株式会社TENTIALが「スポーツテック業界カオスマップ2020年版」を公開!

株式会社TENTIAL(本社:東京都渋谷区 代表締役:中西裕太郎 以下、当社)は2020年2月12日に「スポーツテック業界のカオスマップ2020年版」を公開したことを報告いたします。 (※2月14日13:35追記)

 

  • カオスマップ作成の背景
 欧米諸国においてはスポーツを有望産業と捉え、スポーツビジネスが巨大な産業となっています。また、日本でも「日本再興戦略2016」において、名目GDP600兆円に向けた「官民戦略プロジェクト10」の1つとしてスポーツの成長産業化が挙げられており、スポーツ市場規模を2025年までに15兆円に拡大することを掲げています。実際にスポーツ庁による「FUN+WALK」PROJECTや「スポーツエールカンパニー認定制度」を設ける施策など、国をあげて市場拡大へ取り組むという動きがみられ、スポーツテック業界の発展が大いに期待され、注目を集めています。
 国民医療費が42兆円を超える現在、スポーツを通じた健康増進は、国民医療費の抑制、健康寿命の延伸への貢献も期待されます。私たちスポーツテックベンチャーはスポーツから培った情報や技術といった資産を予防医療やウェルネスといった分野に注力する必要があると考えています。社会に還元するエコシステムを官民一体となって推進することにより、日本のみならず世界に通用するポテンシャルを秘めていると信じています。このような背景から今回の「スポーツテック業界カオスマップ2020年版」の作成に至りました。
  • 株式会社TENTIALについて
 当社は「歩み続ければ、世界はもっと輝く。」というビジョンを掲げ、スポーツの力で健康的な生活や、活力のある社会の創造を目指す、スポーツテックカンパニーです。
 先日、元日本代表播戸竜二さんをCSO(チーフスポーツオフィサー)に迎え、アスリートとの持続的な関係を構築した他、東京都やスポーツ庁よりスポーツ活動への促進が評価され、「東京都スポーツ推進企業」、「スポーツエールカンパニー」に認定されました。スポーツ産業への投資が期待される巨大なスポーツ産業にテクノロジーを掛け合わせ、次世代のスポーツビジネスを創出していきます。

 

コーポレートサイト https://corp.tential.jp/
設立日 2018年2月
資本金 151,494,012円(資本準備金含む)
代表者 中西裕太郎
所在地 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2丁目18-22S&T神宮前ビル3F
加盟団体 「IoT推進コンソーシアム」(経済産業省主催)
「FUN+WALK PROJECT」(スポーツ庁主催)
「Sport in Life」(スポーツ庁主催)
事業内容 スポーツプラットフォームxデータxプロダクト事業
『SPOSHIRU』https://sposhiru.com/
『TENTIAL INSOLE』https://tential.jp/
出場歴 日本最大級のアクセラレーション「IncubateCamp 11th」出場
世界33カ国から「SportsTechTokyo」パーティシパント150選出
Forbes JAPAN「Rising Star Community」選出

※ロゴ・サービス名称の掲載について
当マップ記載のロゴ・サービス名称の表記につきましては、
掲載させていただいた各社様に事前許諾を得ていないものもございます。
使用上問題がある場合は、お手数ですが「info@tential.jp」までご連絡ください。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TENTIAL >
  3. 株式会社TENTIALが「スポーツテック業界カオスマップ2020年版」を公開!