官民連携のコンテストで、情報セキュリティ向上を支援!

~国内最大のセキュリティコンテスト「SECCON 2013」に協賛~

SBT
ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、
この度、特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(会長:田中英彦、所在:東京都港区)の
主催する国内最大規模のセキュリティコンテストである、「SECCON 2013」に協賛しましたのでお知らせします。
main image

「SECCON」とは、情報セキュリティをテーマに多様な競技を開催する、情報セキュリティコンテストイベントです。
実践的情報セキュリティ人材の発掘・ 育成、技術の実践の場の提供を目的として設立されました。競技には、
ハッキングコンテスト「CTF (Capture the Flag)」や、プログラミングコンテスト「ハッカソン」などがあります。

SBTではこれまで、多くのセキュリティソリューションを展開し、企業の情報セキュリティの向上に貢献してまいり
ました。
SECCONは、世界の情報セキュリティ分野で通用する実践的情報セキュリティ人材の発掘・育成を最終目標として、
まずはICTに関わるすべての 人材(開発者、テスト実施者、利用者)への情報セキュリティの考え方や知見を広め
ることでセキュリティ予備人材の裾野を広げ、さらにその中から世界に通用するセキュリティ人材を輩出し、よって
日本の情報セキュリティレベルを世界トップレベルに引き上げることを目標として開催されるイベントであり、
SBTはこの目標に賛同し、協賛いたしました。

▼ 「SECCON 2013」の詳細については以下のWebサイトをご参照ください。
http://www.jnsa.org/seccon/

▼ SBTが提供するセキュリティソリューションに関する詳しい情報は以下のWebサイトをご参照ください。
https://www.softbanktech.jp/security/

SBTは今後も、情報セキュリティの向上に貢献するための様々な取り組みを積極的に行っていきます。

 

※ 本リリース内に掲載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標もしくは登録商標です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SBT >
  3. 官民連携のコンテストで、情報セキュリティ向上を支援!