サスティナブルな音楽活動のために - 新コンテンツ『Law and Theory for Artists』スタート

Music Lawyer Collective「Law and Theory」とストリーミング時代の音楽メディア「THE MAGAZINE」がコラボ


音楽家に無料法律相談サービスを提供するMusic Lawyer Collective「Law and Theory」と、音楽デジタルディストリビューションサービスTuneCore Japanが運営する音楽メディア「THE MAGAZINE」がコラボレーションし、新コンテンツ『Law and Theory for Artists - アーティストのための法と理論』がスタートしました。

音楽家、アーティストのためにボランティアで法律相談を行う「Law and Theory」は音楽に造詣の深い有志の弁護士により運営されており、2018年1月の立ち上げ以来、メジャーやインディー、活動の規模を問わず様々なアーティストからの200件を超える相談実績で、数多くのアーティストの法的サポートを行い続けています。また、「THE MAGAZINE」ではストリーミング時代における音楽活動に役立つ情報やTipsを日々発信しています。

今回、アーティストの活動を法的知識からサポートするためにその両者がコラボレーションし立ち上げたのが『Law and Theory for Artists』となります。

日々変化する音楽環境において、アーティストはストリーミングサービスで柔軟にリリースする活動も選択できるようになり、音楽活動の自由度は飛躍的に向上しました。その一方で、自由度が増した分アーティストは自身で音楽活動に関わる正しい知識を身につける必要性にも迫られています。しかし、インターネット上には真偽の不確かな情報が溢れており、間違った情報に基づいてアーティストが判断を下してしまうことが以前にも増して危惧されます。

そういった状況を受け、『Law and Theory for Artists』では専門的な知識を持つ「Law and Theory」の弁護士が、音楽活動における法的な具体事例を「THE MAGAZINE」においてQ&A形式で定期的に解説・紹介していきます。音楽活動における法的な知識をオープン化・共有することで、アーティストが音楽にまつわる正しい法的知識を身につける一助となることを目指します。

従来の国内音楽産業の枠組みが当てはまらなくなりつつある現状において、アーティストが適切な知識を持ってアクティブかつサスティナブルな音楽活動を送ることができるよう、今後このコラボでは取り組んで参ります

なお、本コンテンツのクリエイティブについては、東京を拠点に活動しポップでストリートな作品を手がける注目のイラストレーター/デザイナー・ LID BREAK(リド・ブレイク)が『Law and Theory for Artists』のイラストを作成しており、アーティストがステイホームで知識をインプットする様子が描かれたビジュアル面からもこのコンテンツの方向性を明確に打ち出しています。

 
【連載】アーティストのための法と理論 Law and Theory for Artists Vol.1
https://magazine.tunecore.co.jp/skills/63917/

記事執筆 : Law and Theory
https://law-and-theory.com/

掲載媒体 : THE MAGAZINE
https://magazine.tunecore.co.jp/

Illustration : LID BREAK
※記事中にイラストをご掲載いただく際は、下記クレジット&リンクをお願いいたします。
「Illustration : LID BREAK」
https://www.instagram.com/lid_break/

 
■Law and Theory
https://law-and-theory.com/

■TuneCore Japan
https://www.tunecore.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. チューンコアジャパン株式会社 >
  3. サスティナブルな音楽活動のために - 新コンテンツ『Law and Theory for Artists』スタート