SmartRydeが交通検索エンジンのMozio(モジオ)とのAPI連携を発表

モビリティ領域で協業し、パートナーシップを強化。

SmartRydeとMozioはAPI連携を完了し、全世界の空港送迎サービスを提供することでパートナーシップを強化していきます。
 グローバルで空港送迎サービスを展開する株式会社SmartRyde(以下、SmartRyde)は、米国サンフランシスコを拠点とするモビリティサービスプラットフォームであるMozio Inc.(以下、Mozio)とのAPI連携完了を発表しました。
 2019年、SmartRydeはMozio経由で空港送迎サービスを利用した顧客から高い評価を受けたことで、Mozioの最高評価プロバイダーの1つであるBest Rates Providerとして表彰されました。
 このAPI連携により、SmartRydeは、150ヶ国700以上の都市で利用可能なすべての空港送迎サービスをMozioに提供できることになります。Mozioのグローバルネットワークにアクセル可能になったことで、グローバルでの販売強化が見込まれます。

●「Mozio」とは
Mozioは空港から目的地まで移動するあらゆる地上手配手段を検索、比較、予約できるサイトです。Mozioは米国サンフランシスコに拠点を置く交通検索エンジン会社で、地上交通データを集約し、空港との往復旅行を計画しています。ユーザーが最短時間で空港に到着できるように、バス、電車、フェリー、地下鉄、その他の交通機関を組み合わせ最適なルートを提供します。
ウェブサイト: https://www.mozio.com/ja-jp/

●「SmartRyde」とは
世界150ヶ国700以上の都市で、プロライセンス取得・保険に加入しているプロの運転手による空港送迎予約サービス。厳選されたプロの運転手とのタイアップで実現するサービスなため、安心・安全・シームレス、かつお手頃な価格でご利用いただけます。半日・終日チャーターの手配も行っており、11月5日に国内向け事前予約ハイヤーサービス“スマートリムジン”を開始。
公式サイト: https://smart-ryde.com/
スマートリムジン:https://smartlimousine.jp/

● 株式会社SmartRyde 会社概要
・商号: 株式会社SmartRyde(旧ディーエルジービー株式会社) *2020年9月1日社名変更
・本社所在地: 東京都港区東新橋2-10-10東新橋ビル502
・代表取締役: 木村 聡太 (きむら そうた)
・設立年月日: 2017年3月27日
・資本⾦: 98,092,040円(資本準備金含む)
・コーポレートサイト:  https://smartryde.jp/ja/
・事業内容: 空港送迎オンライン予約サイト「SmartRyde」運営・ツアーオペレーター事業
・登録免許: 東京都知事登録旅行業第3-7480号
・加盟団体: ⽇本旅行業協会(JATA)、⽇本海外ツアーオペレーター協会
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SmartRyde >
  3. SmartRydeが交通検索エンジンのMozio(モジオ)とのAPI連携を発表