テンセントクラウド、メタバース空間「MetaLife」を支援 アバター活用でより良いコミュニケーションを実現

メタバースでのアバター作成に活用される「テンセント・リアルタイム・コミュニケーション(TRTC)」は、パケットロス率80%でもスムーズなオーディオ/ビデオ体験を確保

世界的テクノロジー大手のテンセント(騰訊)のクラウド事業であるテンセントクラウドは、バーチャルオフィス、オンラインイベント、オンライン教室などとして利用可能な日本発のメタバース空間プラットフォーム「Metalife」(運営:株式会社ベンド)に対する支援を発表しました。プラットフォーム上では、一連のオーディオ/ビデオソリューションと共に「テンセント・リアルタイム・コミュニケーション(TRTC)」を含むテンセントのメディアサービスが統合され、ユーザーは仮想空間のアバターとして、時と場所を問わずスムーズなコミュニケーションを行うことが可能になります。

メタバースはユーザーが体験を共有しリアルタイムで交流する仮想空間。メタバースによって仕事、買物、コミュニケーション、コンテンツ消費などの形が変化する中、顧客との関わりの強化および顧客体験の向上を支援するメタバースソリューションを利用する企業が増加しています。この需要の高まりは、2021年の世界のメタバース市場の規模が227億9000万ドル(約3兆1700億円)と評価されたという最近の調査結果によっても明らかです。また同調査では、2022年から2030年にかけて世界のメタバース市場は年平均成長率(CAGR)39.8%で成長するという予想も示されています[1]。

テンセントクラウドはテンセントの20年以上にわたるネットワーク技術およびオーディオ/ビデオ技術の経験に基づき、TRTC技術を通じて没入型の仮想環境でユーザーがつながり合えるようMetalifeを支援します。さらにこの技術により、ラグを最低限にし、エンドツーエンドでのグローバルレイテンシーを300ミリ秒未満に抑えた双方向のライブ配信サービスを構築でき、パケット損失率80%の環境でもスムーズなオーディオ/ビデオ体験を確保することができます。TRTCはプラットフォームや地域を問わず高い互換性があり、メタバースプラットフォームを構築する上でインパクトのある選択肢となります。

テンセントクラウド・インターナショナルのシニアバイスプレジデントであるポシュー・イェン(Poshu Yeung)氏は以下のように述べています。

「メタバースを強化する技術の台頭により、あらゆる規模、さまざまな分野の事業者や企業が独自の仮想空間を構築し、顧客へのリーチと顧客基盤を可能な限り拡大できるチャンスへの扉が開かれています。テンセントクラウドは、TRTCのように高品質なソリューションがMetalifeのような企業や組織のデジタル化への移行を支援するための有力な選択肢となることを嬉しく思っています。」

Metalifeを運営する株式会社ベンドのCEOである近藤潔氏は以下のように述べています。

「世界、そして人と人との関わり方は進化し続けるテクノロジーと共に変化しており、メタバースの出現はデジタル化された明るい未来への重要な第一歩です。Metalifeはテンセントクラウド、およびその費用対効果に優れ、互換性が高く、高性能なTRTC SDKの恩恵を受け、当社のユーザーがアバターを通じてメタバースでリアルかつより良いコミュニケーションを行えるようになることを嬉しく思っています。さらにテンセントクラウドの包括的なオーディオ/ビデオ技術のサポートにより、将来的にサービスおよび機能を簡便かつ効率的にアップグレードできるものと確信しています。」

テンセントクラウドは企業によるメタバースのプロジェクトやアプリケーションの構築を支援するワンストップ技術サービスを提供するため、「クラウド・アプリケーション・レンダリング(CAR)」「ゲーム・マルチメディア・エンジン(GME)」、デジタルヒューマンや、TRTC、インスタント・メッセージング(IM)、アバターSDKなど幅広いオーディオ/ビデオプロダクトを含む最先端のメタバースソリューション群も導入し、メタバースに関する多くの成功事例を生み出しています。

詳細はこちらをご覧下さい:https://www.tencentcloud.com/solutions/metaverse

注:データ出典
[1]ReportLinker(2022)“Metaverse Market Size, Share, Trends, Analysis and Forecasts By Vertical (BFSI, Retail, Media and Entertainment, Education, Aerospace and Defense, Manufacturing, Others), Component Stack (Hardware, Software, Services), Region and Segment 2022-2030” 

テンセント・クラウド(Tencent Cloud)について
世界で急成長しているクラウド企業の1社であるテンセントクラウドは、現実世界の問題を解決する革新的なソリューションを生み出し、スマート産業のデジタル化への移行に注力しています。充実したグローバルインフラを通じ、クラウドコンピューティング、ビッグデータ分析、AI、IoT、ネットワークセキュリティ等を駆使し、業界をリードするクラウド製品とサービスを安定的かつ安全に世界中の企業に提供しています。教育、金融、ヘルスケア、ゲーム、メディア・エンターテインメント、不動産、小売、旅行、交通の分野を含むあらゆる業界のニーズに応えることを目指しています。

■ 会社概要
<テンセントジャパン>
会社名:テンセントジャパン合同会社
代表者:Juno Shin
所在地:〒105-6329 東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー 29階
設立:2011年11月
事業内容:ゲーム、クラウドサービス、ウィーチャット関連
URL:http://tencentjapan.com/

■ 本件に関するお問い合わせ
<テンセントジャパン>
担当:櫻井・張
TEL:03-5860-9892
Mail:tencentcloudjp@tencent.com
  1. プレスリリース >
  2. テンセント >
  3. テンセントクラウド、メタバース空間「MetaLife」を支援 アバター活用でより良いコミュニケーションを実現