック
既存のパターンを見の直し、フードの立ちにこだわった設計で、サイズ、形、フロントの重なり部分を見直すことで程よいリラックス感のあるボックス型のプルオーバーパーカに。大き目のフードのスピンドルには先端にチップを、カンガルーポケットをやや大きめにする事でアクセントに。11.2ozの肉厚でタフなヘビーウエイト裏毛素材を使用。


◆ディレクター一宮武史氏一問一答
Q.WEGOからオファーがあった際、どのように感じたか。
A.純粋に協業できる事に対して、嬉しく思った。
もともと自分が展開しているブランドはニッチなところで展開している事もあり、前々から若年層含めた幅広い層のお客様に向けて提案するブランド展開に興味を持っていたところ、WEGOから今回の話があり、自分が抱えていた葛藤に対して答えが見つかるのではないかと思い受ける事にした。

Q.WEGOから本ラインの展開にあたりオーダー(ビジョンの共有)はあったのか
A.ありました。
正統なベーシックのイメージではあるが、ライフスタイルの中に溶け込むような洋服を作りたいというビジョンに、自身も共感した。
加えて、現代風にしたシルエットやディテール、デザインを変えた方がより良いと感じたので提案し、今回のアイテムの展開に至っている。

Q.WEGOプロジェクトチームと進行していくにあたり、感じた事
A.素直に、真面目に、服に対して熱い気持ちを持っているなと。
ただ、既存のブランドの中で提案展開してくのが難しい、情熱と葛藤の合間にいるなと感じた。
社内的な話になるが、このラインが立ち上がる意義というのはその問題の解決という事もあったのだろうと思う。
自分たちは、このプロジェクトを通してファッションの楽しさの再確認ができるきっかけになるべきだと思った。

Q.本協業プロジェクトの課題や目標にしている事。何を提唱したいか
A.まずは、『no.』と『WEGO』2つのプロジェクトチームで作り上げ、ひとつの形になったものを若年層以上の幅広い層に手に取っていただき購入してもらうという事を最初に課題としてあげ、目標としている。
提唱したい事としては、世間のWEGOに対してもっている既存のイメージをぶち壊したい。
どのアイテムにも言える事として、クオリティとプライス、プライスに対してクオリティがとびぬけてよい。高品質でありながら低価格で提供したいという思いとこの事実は、自分たちのチームとしても驚きであり勉強になった。そんなWEGOの底力を見せたい。WEGOには素晴らしい人材、チームと知見や生産背景など、こんなにいい服が作れるという事に自信を持ってほしい。
自分の仲間からも、本ラインの商品評価は高く、今後自身のワードローブに入れてくれるという声を多く聞けている事もあり良いものを作れた確信はある。

Q.今回のビジュアルのテーマやコンセプト
A.今回特に良い出来だった、スウェットとデニムをスタイリングでは意識的に使用した。
テーマは、スタンダード。
ビジュアル撮影では、シーンを変えて原宿と有楽町で撮影した。原宿では、WEGOの既存のカスタマーに向けて、ストリートでクールにファッショナブルに。有楽町では、新たに手に取って欲しいカスタマー層に向けて、仕事するシーンで着てもなんら遜色ないアイテムという事を表現したかった。

 

■一宮武史氏プロフィール
大阪府出身。
アパレル専門学校を卒業後、27歳まで大阪でスタイリストとして活躍。その後上京し、ドメスティックブランドでPR・セールスを経験し独立。
独立後、ユニットデザイナーブランド[no.]を2018年に立上げ、2021年にはマテリアル・縫製過程に焦点をあてた[Rich I]を立上げる。

 

◆VISUAL 

 

  • POP UP SHOP概要
2月23日(水祝)~3月1日(火)の期間、WEGO初出店となる阪急メンズ東京にてPOP UP SHOPを展開致します。
本POP UP SHOPでは、【THE STANDARD】のフルラインアップをご覧いただける他、2022春夏コレクションのビジュアル撮影を担当したPhotographer 名越啓介氏が撮りおろしたフォトプリントTシャツの限定販売も行います。
初日2月23日(水祝)の夕方からは、レセプションパーティーも開催。豪華ゲストによるDJパフォーマンスなども予定しております。

【期間】2022年2月23日(水祝)~3月1日(火)
【場所】阪急メンズ東京 6F
【住所】〒100-8488 東京都千代田区有楽町2丁目5番1号
【営業時間】11:00~20:00
【出店ライン】THE STANDARD、RIENINAL※1
【取扱商品】THE STANDARDオリジナルアイテム、古着、アンティーク雑貨など
※1 About RIENINAL(https://rieninal.com/)
創業以来、古着を通じてストリートを見続け、古着のキュレーションを通じて、ストリートのリアルカルチャーを表現してきたWEGOのリソースを使い、古着の販売を通して流行のみならずタイムレスでありながら循環するファッション、その先にある楽しみ方、アップサイクルを提案することを活動の目的としたレーベル


◆Reception Party@阪急メンズ東京

【日時】2022年2月23日(水祝) 16:30~
【内容】ゲストDJによるパフォーマンス
Timetable
16:30 - 17:20 eiichiro
17:20 - 18:10 TAIKI & NOAH
18:10 - 19:00 Licaxxx
19:00 - 19:50 Yuya Nara & Go Akimoto
※コロナウィルス感染症防止対策を行い開催致します。

◆阪急メンズ東京POP UP SHOP&WEGO公式オンラインストア限定Tシャツ
【THE STANDARD】2022年Spring&SummerCollection VISUALを撮影したフォトグラファー名越啓介氏が、フィルムでパノラマ技法を使い撮り下ろしたフォトを、【THE STANDARD】スタンダードクルーネックTシャツにプリント。数量限定で販売致します。















Keisuke Nagoshi×THE STANDARD フォトTシャツ
¥2,999-(tax in)



■株式会社ウィゴー
Lifestyle Culture Storeである【WEGO】を全国に約160店舗展開。
ファッション、カルチャー、ライフスタイルと多岐にわたった商品開発や店頭イベントなど、そのストリートカルチャーのキュレーション力が、若者から絶大な支持を得ている 。
そのコンテンツ企画力と発信力は多様な異業種からも注目され年間のコラボレーション数は年間100件にも及ぶ 。
また、【WEGO】の他、様々な視点からアーティストをプロデューサーやディレクターに起用したブランドを多数展開 。
音楽レーベル【Manhattan Records(マンハッタン レコード)】や芸能プロダクションとして近年話題のアーティストを発掘している株式会社レキシントンを子会社に持つ。
Brand Site:https://wego.jp
Online Store: https://gocart.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウィゴー >
  3. ユニットデザイナーブランド『no.』一宮武史ディレクター率いるデザインチームと協業し、Lifestyleに溶け込むクリーンな定番アイテムを提案する新ライン【THE STANDARD】の展開をスタート!