忘年会シーズン目前!!幹事たちの実態調査 幹事が嫌な理由、1位は「お店の選定・予約」

お店の予約はネット予約派が約3割に! ~電話派からネット予約派へ ネット予約の波はさらに加速~

 株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘)が運営する 『ホットペッパーグルメ』は、まもなく忘年会シーズンを迎える年末に向けて、20~30代の忘年会幹事経験者の実態についてアンケート調査を実施しましたので、その結果をご報告いたします。
【TOPICS】
■忘年会幹事の4人に3人は、幹事をすることは好きではないと回答

■幹事をする上で一番嫌なこと1位は「お店の選定・予約」

■お店の予約は、ネット予約派が3割超え!!

■ネット予約でよく使うサイト1位は『ホットペッパーグルメ』

■ネット予約を今後活用していきたい幹事経験者が8割に



【調査結果】
■忘年会幹事の4人に3人は、幹事をすることは好きではないと回答

Q1.宴会で幹事をすることは好きですか。(オフィシャル、プライベート問わず4名以上の宴会を指す)

宴会幹事経験者に、「宴会で幹事をすることは好きですか。」と聞いたところ約4人に3人は幹事をすることが好きではないと回答しました。
特に「どちらとも言えない」と答えた人が約4割に上り、幹事が嫌いと答えた人の3割を上回りました。


■宴会に合わせたお店選びと予約の手間が幹事たちのネックに
Q2.宴会の幹事をする上で、一番嫌なことは何ですか。

宴会の幹事をする上で、一番嫌なこと1位は「お店の選定・予約」、2位が「会費の計算・徴収」という結果となった。
幹事を務める上で、宴会に合わせたお店選びと予約の手間が一番のネックになっていることが分かった。


■24時間いつでも手軽に予約が可能な「ネット予約」が3割に!
Q3.お店の予約について伺います。もし、あなたがお店を予約する時は電話でしますか、
それともネットで予約をしますか。


お店を予約する際に、電話とネットどちらで予約するかを聞いたところ、ネット予約を約3割の幹事経験者が選択する結果となった。
Q2で、幹事をする上で一番嫌なことは「お店の選定・予約」となっており、電話をする手間を省き、24時間いつでも手軽にネット予約をする幹事が意外にも多いことがわかった。

■ネット予約でよく使うサイト1位は『ホットペッパーグルメ』
Q4.ネット予約の際によく使うサイトはどこですか。

ネット予約をする際によく使うサイトを尋ねたところ、約半数が『ホットペッパーグルメ』と回答。続いて大手飲食店予約サイトG社という結果となった。
ホットペッパーグルメは、 2013年度(2013年4月-2014年3月)のネット予約者数が1,000万人を突破しており、2014年度は更に多くのネット予約者数を見込んでいる。


■電話派からネット予約派へ ネット予約の波はさらに加速すると予想
Q5.今後ネット予約を活用していきたいですか。

今後ネット予約を活用していきたいと答えた幹事は約8割に上った。
Q3でお店の予約を電話派と答えている幹事経験者の75%も今後ネット予約を活用したいと答えており、ネット予約の波は更に進むと予想される。



【ネット予約の現状】
総務省が調べた「平成 25 年通信利用動向調査の結果」によると、自宅でのインターネット接続率は97.4% 。さらに、「スマートフォン」は、62.6%(対前年比 13.1 ポイント増)と急速に普及が進んでいます。

スマホの普及に相関を持つように、ついに飲食業界にもネット予約の動きが出てきました。
『ホットペッパーグルメ』におけるネット予約は、2013年度(2013年4月-2014年3月)のネット予約者数が1,000万人を突破し、2014年度は上半期のみ(2014年4月-2014年9月)で900万人※1と、急速にその件数を伸ばしております。ネット予約対応店舗数※2に関しては33,000店を超え、対前年度比200%超の伸び率となっております。

※1 キャンセルされた予約を含む数値。
※2 申込後すぐに予約が確定する「即予約」と「リクエスト予約」を合わせた数値。


【調査概要】
■調査名 :忘年会幹事経験者 実態調査
■調査方法 :インターネットによる調査
■調査対象 :全国20代~30代男女(株式会社クロス・マーケティングの登録モニター)
■有効回答数:1000人(男性551人、女性449人)
■調査時期 :2014年10月28日(火)~2014年10月31日(金)
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リクルートライフスタイル >
  3. 忘年会シーズン目前!!幹事たちの実態調査 幹事が嫌な理由、1位は「お店の選定・予約」