新元号で祝祭ムード盛り上げ!訪日客対応多言語サインステッカー「XPANDサイン」に改元記念版登場!

XPAND株式会社(埼玉県東松山市、代表取締役社長 南木 徹)が製作販売する多言語サイン「XPANDサイン」。このXPANDサインから、改元記念版が登場します。

「XPANDサイン」は、鉄道や公共交通サインデザインの経験を詰め込んだ、本格的なサイン(案内表示・標識)ステッカー。その「XPANDサイン」から、新元号の入った「改元記念版」が登場します!
「公共サインの会社が作る、店舗施設向け多言語多機能サインステッカー」として好評販売中の同シリーズに、改元記念版が登場します。
XPANDサインの中の人気シリーズに、新元号の入った特別バージョン(●●元年設置)を追加
訪日客対応としての設置が多いXPANDサインで、「禁煙」などのメッセージに加えて、日本の元号文化も訴求
記念すべきこの年に日本へ観光に来た方々にも、特別な祝祭感を共有していただくことができます。

 

 

XPANDサイン「改元記念版」(元号決定前のため、一部モザイク処理)XPANDサイン「改元記念版」(元号決定前のため、一部モザイク処理)


XPANDサインには、第3のバーコードとして注目される「XPANDコード」も併記
https://newswitch.jp/p/14289
スマートフォンで読み取ると、外国語でサインの内容を表示します。
一部サインは、政府の「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」にもいち早く対応。同対応策で必要とされる11言語にも対応しています。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000029164.html

純正「矢印」シリーズと組み合わせることで、簡単・安価にプロ品質の誘導サインシステムを実現することができます。
https://www.value-press.com/pressrelease/215771

矢印との組み合わせによるサインシステム構築例矢印との組み合わせによるサインシステム構築例


XPANDサインは、大手の飲食・娯楽・スポーツ施設チェーンを含め、全国41都道府県の飲食店・宿泊施設・観光施設・集合住宅などで導入されています。

XPANDサイン 都道府県別設置状況XPANDサイン 都道府県別設置状況

鉄道基準でデザインされていますので、2018年に改訂された新JIS安全色(JIS Z9103:2018)にも準拠、バリアフリーにも配慮しています。
2020年も、その先も。世界中の人々に気持ちよく過ごしていただける公共空間づくりを今からスタート!


[XPANDサイン 改元記念版]
商品名:XPANDサイン(XPAND SIGN / エクスパンド・サイン)改元記念版
価格:990円(税込、送料無料)
発売日:2019年4月2日
https://xpand.codes/ja/xpandsign/
https://www.amazon.co.jp/l/4582880051
※法人アカウントからのご購入では、まとめ買い割引もご利用いただけます

[施設・自治体向けのカスタマイズについて]
施設・自治体向けのカスタマイズも可能です。
・ステッカーのサイズ・デザイン・素材を変更
・自治体名・自治体章・キャラクターなどを追加
・スマートフォンの転送先を、施設の案内ページに変更
・まとまった数量の製作によりコストダウン
など、対応します。
詳しくはお問い合わせください。

[協業サイン企業募集中!]
近距離用のQRコードと遠距離用のXPANDコードを活用し、サインとスマートフォンを柔軟に連携させて、空間全体としてスムーズな多言語案内を実現することに関心のある協業先を募集しています。
サインプレート・リーフレット・案内看板・デジタルサイネージなどを企画・制作している企業からのお問い合わせをお待ちしています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. XPAND株式会社 >
  3. 新元号で祝祭ムード盛り上げ!訪日客対応多言語サインステッカー「XPANDサイン」に改元記念版登場!