「docomo 5G DX AWARDS 2021」にてDataMeshが最優秀賞を受賞しました

XR技術の民主化、誰もがXR技術を使いこなす世界の実現へ

この度、株式会社NTTドコモ、株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ主催の「docomo 5G DX AWARDS 2021」にて弊社DataMesh株式会社(以下、DataMesh)が提供するデジタルツインプラットフォーム「DataMesh Director」が最優秀賞を受賞しました。
本アワードは、5G の新たな協創ソリューションの創出を目的として、5G と親和性のあるさまざまな企業の特徴的なアセット(技術、プロダクト、サービス)を募集・表彰し、各企業と共に新たな協創ビジネスの実現をめざすコンテストです。


この度受賞したデジタルツインプラットフォーム「DataMesh Director」は、XR技術の民主化を推進するソリューションです。これまでMRコンテンツを開発するにはXRの開発環境で、3Dに知見のないユーザーが開発をする必要がありました。
「DataMesh Director」を活用すれば、3D開発に知見のないユーザーでもMRコンテンツの作成及び実装が可能になります。XR 技術を手の届くものにしていく「XR の民主化」というコンセプトと、さまざまな業界の DX 推進に貢献できるソリューションであることが本コンテストにおいて、高く評価されました。

 
※DataMesh株式会社 マーケティング&セールスマネージャー 鹿島田 健将が登壇

 

■本コンテストの概要
https://5gbiz.idc.nttdocomo.co.jp/campaign/dxawards/index.html

■株式会社NTTドコモ、株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ/プレスリリース
https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/info/news_release/topics_210914_03.pdf


■最終選考会におけるDataMeshのプレゼン概要

DataMeshが提供するソリューション「DataMesh Director」を紹介の上、以下事例を紹介いたしました。

・建設業:大林組様での取り組み
高速道路の桁を架設する工事、鉄道駅のホーム増設工事における施工手順を現地で3次元投影し、確認することで手戻りのミス防止を行う

【本事例の詳細は以下】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000030931.html

・コールセンター業:ベルシステム24様での取り組み
サポート対象物を3Dデータ化し、クラウド上に置くことで、場所や物に依存しない新たな働き方モデルを構築

【本事例の詳細は以下】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000030931.html

■最終選考会における弊社発表の様子
https://youtu.be/SjAVq7W6qxY?t=3854

 

■DataMesh株式会社について(https://www.datamesh.co.jp/)
創業以来、世界最先端のデジタルツイン技術を提供してきました。直近では、Microsoft Partner of the Year Award 2020 Mixed Reality部門において、確かな実績を評価いただきアジアから史上初めてFinalistにノミネートされました。各社の製品や設備、作業マニュアル、施工手順、ワークフローなどをデジタルツイン化し、"非対面による移動不要の新たな働き方"、"ファーストラインワーカーの業務生産性・効率性の向上"の実現を通じて、昨今の社会課題を解決するための取り組みを強化しています。多業種において、PoCからデプロイまで幅広く対応しております。

■本件に関するお問合わせ先
E-mail: service@datamesh.co.jp
 
  1. プレスリリース >
  2. DataMesh株式会社 >
  3. 「docomo 5G DX AWARDS 2021」にてDataMeshが最優秀賞を受賞しました