キャロリーヌ・シーズナルレター第7号/2018.12.25発行

Caroline seasonal letter Vol.07

「キャロリーヌ・シーズナルレター」第7号は、“リクルート”をテーマに、キャロリーヌの採用に関する取り組み、新入社員、内定者の声などをお送りいたします。


◆特集/新入社員、内定者インタビュー
「アットホームで、社内の人間関係が良い」という声が一番多く聞かれました


 第7号の特集では、2020年卒の就職活動が始まるのを前に、弊社の採用に関する取り組み、2018年度新入社員、2019年度内定者の声をお届けします。

入社を決めた理由

 終身雇用が一般的だった時代と異なり、近年、転職は珍しくなくなりました。中には、ステップアップのためではなく、仕事内容や会社の雰囲気に馴染めず辞める人も多いようです。イノス・ジャポンは美容に特化した会社ということもあり、これまで「思っていた仕事と違った」というようなミスマッチングはありません。会社説明会では、福利厚生をはじめ人事制度、研修制度など社内システムを詳しく説明しています。現在、10年以上勤務している社員は全体の50%以上、離職率は10%以下という低さからも、採用に関する取り組みが上手くいっていると言えます。
 2019年度の内定者からは入社を決めた理由として、「研修制度が充実していて、先輩方もいろいろと親身にアドバイスしてくださるので、この会社なら自分をどんどん成長させていくことができると思った」「アットホームで、自分の意見を言いやすい雰囲気だと感じたから」といった声が聞かれました。

インターンシップを実施

 2019年度からは新たに、内定者を対象にした4ヶ月間の「インターンシップ」を実施しました。サロンでの実地研修で、初めてお客様にフットマッサージのサービスを行った内定者たちは、「足の形が一人一人異なるため思うように施術ができない」「お客様から、もっとこうした方がいいとアドバイスをいただいた。サロンとの信頼関係があると感じた」など、エステティックの難しさ、楽しさを肌で感じたようです。
 また、「どんなに忙しくてもスタッフのみなさんは笑顔を絶やさず、私にも温かく接してもらい、早くここで働きたいと思った」「チームワークが良く、時間管理がきちんとされていて、自己成長につながる職場だと思った」「サービスマッサージでもお客様から“ありがとう”と言っていただき、とても嬉しかった。一日でも早く技術を身につけ、お客様に満足いただけるようになりたい」と話しています。

新入社員インタビュー
 2018年度に入社した新入社員は、新卒、中途採用を合わせて7名です。入社後は、社の経営理念やコンセプト、言葉使いや作法、所作を学ぶ「基本動作研修」をはじめ、キャロリーヌの施術や美容、東洋医学に関する基礎知識の講座に加え、話しながらビーチボールを投げて会話をつなげる練習や、実践形式での接客マナー研修など、2ヶ月間の新人研修を行いました。研修について聞くと、「最初に会社の経営理念やこだわりをしっかりと学ぶことができ、その後の研修に入りやすかった」「キャロリーヌのエステティシャンとして必要なことを学び、自分の中に基礎ができたと思う」と、多くが「基本動作研修」が特に印象に残ったようです。
 

 6月1日にサロンに配属されてからの4ヶ月間については、「最初の頃、お客様一人一人、肌や体の状態が違うので、マニュアルに沿いながらも、その方に合わせた施術を行うのが大変だった」「お客様によって感じる強さ加減が全く違うので、圧のコントロールが難しい」と答えていました。
 また、配属された当初と今の自分を比べると、「最初は施術の手順を覚えるので精一杯だったが、今はツボの場所がスムーズにつかめるようになった」「配属された当時は、お客様と上手く話ができなかったが、今は世間話からお肌のことまで会話の幅が広がった。技術も、トレーナーや先輩から何度もチェック受けたことで自信を持って施術できるようになった」「たくさんのお客様に触れることにより、コリやハリを理解できるようになり、喜んでいただくことが増えた。お客様とのコミュニケーションの取り方も先輩から学び、自然にできるようになった」と、それぞれ成長を実感しているようです。

目指すエステティシャン像

 イノス・ジャポンの良いと思うところはという質問には、「スタッフ同士の仲が良いこと。技術のさらなる質上げを行えること」「社員の意見を取り入れてもらえるところ」「他店へ手伝いに行っても先輩が温かく迎えてくださる」「日々成長し続けられる環境で、分からないことも、具体的にしっかり教えてもらえる」など、社内の人間関係の良さについての答えが多く聞かれました。社内の雰囲気はそのままサロンの雰囲気につながり、お客様に伝わりやすいものです。社員がこのように思っていることは、社としても嬉しく思います。

 最後に、それぞれが目指すエステティシャン像については、「お客様に寄り添い、結果を出すために尽くす人」「多くのお客様から、技術面、接客面で信頼をおいていただけるエステティシャン」「カウンセリングときから“この人なら私のお肌を任せられる”と思っていただける人」などと話していました。
 イノス・ジャポンは、今後も確かな施術技術と知識、接客マナーを身につけた、一流のエステティシャンを育成し、美容業界に貢献していきたいと考えております。


◆お客様インタビュー/前田美樹様(フラワーデザイナー)
お客様への思いに溢れているキャロリーヌ
フラワーアレンジメントを通して、サロンづくりのお手伝いができていることをうれしく思います


 キャロリーヌ各サロンに毎週飾っている生花のアレンジメントや、季節の飾り付けを手がけられている、フラワーデザイナーの前田美樹先生。今号は、前田先生に、この仕事を始められたきっかけや、キャロリーヌスタッフの印象などについて伺いました。
 

 留学したオーストリアで、教会で行われる結婚式の飾りを地元の方々と一緒につくったことがあります。みんなでお喋りしながら自由に作る楽しさが、決まり事が多い生け花を少し窮屈に感じていた私にはとても新鮮でした。帰国してからフラワーアレンジメントや装飾のスクールにいくつか通い、フラワーデザイナーの資格を取り、ある装飾デザイナーのもとで5年務めた後、独立して13年になります。今は量より質を大事にし、アレンジメントを教えたり、フラワーギフトの制作、店舗の装飾などを手がけています。
 

 キャロリーヌさんのサロンの飾り付けやアレンジメントをお手伝いさせていただくようになってから、5年くらいになるでしょうか。スタッフのみなさんは、年々生けるのが上手になっています。例えば自由が丘店では、今年のクリスマスディスプレイに独自にアレンジを加えて、私のデザインをさらに発展させていて素晴らしいですね。また、エステの仕事だけでも忙しくて大変なのに、私が用意した花を毎週きれいに生けて、メンテナンスも日々きちんとされているのはすごいことだと思います。そこには、本物を大事にする井野社長のこだわりがスタッフの方々に浸透し、「花もスタッフの一人」としてもてなすという、お客様への心遣いが感じられます。
 これまでさまざまな店舗の装飾を手がけてきましたが、空間の演出というだけでなく、お客様にくつろいでいただきたい、季節を感じていただきたいと、導線も考慮して装飾を考える姿勢は見習わなくてはと、いつも刺激を受けています。

 

 フラワーアレンジメントも装飾も、完成して終わりではありません。それを見た人の心の中には、楽しい会話や温かな気持ち、安らぎが生まれます。これからも、作品を通じてそうした幸せな世界をつくっていきたいと思います。






(プロフィール)
フラワーデザイナー。Floral Square主宰。自身のフラワーアレンジメント教室で指導しているほか、店舗等の装飾・アレンジメントやフラワーギフトの制作を行っている。



◆We are Caroline/キャロリーヌ第2号店 大宮店
お客様の目線でチェック
スタッフ一丸となって、安心感のあるサロンづくりを心がけています


 第7号のこのコーナーでは、1983年にオープンしたキャロリーヌ第2号店、今年35周年を迎える大宮店を紹介いたします。
 

 キャロリーヌ大宮店は、今年3月にリニューアルオープンしました。旧店舗よりもサロン全体が広くなり、施術ルームは全て完全個室の高級感溢れるサロンに生まれ変わりました。同じく3月にリニューアルしたウェブサイトには、各サロンを紹介する「ギャラリー」を掲載しています。お客様の中には、大宮店の「おしゃれな雰囲気」がご来店の動機という方もいらっしゃいます。リニューアルの際に男性専用の施術ルームを設けたことで、ご夫婦でいらしているお客様も。「体の疲れやコリ、肌の悩みは女性に限ったことではありません。女性用の施術ルームとエリアを分けているので、男性の方にも気楽にいらしていただきたいです」とは、責任者の篠原麻耶香のコメントです。
 2018年度新入社員の一人、鈴木日菜はこの大宮店に配属されました。「勉強熱心で、ミーティング時は目をキラキラさせて先輩の話を聞き、マイノートを作って常にメモしています。教わったことをすぐに実践しているところが素晴らしい、元気、笑顔、前向きなスタッフです」と、篠原はこの新人に期待を寄せています。マイノートが何冊になるのか、鈴木のこれからの成長が楽しみです。
 

 大宮店には、有り難いことに30年以上通ってくださっているお客様がたくさんいらっしゃいます。オープン以来35年の間には店長やスタッフが入れ替わっていますが、それでも「いつ来てもくつろげる空間」とおっしゃっていただけるのは、歴代スタッフが、肌質やお好みのメニューなど、お客様お一人お一人の情報をきちんと受け継ぎ、変わらぬ接客を実現してきたからだと思います。今後の抱負として篠原は、「さらにご満足いただけるよう、丁寧な接客、最高の技術の提供、サロン美化を常に心がけ、エステティシャンとしての基本を忘れずに一歩ずつ確実に前進していきます」と話しています。

<大宮店概要>
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-2-18 一番ビルⅡ5階
JR大宮駅 西口から徒歩3分
TEL:048-641-7777
営業時間:火曜~金曜 10:30~20:00
土日・祝祭日 10:00~19:00
定休日:月曜
 



◆Information

ゴルファー専用『ゴルファーズエステ』提供開始
 キャロリーヌでは、ゴルフのラウンド前、ラウンド後、それぞれに特化した、ゴルファー専用のエステティックメニュー『ゴルファーズエステ』を、キャロリーヌ全店にて提供開始しました。このメニューは、国内シニアツアーにて活躍中、ゴルフ解説でもお馴染みのプロゴルファー、冨永 浩さんに監修いただきました。

【ゴルファーズエステ概要】
施術名:「ゴルファーズエステ ビフォー・ゴルフ」
URL:レディス    http://www.caroline-jp.com/menu/golfers-esthetics/before-golf/
   メンズ    http://www.caroline-jp.com/mens-menu/golfers-esthetics_men/before-golf_men/
施術時間:50分
価 格:初回トライアル価格 5,000円(税別)
通常価格 15,000円(税別)
施術特長:
●ラウンドの1~2日前に、ゴルフのスイングに関わる関節の動きをよくする施術
●肩のまわり(特に肩甲骨)を中心に、下半身、腰、背中の筋肉の癒着をほぐし、体の軸の回転をスムースにする

施術名:「ゴルファーズエステ アフター・ゴルフ」
URL:レディス http://www.caroline-jp.com/menu/golfers-esthetics/after-golf/
   メンズ  http://www.caroline-jp.com/mens-menu/golfers-esthetics_men/after-golf_men/
施術時間:70分
価 格:初回トライアル価格 5,000円(税別)
通常価格 15,000円(税別)
施術特長:
●ラウンドの後に起こる足腰のコリや痛み、スイングによって起こる腰や肩、腕の痛み、疲れに効く施術
●脚、腰、肩、腕へのハンドマッサージと、前頭葉へのバイオプトロンセラピー(可視光線)の組み合わせにより、セロトニンの分泌を促し、深いリラックスを提供

*「ビフォーゴルフ」を受けた後1週間以内に「アフターゴルフ」を受けられる方には、1,000円割引の特典があります。

実施店舗:キャロリーヌ全店
     *男性のお客様は、新宿本店、横浜店、大宮店のみで承ります。
開発:株式会社イノス・ジャポン
監修:プロゴルファー 冨永 浩

トーク・ランチ&エステ体験イベント開催報告
 去る10月15日(月)、キャロリーヌのお客様であり、PRプロデューサーの飯野晴子氏とのコラボイベントを開催いたしました。このイベントは毎回好評で、3回目を迎える今回も募集と同時に満員になるほどの人気です。名古屋や広島などから、合計12名の方が参加されました。
 当日は、人気メニュー『顔筋リバース』を開発した技術教育トレーナー中川由美による、ご自宅でできるセルフエステセミナーを行い、実際に施術を体験していただきました。そしてランチの後、「いつか開くパンドラの箱のお話」と題した、女性が年齢を重ねることが楽しみになる、飯野氏のトークショーを開催。今年の流行語大賞にもノミネートされた、美しいグレイヘアーの飯野様の、時に笑いも交えた楽しいお話に、皆様聞き入っていました。


特別養護老人ホーム練馬高松園「エステ慰問ボランティア」

 キャロリーヌは毎年、社会貢献の一環として特別養護老人ホームへの慰問ボランティアを、サロンの定休日である月曜日に行っています。2010年からスタートし、早いもので9年目となりました。月曜日のディサービスをご利用されている方としかお会いすることができないのですが、「いつもは水曜日なんだけれど、今日のために曜日を変更したの」「私、毎年皆勤賞なのよ!楽しみに待っていたの!」と話してくださいます。ご利用者の方々を癒して差し上げるスタッフたちも、皆様の笑顔に元気をいただきました。


季節のおもてなし

 

 この時期サロンでは、クリスマスディスプレイでお客様をお迎えしています。新宿本店の今年のテーマは、「ヨーロッパの厳かな雰囲気のクリスマス」。昨年のテーマ、メリーゴーラウンドの華やかさとは異なる、ブルーを基調にした落ち着いたディスプレイです。
 他店舗ではパステルカラーの生花アレンジメントや、可愛らしいサンタに雪だるまの置物を飾るなど、サロン毎に異なるディスプレイをお楽しみいただけます。
 皆様のご来店を心よりお待ちしております。
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社イノス・ジャポン >
  3. キャロリーヌ・シーズナルレター第7号/2018.12.25発行