2019年限定品サマーフレグランス「イッセイ ミヤケ シェード オブ パラダイス」発売

2019年5月22日(水) ISSEY MIYAKE直営店先行発売                               2019年5月29日(水) 全国発売

1995年以来、毎年サマーフレグランスにおいて様々なクリエイターとコラボレーションしてきたISSEY MIYAKE PARFUMS。今夏は調香師オーレリアン・ギシャールとカラーデザイナーのメイ・フアが生み出す、4種の限定フレグランスシリーズ「シェード オブ パラダイス」が2019年5月29日(水)全国発売*にて登場します。沖縄の楽園、座間味島を訪れた二人のアーティストが旅で感じた物語をとじ込めたフレグランスシリーズです。 *5月22日(水)ISSEY MIYAKE直営店先行発売
ISSEY MIYAKE SHADES OF PARADISE
「イッセイ ミヤケ シェード オブ パラダイス」発売

 

イッセイ ミヤケ シェード オブ パラダイス発売イッセイ ミヤケ シェード オブ パラダイス発売

 

【商品一覧】(表示は希望小売価格)
■LʼEAU DʼISSEY SHADE OF SUNRISE
ロードゥ イッセイ シェード オブ サンライズ オードトワレ 
90mL ¥9,396 (本体¥8,700) 香調:ソーラー フローラル

■LʼEAU DʼISSEY POUR HOMME SHADE OF LAGOON
ロードゥ イッセイ プールオム シェード オブ ラグーン オードトワレ
100mL ¥8,316 (本体¥7,700) 香調:シトラス ウッディ

■LʼEAU MAJEURE DʼISSEY SHADE OF SEA
ロー マジュール ドゥイッセイ シェード オブ シー オードトワレ
100mL ¥8,316 (本体¥7,700) 香調:ソーラー ウッディ

■LʼEAU DʼISSEY PURE SHADE OF FLOWER
ロードゥ イッセイ ピュア シェード オブ フラワー オードトワレ
90mL ¥9,396 (本体¥8,700) 香調:フローラル フルーティー

【すべて、数量限定】
ISSEY MIYAKE 直営店/ 取り扱い百貨店/ 資生堂の総合美容施設「SHISEIDO THE STORE」(東京中央区銀座)、資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」などのEC サイトほか

4 日間、4 つの瞬間、4 種のフレグランス。
楽園を彩る4 つの色。

ひとつの完結した経験を香りにする。
そんな調香のアプローチをしたのは初めてでした。
私たちの心を動かすものを捉え、強さや相乗効果を加えて、
このフレグランスシリーズのクリエイティブに結実させました。
 ̶ オーレリアン・ギシャール
 ̶ メイ・フア


調香師オーレリアン・ギシャールとカラーデザイナーのメイ・フアが生み出す、4種の限定フレグランスシリーズ「シェード オブ パラダイス」。二人が旅した日本の景色が、そのインスピレーション源となりました。アーティスト達が初めて顔を合わせたのは、日本列島の南端に位置する楽園、沖縄県の座間味島。
座間味島は、いわゆる〈日本〉のイメージとはまったく異なります。自然のパワーを感じさせる壮大なジャングル、鮮やかに咲き誇るトロピカルフラワー。貝殻がキラキラと輝く美しい砂浜、深いタコイズ色をした海。風が育む実り豊かな自然。イッセイ ミヤケのフレグランスの絶対的なインスピレーション源である、水、植物、空気という、大切な元素が支配する楽園がそこにあります。
このプロジェクトが目指したのはただひとつ。二人が特別な旅で得た鮮やかな印象と本能的な感覚を、フレグランスシリーズに結実させること。あらゆる世俗的な関わりから遠く離れ、二人のアーティストの魂が体験した、唯一無二の旅。その旅で彼らが感じた物語をとじ込めたサマー限定フレグランスです。
 

AURELIEN GUICHARDAURELIEN GUICHARD


AURELIEN GUICHARD
(オーレリアン・ギシャール)
調香師。代々調香師を輩出する一族の8代目として1977年、フランス・グラースに生まれる。
英国で経済学、社会学、政治学の学士を取得後、世界最大手の香料メーカー、ジボダンが運営する屈指の調香師養成学校を卒業。著名調香師である父からは仕事への情熱と知識を、彫刻家の母からは素材に対する直感とセンスを引き継ぎ、2003年に手掛けた香水で最初の成功を収める。
香水の世界で最も注目されている若手調香師のひとりでもある。2013年「パルファム プリーツプリーズ イッセイ ミヤケ」シリーズ、2017年「ローマジュール ドゥイッセイ オードトワレ」、2018年「ローオ スーパー ジュール ドゥイッセイ オードトワレ インテンス」を手掛けている。今回「シェード オブ パラダイス」の4つのフレグランスの調香を全て手掛けた。
 

Mai HuaMai Hua

Mai Hua
(メイ・フア)
パリを拠点に活動するカラーデザイナー、ビジュアルフィロソファー。
パリの国立高等装飾美術学校にて色彩について専門的に学んだ後、自らが体験した現実を色彩に落とし込み、作品を生み出している。「色とは、人生の新しい姿を見せてくれる扉」として、色のニュアンスを駆使し、新しい香りのトーンの表現を通して未来の色を創造。最近は映像監督としても活躍している。2019年1月、自身初となる長編映画作品で、自分の家族、そして連綿と続く女性たちの歩みを映したドキュメンタリー『Les Rivières』を完成させたばかり。8年前に開設したブログでは、独自の視点で〈美〉と〈真実〉を探究し続けている。今回「シェード オブ パラダイス」の4つのフレグランスのタイポグラフィーを含むラベルデザインを手掛けた。

DAY 1 5:45 AM
LʼEAU DʼISSEY SHADE OF SUNRISE
ロードゥ イッセイ シェード オブ サンライズ オードトワレ

ロードゥ イッセイ シェード オブ サンライズ オードトワレロードゥ イッセイ シェード オブ サンライズ オードトワレ

 

「ロードゥ イッセイ オードトワレ」にインスパイアされた、太陽に照らされたホワイトフローラルのフレグランス。夜明けの空が金色に変わる瞬間、陽光を反射してキラキラと輝く海を表現。自然が目を覚まし始める朝の、最初の香りをとじ込めました。

〈香りの特長〉
ソーラー フローラル
コントラストに富んだトップノート。ベルガモットの爽やかさと弾けるレモンの香りがぶつかりあいながら、アーモンドのアクセントとともに、魅惑的なジャスミンとプルメリアの花がまろやかに漂います。
太陽が照らすミドルノートは、繭のようにやわらかなキンモクセイ、動物的な官能性を醸すイランイラン、なめらかなヘリオトロープ。露に濡れたローズバッドがみずみずしさを演出します。
ベースノートでは、ココナッツミルクが寄り添いながら、サンダルウッドとシダーがやさしく立ちのぼり私たちを魅了します。日常から遠く離れた場所で、潮に当たって日に焼けた肌の香りを彷彿とさせるフレグランスです。

〈ボトル〉
「ロードゥ イッセイ」のアイコニックなボトルが、メイ・フアの手によって生まれ変わりました。
実用的なだけではなく、美しさも兼ね備えています。ラベルはリボンのようにデザインされ、スプレー部分はラベルと同じゴールデンイエロー。フューシャの文字が生み出すコントラストが目を惹きます。
「陽光、輝き、やさしさ。崖の向こうから昇り、二度と戻らない全ての瞬間に、色を変えていく朝日。」
̶ メイ・フア

DAY 2 10:28 AM
LʼEAU DʼISSEY POUR HOMME SHADE OF LAGOON
ロードゥ イッセイ プールオム シェード オブ ラグーン オードトワレ

ロードゥ イッセイ プールオム シェード オブ ラグーン オードトワレロードゥ イッセイ プールオム シェード オブ ラグーン オードトワレ

思わず引き込まれてしまう、深いターコイズ色をしたラグーン。「ロードゥ イッセイ プールオムオードトワレ」を、ライムとウッド感を強めて再提示したフレグランス。水が肌に触れたときの極上の爽快感を表現しました。

〈香りの特長〉
シトラス ウッディ
水中で肌が得る快感を再現したトップノート。グレープフルーツとライムジュースのフラッペのなか
に、ジンジャーとグリーンカルダモンが冷たく広がります。それぞれの要素が力強く香りつつ、完璧に調和したミドルノート。さわやかではっきりしたグリーンガルバナム。きれいな風が吹くような存在感を発揮するサイプレス。ピンク、グリーン、レモンイエローの色鮮やかなゼラニウムが印象的です。ベチバーとシダーの洗練された香りで、私たちを惹きつけてやまない海のパワーを表現したベースノート。アンバーグリスを生み出すアンブロキシドとムスクの包み込むような温かみが、そのパワーをさらに強調しています。

〈ボトル〉
座間味島の光を通す透明なボトルを、うっとりするようなターコイズカラーの波が包みます。
フレグランスの名前は生きいきとしたイエローで印字されています。

DAY 3 2:47 PM
LʼEAU MAJEURE DʼISSEY SHADE OF SEA
ロー マジュール ドゥイッセイ シェード オブ シー オードトワレ

ロー マジュール ドゥイッセイ シェード オブ シー オードトワレロー マジュール ドゥイッセイ シェード オブ シー オードトワレ

 

島全体に満ちているのは、陽光と自然の生み出す魅惑的な香り。気持ちの良い海の水と、灼けた空気のコントラスト。「ロー マジュール ドゥイッセイ オードトワレ」にインスパイアされた、日光を閉じ込めたウッディなフレグランスが様ざまな自然の要素を融合し表現しています。

〈香りの特長〉
ソーラー ウッディ
まとった瞬間、柑橘類が勢いよく立ちのぼるトップノート。レモン、ベルガモット、ビターオレンジのなかに、ローズマリーがふわりと漂います。肌の上で、海の塩気を再現するミドルノート。シーソルトとクラリセージのアコードが気だるげな熱帯の太陽と弾け、プルメリアの花が象徴的に香ります。深淵の神秘へと潜っていくベースノート。シダーとサンダルウッドが、アンバーグリスのミネラルな魅力と絡み合い独特な余韻を残します。

〈ボトル〉
透明なボトルを飲みこむ不透明な青き深淵。ボトルの明暗は香りのコントラストを反映しています。文字色は、座間味島のジャングルでアクセントとなっていた、トロピカルフラワーの大胆なレッドです。

DAY 4 5:17 PM
LʼEAU DʼISSEY PURE SHADE OF FLOWER
ロードゥ イッセイ ピュア シェード オブ フラワー オードトワレ

ロードゥ イッセイ ピュア シェード オブ フラワー オードトワレロードゥ イッセイ ピュア シェード オブ フラワー オードトワレ

数百年の樹齢を誇る木々や、からまるツタのなかに咲く座間味島の花ばなには、やわらかくも鮮やかな独特の輝きがあります。日が暮れていくにつれてどんどん繊細になっていくその魅力を表現した、太陽がいっぱいのウッディなフレグランス。「ロードゥ イッセイ ピュア」の可能性をさらに一歩押し広げています。

〈香りの特長〉
フローラル フルーティ
華やかなピンクに色づくトップノート。土の温かみを醸し出す芳醇なカシスをレモンエッセンスが高めています。
幻想的な花が開く、フルーティで官能的なミドルノート。ハイビスカスの花びらが刺激的に漂い繊細なフリージア、グルマンなラズベリーフラワーが香ります。ホワイトムスクの上に、サンダルウッドがうねるように漂うベースノート。恍惚するような余韻がより長く持続します。

〈ボトル〉
ボトルをしっかりと抱きしめる、楽園に開く1枚のピンクの花びら。フレグランスの名前は明るい未来を約束するような、雌しべのサフランカラーで印字しています。「このフューシャは、村に咲く花と、サイケデリックな珊瑚のあいだに生まれた子ども。自然の炎のようで、女性的で、幻想的。」
̶ メイ・フア

#イッセイミヤケパルファム

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 資生堂 >
  3. 2019年限定品サマーフレグランス「イッセイ ミヤケ シェード オブ パラダイス」発売