ラーメン業界では日本初の奉納!つけめんTETSU店主 小宮一哲が手掛ける【御食つ国のらーめん】(みけつくにのらーめん)

1日15食限定で発売開始のお知らせ

厳選された食材のみにこだわり、奉納品などを中心にラーメンを丹精込めて作りました。
「つけめんTETSU」や「博多豚骨たかくら」などのブランドを展開している株式会社YUNARI(本社:東京都品川区代表取締役社長:小宮一哲)は)、五反田「いつものねかせ屋」で限定で提供していた『御食つ国のらーめん』を2016年12月13日に伊勢神宮へ奉納させていただきました。

そして、その「御食つ国のらーめん」を12月14日から30日まで(土日休み)1日15食限定、価格を税込み1000円で五反田の「いつものねかせ屋」で販売させていただくことをご報告させていただきます。

■伊勢神宮奉納に至った経緯

つけめんTETSUグループの「いつものねかせ屋」という店舗におきまして2016年10月17日(月)~11月14日(月)に伊勢神宮に奉納する食材を中心に使用して「神様のかけ中華」という商品を1日限定15食で提供してまいりました。

 

多くのラーメン関係者の方々が噂を聞きつけ試食して頂いたところ、この度、名前を変えて『御食つ国のらーめん』(みけつくにのらーめん)として伊勢の素晴らしい食材への感謝を込めて伊勢神宮へ奉納させていただきました。

代表の小宮が厳選された食材のみにこだわり、奉納品などを中心にラーメンを丹精込めて作りました。

つけめんTETSUグループとしましては、今回の伊勢神宮奉納という事を光栄に感じております。今後もラーメン道に突き進み、さらなる技術の向上と、お客様への最高の一杯を提供できるように精進してまいります。

■食材に関しまして

伊勢志摩ロイヤルポーク三元豚と熊本の天草大王、どちらも奉納品の素材がベースになったスープに「波切節」と呼ばれる伊勢志摩の鰹節と昆布の旨味が広がる。伊勢神宮への「御食(みけ)」として知られる波切節は、昔ながらの職人さんがすべて手作業で燻す「手火山(てびやま)製法」で作られたもの。圧倒的な旨味の深さとコクを実現しました。そしてそのスープをより楽しませるための麺が、自家製の手揉み平打ち麺。不揃いだからこその食感のバラツキが実に楽しいラーメンに仕上げています。



■『いつものねかせ屋』店舗情報
<住所>    東京都品川区西五反田2-26-3 桔梗ハイツ102
<電話番号> 03-5719-6115
<営業時間> 11:30~14:30 18:00~21:00
<定休日>   土曜日・日曜日

■株式会社 YUNARI  会社概要
会社名:株式会社 YUNARI
役員構成:代表取締役 小宮 一哲
本社所在地:〒141-0022
東京都品川区東五反田5丁目10番18号
クリエイト・レストランツ・グループ本社ビル
  電話番号:03‐6853‐8102(代表)
  事業内容:飲食業・店舗プロデュース
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社YUNARI >
  3. ラーメン業界では日本初の奉納!つけめんTETSU店主 小宮一哲が手掛ける【御食つ国のらーめん】(みけつくにのらーめん)