電気自動車の世界市場、2019年には200万台に

電気自動車の販売は世界中ほぼ全ての地域で伸びており、2025年には年間1000万台を超える販売台数になる見込みに。

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ (英文名: Counterpoint Technology Market Research 以下、カウンターポイント社)は、電気自動車(EV)が自動車市場において、高度で信頼性が高く、手頃な価格帯のオプションとなったことにより、販売台数は2017年の120万台から大きく伸び、2019年には約200万台へ達する見込みであるという調査結果を含む、自社のSmart Mobilityサービスによる最新調査を発表致しました。
さらに、EVの採用は、世界のほとんどの地域で持続的な成長の道を辿っている為、2025年までに年間1000万台を超えるEVが販売されるのではないかと見込んでいます。
この調査結果について、カウンターポイント社のコンサルティングディレクター Vinay Piparsania氏は以下のように述べています。
「昨年は、主要自動車メーカーのほぼ全社がEVのグローバル製品計画を多数アナウンスし、2019年のジュネーブ国際モーターショーでは、各社のアナウンスはさらに強まった。各社の計画がその通りに実現されるなら、2018年から2025年にかけて、約400車種のEVが市場に投入され、累計3,800万台を超えることになる。2030年には世界の市場におけるEVのシェアは新車販売の10%から50%に達すると、私たちは予想している。但し、この数字は、交通渋滞の度合い、排気ガス規制の義務付け、あるいは消費者向けのインセンティブや補助金といった、外的要因に左右されるだろう。」

今年のジュネーブ国際モーターショーでは、リーダー格のAudi、BMW、Mercedes-Benz、 Volkswagenが純電気自動車の計画を明らかにしました。さらに注目すべき点は、Volvoの高級EVブランドであるPolestar、インドのMahindra&Mahindra参加の高級EVブランドであるAutomobili Pininfarina、そして、チェコブランドのRimacなど、いくつかの電動ハイパーカーやスーパーカーが発表されました。

カウンターポイント社の調査によれば、EV販売は世界中で成長するものの、その最大の市場は引き続き中国であり、世界市場の半分を超える見込みです。2017年には中国で60万台を超えるEVが販売され、同年の米国での販売台数19.8万台の3倍以上となる台数となりました。

図1: 世界の電気自動車の販売(千台)

本データは、カウンターポイント社が最近公表した調査報告書「The Automotive Transformation is Speeding Up」の一部です。本調査報告書は、技術的ディスラプションと消費者ニーズの変化が、いかに自動車業界の様相を変えつつあるかカウンターポイント社がまとめたものです。

Vinay Piparsania氏はさらに続けて以下のように述べています。
「世界の自動車市場は未曽有の変革の真っ只中にある。経済、人口動態、テクノロジーの要因が合わさって、誰にも止められないメガトレンドになり、次の10年の業界変革をドライブしている。これまで一世紀以上に渡って自動車市場と産業の着実な成長を促してきた従来の市場ニーズに加えて、そこに新たなニーズが加わり、産業を動かしている。その中には、例えば、気候変動の懸念に基づく厳しい規制や、コネクティビティに対するイノベーションが含まれる。こうした新たなニーズを満たすため、新しい市場が生まれ、新しい技術が生まれてくるだろう。」

世界の自動車産業を変革するキートレンドには、以下のものが考えられます。
  • 移動のシェアリング: 売上を維持しつつ、ビジネスモデルを多様化させるには、「移動サービス」プロバイダーとして自社を再定義することが差し迫った課題であると、完成車メーカーが認識しつつある。
  • コネクテッドカー: コネクテッドカー向け技術のイノベーションにより、車対車(V2V)や車対あらゆるモノ(V2X)の通信の品質も速度も、著しく向上している。
  • 自動運転: 技術全般とAIの急速な発展により、究極的には人間の運転を代行する完全自動運転車の実現は、何かしらの形で多くの人が考えるより早く実現するだろう。
  • 電動化: EVの勢いが増し、やがてコストが従来の燃料自動車と同等になると、自動車製造業と電池のサプライヤーにとって、市場機会が現実のものとなる。
  • 世界規模の自動車メーカーの合併や協業: 競争力の維持が非常に重要な為、協業や提携による競争がこれまでにない程、自動車メーカーや部品メーカーの間で行われている。

包括的かつ詳細な「The Automotive Transformation is Speeding Up」レポートは、カウンターポイント社ウェブサイトにて提供中です。詳細調査、分析、プレスリリースに関するご質問は、お気軽にpress@counterpointresearch.comまでお寄せください。

【カウンターポイント社 会社概要】
Counterpoint Technology Market ResearchはTMT(テクノロジー・メディア・通信)業界に特化した国際的な調査会社である。主要なテクノロジー企業や金融系の会社に、月報、個別プロジェクト、およびモバイルとハイテク市場についての詳細な分析を提供している。主なアナリストは業界のエキスパートで、平均13年以上の経験をハイテク業界で積んだ経験を持つ。
公式ウェブサイト: https://www.counterpointresearch.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Counterpoint Technology Market Research Limited >
  3. 電気自動車の世界市場、2019年には200万台に