人生100年時代、激動を生き抜く力「変進力」が測定できる!「変進力診断」9月20日(金)より公開

 心理学と統計学を組み合わせた性格診断「ディグラム診断」を独自に考案したディグラム・ラボ株式会社(以下、ディグラム・ラボ)は20問の簡単な質問に答えるだけで、激動の世の中の変化に適応し、そして進化できる力“変進力”を測定できる「変進力診断」を9月20日(金)より公開します。 なお、変進力診断は、日本たばこ産業株式会社との企画として実現しました。


◆ 「変進力診断」:https://jti.co.jp/tobacco/henshinryoku/index.html

ディグラム・ラボの調査結果では、「以前(数年前)と比較し、世の中の変化が速くなっていると感じる人」が6割を超えるなど、まさに激動の時代が到来していると感じています。それに加え、人生100年時代と言われるこれからの時代だからこそ、その変化に適応し、そして進化できる力「変進力」の重要度が増すと考えています。

そこでディグラム・ラボでは、激動を生き抜いていくための自己把握を可能にする「変進力診断」を9月20日(金)より公開しました。 変進力を構成する9つの要素(自己分析力、内省力、意思決定力、越境力、共感力、コミュニケーション力、受容力、素直さ、行動力)に関する質問、例えば、「問題事が起きても、冷静に対処できる自信がある」、「計画を立てるのが早い方だと思う」のような20問の質問に3択「はい」「いいえ」「どちらともいえない」で答えるだけで、簡単に変進力を測定できます。診断結果に関しては、3,000人に対する事前調査結果や、今までのノウハウとを掛け合わせて開発したロジックに基づいて作成しました。
 

■「変進力診断」詳細
「変進力診断」は心理学と統計学を組み合わせた性格診断「ディグラム診断」をベースにした診断です。 9つの要素(自己分析力、内省力、意思決定力、越境力、共感力、コミュニケーション力、受容力、素直さ、行動力)に関する3択の質問を20問回答するだけで変化に適応し、そして進化できる力「変進力」を測定。 3,000人に対する事前調査結果や、今までのノウハウとを掛け合わせて開発したロジックにより、変進力スコアを偏差値形式で表示します。自身の変進力の特徴や、変進力を定義する9つの要素のスコア、スコアごとのレアリティなども把握できるため、多角的な視点でポイントを理解でき、変進力向上の助けになります。 「変進力診断」 は、激動のこの時代を生き抜いていく一助となるツールです。


■「 変進力 」を構成する9つの要素
さらなる高速通信が可能になる5G技術、音声入力や機械翻訳の精度の飛躍的向上、IoT技術の発展…。時代の流れとともに、仕事や組織、人間関係、価値観、新しいサービスや技術など、あらゆるものが日々変化していく中で、その変化に適応し、そして進化できる力、それが「変進力」です。

心理学と統計学を組み合わせた性格診断「ディグラム診断」を独自に考案したディグラム・ラボが提唱する新しい言葉であり、人生100年時代と言われるこれからの時代においては、そんな変化に適応する力=変進力の重要度が増しています。

私たちが考える、変化に適応して進化する力「変進力」は、9つの要素で定義しています。この要素は、「自分を理解し他者とうまく付き合っていく」ために必要なものでもあり、「変進力」は人付き合いにおいても重要度の高い力だと考えています。

■「ディグラム診断」とは
ディグラム・ラボが開発したデータに基づく科学的診断。アンケート調査で取得したのべ37万人、のべ数千項目を超えるデータベースに基づいて、被験者に心理テスト結果と調査から得られたライフスタイルや恋愛傾向等の情報を、統計処理を施し客観的に分析した結果です。性格診断心理テスト「エゴグラム」をベースとし、数万人規模のアンケート調査(定量調査)や、対面による心理テスト診断(実証実験)から、改良を重ね独自に開発したものです(データベース数、実験のケース数は2018年10月時点のものです)。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ディグラム・ラボ株式会社 >
  3. 人生100年時代、激動を生き抜く力「変進力」が測定できる!「変進力診断」9月20日(金)より公開