JC・JK流行語大賞2022を発表「片思いハート」「てぇてぇ」「粘土加工」がランクイン!(受賞者コメントあり)

テレビに取り上げられる度、トレンド入り!Z世代ど真ん中!女子中高生が本気で調査したヒト・モノ・バショ・コトバトレンド

Z世代向けのマーケティング支援などを手がける株式会社AMF(本社:東京都港区、代表取締役:椎木里佳)は、トレンドのリサーチが得意な全国の女子中高生からなるマーケティング集団”JCJK調査隊”の精鋭メンバーの選考結果をもとに、2022年7月〜11月までのトレンドをまとめた「2022年の流行語大賞」を、「ヒト・モノ・バショ・コトバ」の4部門に分けて発表いたします。今回、初の変更として、アプリ部門がバショ部門に生まれ変わりました!

【JC・JK流行語大賞2022】Z世代の”JCJK調査隊”が選ぶ、 2022年の注目は「勢いが止まらない平成レトロブーム」「Vtuber買い」etc・・・!
 


【ヒト部門】

1位 IVE

前回の「JC・JK流行語大賞2022上半期」でヒト部門1位にランクインしたIVEさんが年間大賞で見事1位を獲得いたしました。圧倒的なビジュアルから「IVEの顔になりたい」と多くの女子中高生の憧れの的となっています。ビジュアルに留まらず、ギャルピースなどメンバー発信から世界中で話題となるトレンドが生まれており、影響力の大きさが分かります。





2位 目黒蓮

本流行語大賞でモノ部門3位にて主演ドラマ「silent」が選出されたSnowManの目黒蓮さんがヒト部門でも2位にランクインいたしました。ドラマがTikTok上で話題となり、注目度がアップ。付き合ってたのではないかと視聴者に錯覚させるほどの演技力を見せており、女子中高生からは「国民の元彼」と呼ばれるほどの人気を見せています。




3位 壱百満天原サロメ

Vtuberファンの裾野を広げたブームの火付け役である壱百満天原サロメさんが3位にランクインしました。今年5月にYouTubeチャンネルを開設してからわずか2週間で、登録者数が100万人に達するほどの人気を獲得し、2022年を代表するVtuberとなりました。お嬢様な見た目とは裏腹にぶっちゃけキャラが話題となり「振り切りまくってて面白すぎる」と切り抜き動画でも話題になりました。



4位 XG

K-popで活躍する日本発のガールズグループ。今年リリースされた代表曲「mascara」がTikTokでダンス音源として火がつき、音源を使った動画は日本に限らずグローバルで1万1000本以上も投稿されています。歌詞のほとんどが英語で構成されており、「世界に向けて活躍する姿がかっこいい」と多くの女子中高生から支持されているようです。




5位 おさき

小学6年生の頃からYouTuberとしての活動をスタートし、現在は高校生のおさきさんが5位にランクインしました。仲の良い家族との日常や高校生の自然体な発信が共感を呼んでおり、同じく小学生の頃から活動を見続けている女子中高生は友達感覚で応援をしているようです。また、「長い間、学校と仕事を両立しているところを尊敬する」という意見が多く見受けられました。 

〜おさき様 受賞コメント〜

この度はJCJK流行語大賞ヒト部門で第5位ありがとうございます!
自分のやってきた活動をたくさんの人に見てもらえることが本当に嬉しく、今後の活動も自分らしく楽しんでいけたらいいなと思います。
もっとたくさんの人に知ってもらえるように頑張ります!!
いつも応援してくださってる皆さんありがとうございます!
これからも応援よろしくお願いします!




【モノ部門】 




1位 ちいかわ

Twitterで爆発的に話題になったキャラクターちいかわが堂々の1位を獲得いたしました。失敗を笑いに変えたり、お互いを励まし合う姿が自己肯定感が上がると人気になり、2022年の女子中高生を象徴するキャラクターとなりました。バショ部門で3位にランクインした「ちいかわランド」も人気が高く、ブラインド商品を購入し「何のキャラクターが出るかで盛り上がった」という女子高生の意見も多く聞かれました。 




2位 アームウォーマー

本流行語大賞でコトバ部門1位にて選出された「Y2K」ブームの影響により、アームウォーマーがモノ部門2位にランクインいたしました。「簡単にギャルの雰囲気が作れる」と女子中高生から熱い支持を集めています。  多くのアパレルブランドがトレンドアイテムとして続々とアームウォーマーを発売しており、盛り上がりが加速しています。 




3位 silent

Tiktokで切り抜き動画がバズり、話題になったドラマ「silent」が3位にランクインいたしました。韓国でもリメイクが決定されるなど、日本での人気が海外にも伝わっています。 涙なしでは観られない切ないシーンが毎話続くことから「涙活できる」と女子中高生の熱い支持を集めました。

〜 フジテレビ『silent』プロデューサー 村瀬健様 受賞コメント〜

まさか連続ドラマのタイトルでこのような賞を頂けるとは思ってもいませんでした。
こんなにも静かなドラマがこんなにも多くの支持を頂けたことに感謝しかないです。
観て下さっている方々に心から感謝いたします。本当にありがとうございました。




4位 リーナベル

ダッフィーの新キャラクターとしてデビューしグッズが発売されると、瞬殺で売り切れる人気を見せたキャラクター「リーナベル」が4位にランクインいたしました。「カチューシャがかわいくて盛れる」とInstagramで話題となり、ディズニーファンに限らず多くの女子中高生から注目を集めています。



 
5位 ネームボード

5位は、体育祭や文化祭などで自分の名前を書いてモールなどのDIYアイテムでデコる「ネームボード」です。撮影する際に顔隠すのにも使えたり、「ボードを友達と作る時間も楽しい」という女子中高生の意見が多く見受けられ、文化祭や体育祭の新たな必須アイテムとなりました。




【バショ部門】 



1位 ジブリパーク 

話題沸騰中のジブリパークが2022年の女子中高生を象徴するスポットとして、堂々の1位を獲得いたしました。Tiktokでは、一足先に入園したユーザーがパークでの購入品やおすすめのフォトスポットなどを動画内で紹介しており、各動画のコメント欄では「行きたすぎる!」という女子中高生の声が多く見受けられました。




2位 ガシャポンのデパート 
ガチャガチャ全盛期の今、ガチャ活にいそしむ女子中高生が殺到している場所がガシャポンのデパートです。
毎月新作のガチャをInstagramでリサーチし、集めたコレクションをSNSに投稿するのはもちろん「眺めているだけでも幸せになれる」と女子中高生から熱い支持を集めています。




3位 ちいかわランド
本流行語大賞でモノ部門1位にて選出された「ちいかわ」ブームの影響により全国に展開中のショップ、ちいかわランドが3位にランクインいたしました。新商品の発売日には長蛇の列ができており、ちい活に連日勤しんでいる女子中高生が多いようです。 




4位 ミヤシタパーク

渋谷にある宮下公園がリニューアルされ、上層階の公園部分がTikTok撮影の聖地となっているのがミヤシタパークです。実際にTikTokが公式にコミュニティスペースも作っており、ダンス動画の撮影のためにミヤシタパークを訪れる女子中高生が多くいるようです。




5位 証明写真機

プリより今っぽいと人気の「証明写真機」が5位にランクインいたしました。あえて盛らないセルフ写真館が韓国で人気となっている影響で、日本でも盛らないスタイルを求める女子中高生が急増しています。友人数人と撮影する様子自体を、別でスマホで撮影するなど新しい撮影スポットとして浸透しているようです。 





【コトバ部門】 




1位 Y2K

2000年代前半のファッションやメイクなど平成レトロブームが根強かった本年、「Y2K」が女子中高生の2022年を代表するコトバとなりました。2004年~2010年に生まれた女子中高生はY2Kを知らない世代。全く新しいトレンドとして、アームウォーマーやルーズソックス、クロップドトップス、ローライズなどあらゆるファッションが女子中高生に広まりました。古臭さというより「ギャル感があってかわいい」という女子中高生の声が多く聞かれました。 





2位 てぇてぇ

2位にランクインした、てぇてぇは尊いを意味する言葉で、Vtuberファンから火がつきました。本流行語大賞でヒト部門3位にて選出された「壱百満天原サロメ」さんを始めとしたVtuberブームにより更に注目されたコトバとなりました。推し同士が交流しているところを見て、「てぇてぇ…」など主にVtuber同士が仲の良いやり取りをしている際に使われており、その盛り上がりからVtuberファン以外にも広がり、「最上級の尊いを表す時に使う」という女子中高生の意見が多く聞かれました。 

例) 昨日の配信見た?  ーあの2人はてぇてぇが過ぎる…




3位 片思いハート
1人が片手でハート、もう1人が片手でいいねをするポーズの通称、片思いハートが3位にランクインいたしました。手元だけを撮影するタイプの片思いハートが先にブームとなり、今ではプリ撮影や友達や恋人との2人きりの写真の際にネタ的にポーズを決める女子中高生が多いようです。 



4位 純欲メイク

中国発の盛れるメイク方法、純欲メイクが4位にランクインいたしました。日本の中華系トレンドメディアからの発信がバズり、徐々に日本のYouTuberでもメイク動画が投稿されていきました。本流行語大賞でコトバ部門1位にて選出された「Y2K」ファッションとの相性も良く、最も2022年に流行したメイクとなりました。



5位 粘土加工

Tiktokで爆発的に流行したモッパン(飲食する動画コンテンツ)につける動画加工方法である、粘土加工が5位を獲得。粘土加工の由来はアプリで粘土加工すると余計な線が消えて粘土のような画質になること・音源である咀嚼音が粘土のような音に聞こえるからという説があり、推しのモッパン動画を加工して推しの布教動画として再投稿する女子高生が多く見られました。



〜JC・JK流行語大賞 総合プロデューサー 椎木里佳より 総評コメント〜

2022年の流行をふり返ると、2022年JC・JKトレンド予測で当社が予測した"空前の平成初期ブーム"が上半期に続き流行が続いており、「Y2K」や「アームウォーマー」などを中心に、平成カルチャーに多くの女子中高生が熱狂していることが分かります。また「壱百満天原サロメ」や「てぇてぇ」などVtuber発信から流行するコトバがランクインし、配信中にPRした商品を"Vtuber買い"をする女子中高生の姿も多く見られました。


「JC・JK流行語大賞」について

2017年から始まった本大賞は、Z世代マーケティング会社株式会社AMFが主催・運営を務め、Instagramの投稿データを解析し、選考。約100名の女子中高生からなるマーケティング集団 JCJK調査隊が選考委員を務めている。広告換算額は年間25億円を超えており、SNSでのインプレッション数は公開1日で1.9億回に上る。

JC・JK流行語大賞公式サイト :https://jcjkaward.com/


株式会社AMF 概要

会社名 :株式会社AMF
設立 :2013年2月
代表者 :代表取締役 椎木里佳
事業内容 :Z世代向けマーケティング業務・JCJK調査隊の運営、企画・商品企画、開発業務・各種イベントの企画、制作

URL :http://amf.tokyo.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社AMF >
  3. JC・JK流行語大賞2022を発表「片思いハート」「てぇてぇ」「粘土加工」がランクイン!(受賞者コメントあり)