日本トリム 中国における病院運営事業スタート

~中国初の民間企業による日本式病院が開設~

 整水器シェアNo.1の日本トリム(本社:大阪市、代表取締役社長:森澤紳勝)は、100%出資の株式会社トリムメディカルホールディングスを通じ今後大幅な市場拡大が見込まれる再生・修復医療及び生殖医療(不妊治療)分野、そして、グローバルに病院運営事業に参画しています。
 そして、このたび、中国(北京市)において、慢性期疾患治療のフラッグシップ病院が開業し、本日5月9日午前、関係者の出席のもと開院式を実施しましたのでお知らせ致します。
 

 

整水器シェアNo.1の日本トリム(本社:大阪市、代表取締役社長:森澤紳勝)は、100%出資の株式会社トリムメディカルホールディングスを通じ今後大幅な市場拡大が見込まれる再生・修復医療及び生殖医療(不妊治療)分野、そして、グローバルに病院運営事業に参画しています。
 そして、このたび、中国(北京市)において、慢性期疾患治療のフラッグシップ病院が開業し、本日5月9日午前、関係者の出席のもと開院式を実施しましたのでお知らせ致します。

 このプロジェクトは、中国において、予防・診断・治療を重視した日本式の優しい(おもてなし)医療サービスと、優れた医療機器を使用した慢性期疾患治療病院を設立、多店舗展開を目指すものです。当病院は、日本式の糖尿病チーム医療(医師による総合指導、薬剤師、管理栄養士による指導)に加え、日本トリムの開発した電解水透析をベースとした最高品質の人工透析治療、また日本式リハビリテーションをパッケージ化した専門病院となります。今後日本の医療機関とも提携し、日本での研修も取り入れた人材育成プログラムにより専門医療者を育成し、早期に中国主要10都市への展開を計画しております。日本式医療の拠点を構築する事により、日本式医療サービスとともに健康管理等の周辺サービスを提供し、中国の医療の質の向上に貢献します。また、患者のQOLの向上と日中両国の友好関係の発展に寄与することを目的と致します。なお、このプロジェクトは政府(内閣官房 健康医療戦略室)の支援を受けております。

開院式出席者:内閣官房 健康医療戦略室、一般社団法人メディカル・エクセレンス・ジャパン等
〔汉琨医院〕北京市海定区定慧寺甲2号

■日本トリムとは
日本トリムは、電解水素水整水器販売を主軸とした事業を展開し、これまでに100万台を超える販売実績があります。当社は世界に先駆け水が持つ機能に着目し、国内外の研究機関との産学共同研究により電解水素水の新たな可能性(機能)を追求しています。電解水素水の活用は飲用にとどまらず、血液透析へ応用した『電解水透析®』や、農作物の灌水・散布に利用した『還元野菜®』の栽培など、医療や農業分野への様々な応用を実現しており、今後も電解水素水をベースに世界へ挑戦するオンリーワン企業を目指します。

■会社名/株式会社日本トリム
□設立年月日:1982年(昭和57年)6月12日
□代表取締役社長:森澤 紳勝 (もりさわ しんかつ)
□資本金:992,597,306円
□従業員数:479名(関連会社等を含む)
□企業ホームページ:http://www.nihon-trim.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日本トリム >
  3. 日本トリム 中国における病院運営事業スタート