【Innocnモニターおススメ第一弾・WF29-PRO】仕事効率をしっかり向上できる21:9ウルトラワイドモニター

新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を受け、「テレワーク」「リモートワーク」の概念が益々普及されていく。
それに伴い、『モニター』または『ディスプレイ』の需要も高まっている。

ところが、最近のモニターには、湾曲、ワイド、4Kなど色々な仕様があります。世の中のモニターから気に入るモデルを探すのはさぞかしお困りごとではないでしょうか。今回紹介させていただきたいものは正に「ウルトラワイドモニター」の『Innocn WF29-PRO』でございます。拙筆ですが、この文章を読んでいる皆さんにご参考になればと思っています。

今回のメインキャラはInnocn社の29インチウルトラワイドモニター『WF29-PRO』です!
Amazon公式サイト:https://amzn.to/32bV99c

 

できれば短い文章で行きたいと思いますが、文字が苦手の方は下記のリンクで他の方のYouTubeチャンスまでください。どちらも凄く優れた投稿でございます。
Kapi Lab様:https://www.youtube.com/watch?v=FRs_SILthuM
おじおじの穴様:https://www.youtube.com/watch?v=Og9xJRhm2wU
タカハシヤマダ / PCとガジェットの解説:https://www.youtube.com/watch?v=f4-eUVl0C3Y

他の話はここまで、それでは早速今回の商品紹介に入りましょう!

『WF29-PRO』は、ウルトラワイドモニターとして、21:9のアスペクト比を持ち、通常の16:9モニターより、圧倒的な横長画面でより多くの情報をまとめて映せる。

 

*左側は23インチ16:9、右側は『WF29-PRO』29インチ21:9


また、オフィスソフトウェアを使う場合は、アプリケーションを切替する必要なく、直接複数のウィンドウを開いて資料を見ながら、Excelを作成できる。


仕事で二つのPCを同時に作業する必要がある場合も、『WF29-PRO』のPBP/PIP機能を使えば一台で十分!21:9の横長画面で本当に仕事効率をアップさせる~


ニュースなどの文字と画像と組み合わせた文章を通覧する場合、『WF29-PRO』の『重力センサー』をつけて、モニターを縦置きにすれば簡単にディスプレイ向きを縦に変えられる!横方向に少し狭くなったが、縦方向の情報はしっかり映っている!


*『重力センサー』機能と『PBP/PIP』機能を同時に使うことができないため、ご注意ください!

今回の『WF29-PRO』に関するレビューはここまで終わりさせていただきたい
が、まだ少し話が残っている。それは『Apple Macbook』を利用している方々への話です。
Macbookを利用している方には、「Type-C一つで『WF29-PRO』と接続できない」「転換アダプタを使ってHDMIで接続できますが面倒」という場合があるかもしれない。
今回、Innocn社は上記の問題についてハードウェアを発行しました。

具体的には、Amazonの商品ページで『商品ガイドとドキュメント』という部分に『ユーザーガイド』というファイルがあって、そのガイドブックに参照してハードウェアを更新すれば解決できるということですが、今回のソフトウェアは開発されたばかりのものなので、今Windows OSしか対応していないです。
つまり、言い換えると、Macとの互換性問題を解決するために、現時点ではWindows PCを使わなければならないということです。ご注意ください~!

Innocnソフトウェアダウンロード公式サイト:https://www.innocn.com/jp/list/12.html

 

参考になった記事:

https://win-tab.net/acc/innocn_wf29_pro_review_2110121/

https://smhn.info/202111-innocn-wf29-pro-review

  1. プレスリリース >
  2. 深セン市世紀創新顕示(モニター)電子有限公司 >
  3. 【Innocnモニターおススメ第一弾・WF29-PRO】仕事効率をしっかり向上できる21:9ウルトラワイドモニター