「一瞬の、非日常へ」 MARLMARLの新事業、ベビー・キッズのためのフォトスタジオ「STUDIO MARLMARL(スタジオ マールマール)」第一号店が東京・丸の内にオープン!

ベビー&キッズのためのギフトブランドMARLMARL(マールマール)を運営する、株式会社Yom(本社:東京都渋谷区、代表取締役:深澤和弥)は、2018年11月2日(金)より、丸の内ブリック スクエア(東京都千代田区丸の内2丁目6−1)内に同社初となるフォトスタジオ、「STUDIO MARLMARL(スタジオ マールマール)」をオープンいたします。
※予約受付は2018年11月1日(木)より、WEBサイトにてスタート。

MARLMARLが初プロデュースする、ベビー・キッズ向けのフォトスタジオが東京・丸の内にOPEN!海外のファッション雑誌のようなファンタジックな世界観でお子さまを素敵に撮影します。
​www.studio-marlmarl.com


コンセプトは「一瞬の、非日常へ」

 


元気に動き回る子どもたち。通常スタジオ撮影ではどのアングルでも撮影できる明るい環境を作るのが定石ですが、STUDIO MARLMARLではあえて影の質感を重視し、作り込んだライティングで幻想的な世界を演出します。それはライティングやセットだけでなく、ヘアメイクや衣装スタイリングなど、すべての要素において、日常生活を飛び出した非日常体験を楽しめる環境をご用意しました。
 


⬛️一瞬の体験を一生の思い出に。スタジオにかける思い

 

 

 

 

フォトスタジオという空間でしかできない体験(コト)や出来上がった写真という(モノ)を介して人から人へと伝わっていくストーリーに触れる機会を生み出したいと考えました。
プライスレスな思い出を提供することが、STUDIO MARLMARLの存在意義だと考えています。


弊社代表・深澤のスタジオ開業における思いはこちら
https://www.studio-marlmarl.com/interview/ceo

⬛️記憶に残る記録を、作品の域にまで高めたい

 


当スタジオの立ち上げで目指したものはとてもハイレベルなもので、「他にはない、子どもの成長記録にとどまらない写真づくり」。子どもの成長の記録としての写真を広告や雑誌のような作品の域まで高めたいという、子ども写真の枠から大きくはみ出す理想を揚げました。ここにしかない世界観を表現できるライトを探すことからのスタートでした。


STUDIO MARLMARL監修フォトグラファー・斉藤啓介氏の思いはこちら
https://www.studio-marlmarl.com/interview/photographer/

⬛️子どもの成長を記録する写真を、大人が納得できるクオリティで

 


「一瞬の非日常」体験で子どもを主役にしてあげたい、そんな親の願いを叶える場所としてSTUDIO MARLMARLは誕生しました。写真というモノだけにとどまらない、思い出という「コト」が親子の手元に残るようなフォトスタジオを目指します。
 


 

 

【施設概要】
名称:STUDIO MARLMARL 丸の内店(スタジオ マールマール マルノウチテン)
住所:東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア1F
TEL:03-6551-2022
営業時間:9:30-18:30(9:30、11:30、14:00、16:00 の1日4組様)
定休日:不定休 (丸の内ブリックスクエアの休館日に準ずる)
アクセス:東京メトロ 丸ノ内線「東京駅」地下道直結
JR線「東京駅」丸の内南口より徒歩5分、JR線「有楽町駅」国際フォーラム口より徒歩5分
予約方法:WEBサイトより24時間受付
駐車場:丸の内パークイン 21ヶ所 約4,800台収容


【運営会社概要】
会社名: 株式会社Yom
英語名: Yom Co.,Ltd
所在地: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-34-17住友不動産原宿ビル16F
代表者: 代表取締役 深澤和弥
設立 : 2012年11月
URL  : http://yom.jp/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Yom >
  3. 「一瞬の、非日常へ」 MARLMARLの新事業、ベビー・キッズのためのフォトスタジオ「STUDIO MARLMARL(スタジオ マールマール)」第一号店が東京・丸の内にオープン!