【キャタピラープレスリリース】後方小旋回機の小型次世代油圧ショベル 315 GCを新発売

豊富なラインナップでニーズに合わせた最適なマシン選びが可能に

キャタピラージャパン合同会社(代表執行役員:塚本 恵)は、この度Cat 315 GC 油圧ショベルを2020年12月10日より発売を開始します。
今回発売する315 GCは、旋回幅3.96mと優れた狭所作業性能を発揮し、スペースのない市街地などで活躍します。また、尿素水不要でオフロード法2014年基準に適合します。今年6月に発売した12~13トンクラスの次世代小型油圧ショベル 313 GC、313、315にこの315 GCを加えることで小型油圧ショベルのラインナップが充実し、お客様の業種や現場に合わせて最適なマシンを選択することが可能となります。


1. Cat 315 GCの主な特長は次のとおりです。

・0.5㎥ クラスの一般土木作業用に必要な掘る・積む・均すといった機能・性能に特化したシンプルな設計。
ショベルクレーン仕様も用意し、現場での吊り作業が安全に行え、作業効率がアップします。

・エンジン定格出力や油圧馬力の向上と電子油圧制御による作業負荷に応じた最適制御により、生産性向上と燃費低減を両立。作業負荷に応じてエンジン回転数や油圧馬力を自動調整するスマートモード搭載により、燃料消費量15%低減*を実現しています。

・パワーモード、スマートモードが選択可能。作業に応じたスピードとパワーを選ぶことができます。モードの切り替えはキャブ内スイッチで行えるので、好みのモードを簡単に選ぶことができます。

・尿素SCRを使わずに最新の排出ガス規制に対応。現場の管理コスト削減にも寄与します。

・作動油リターンフィルタの交換間隔拡大や、エアフィルタの寿命を2倍にするなど、電子化や部品の長寿
命化によりメンテナンスコストを最大25%削減*しています。

・標準装備のROPSキャブ、ピラー形状変更などによる視認性を40%*改善。

・315 GCは後方小旋回機に求められる寸法、作業範囲、作業性能を兼ね備え、さらに生産性と安全性を向上しています。

     (*従来機312Fとの比較)
 

2.次世代油圧ショベル 315 GCの主な仕様値
 
    315 GC
運転質量 13,200
バケット容量 0.52
エンジン名称   Cat C3.6 ディーゼルエンジン
総行程容積 3.6
定格出力/回転数 kW/min-1 54.4/2,400
全長
 
7,870
全幅 (トラック全幅) 2,490
全高 2,960
後端旋回半径 1,490

 


 

3.標準販売価格  (販売標準仕様、工場裸渡し、税別)

Cat 315 GC  油圧ショベル     ¥18,343,000円

 

*315 GC Webページ

https://www.cat.com/ja_JP/products/new/equipment/excavators/small-excavators/106160.html


                                              以  上

 

キャタピラー社について:

建設機械の歴史は、1925年にキャタピラー社と共に始まり、未来へ続きます。世界最大の建設機械メーカーであるだけでなく、エンジン・発電機などパワーシステムのリーディングサプライヤーでもあります。また、1963年以来、キャタピラー社は、半世紀以上にわたって、日本に重要な拠点を構えています。特に、主力製品である油圧ショベルの開発・製造をリードし、時代の先端を行く製品と技術を世界へ発信しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キャタピラー >
  3. 【キャタピラープレスリリース】後方小旋回機の小型次世代油圧ショベル 315 GCを新発売