株式会社PitPa、 “マッサン”の孫とともにジャパニーズウイスキー100周年を記念したポッドキャスト番組『ジャパニーズウイスキー 竹鶴政孝の100年』を公開

株式会社PitPa(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石部達也)は、 ”マッサン” ことニッカウヰスキー株式会社創業者・竹鶴政孝の実孫である竹鶴孝太郎氏が制作総指揮・監修するポッドキャスト番組『ジャパニーズウイスキー 竹鶴政孝の100年』の制作を行い、各ポッドキャストプラットフォームにリリースいたしました。


株式会社PitPa(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石部達也)は、 ”マッサン” ことニッカウヰスキー株式会社創業者・竹鶴政孝の実孫である竹鶴孝太郎氏が制作総指揮・監修するポッドキャスト番組『ジャパニーズウイスキー 竹鶴政孝の100年』の制作を行い、各ポッドキャストプラットフォームにリリースいたしました。『ジャパニーズウイスキー 竹鶴政孝の100年』は、2023年のジャパニーズウイスキー100周年に先駆けて制作された、ジャパニーズウイスキーの歴史を振り返る番組です。
 


今やジャパニーズウイスキーは世界に誇る日本の文化になりつつあります。輸出額は年々右肩上がりになっており(※1)、拡大し続ける需要に供給が追いついていない状態も見られるほど、世界各国で愛されています。

ジャパニーズウイスキーの歴史は、1923年に山崎蒸溜所が稼働したところからスタートしました。2023年に、ジャパニーズウイスキーは100周年を迎えます。

(※1)国税庁 - 酒類の輸出動向 - 最近の日本産酒類の輸出動向について
https://www.nta.go.jp/taxes/sake/yushutsu/yushutsu_tokei/pdf/0021010-203.pdf
 
  • 世界に誇る “ジャパニーズウイスキー” を深く理解できる番組を公開

 

ジャパニーズウイスキー100周年にあたり、ニッカウヰスキー株式会社創業者・竹鶴政孝の実孫である竹鶴孝太郎氏制作総指揮・監修のもとPitPaが制作した『ジャパニーズウイスキー 竹鶴政孝の100年』は、実際の関係者の声と再現ドラマを交えながら、ジャパニーズウイスキーが世界的人気を獲得するに至った歴史を辿ります。

ジャパニーズウイスキーが出来上がるまでの歴史、海外で愛されるようになった理由、これからの展望などを解説しており、世界に誇る日本の文化であるジャパニーズウイスキーの概要を深く知ることが出来ます。

<エピソード概要>
・第一話 ジャパニーズウイスキーは、どうして生まれたのか?
日本で独自に作られたウイスキ―「ジャパニーズウイスキー」が誕生しておよそ100年、「ジャパニーズウイスキー」の生みの親ともいわれる竹鶴政孝、通称マッサンがジャパニーズウイスキーを作り始めるまでに、どのような苦悩があったのか。関係者への取材や再現ドラマを交えながら、その過程をひも解いていきます。
https://open.spotify.com/episode/5FkL65NtKVor8twD3U8WeV

・第二話 ジャパニーズウイスキーは、なぜ世界に愛される日本商品となったのか?
竹鶴政孝(マッサン)が、ジャパニーズウイスキーづくりに取り組みはじめてから、100年近くが経とうとしています。今、ジャパニーズウイスキーは、本場スコットランド人も唸る世界標準の味となりました。ではなぜ、これほどまでに世界で愛される商品となったのか。そこには、政孝を含む日本の醸造技師たちの信念と努力がありました。醸造技師たちの想いや歴史を関係者への取材や再現ドラマを交えながら、その軌跡を解説していきます。
https://open.spotify.com/episode/4Km6q9ZV8Nie8uItIeqOm5

・第三話 これからの100年、ジャパニーズウイスキーは、どんな夢を見るのか?
常に品薄状態が続き、プレミア価格がついているジャパニーズウイスキーの世界では近年、日本各地で少量生産の新しい蒸溜所が生まれてきています。これからもその期待に応えるべく、新たな進化を続けていくジャパニーズウイスキーはこの先どのようになっていくのでしょうか。マッサンこと竹鶴政孝は「ウイスキー会社の20〜30年というのは、子供みたいなもんだと。だからやっぱり100年とか200年とか経って初めて一人前なんだ」という話をしていたと、孫である竹鶴孝太郎氏は言います。政孝の想いも繋ぎながら続いていくこれからのジャパニーズウイスキーの歴史について、再現ドラマや孝太郎氏へのインタビューなどを交えて考察していきます。
https://open.spotify.com/episode/7s78wPT00Vb059LZb6y7DZ
 

  • 番組詳細

『ジャパニーズウイスキー 竹鶴政孝の100年』
制作総指揮・監修:竹鶴孝太郎
総合企画プロデュース:細金正隆
制作:株式会社PitPa
ナレーション:速水けんたろう
脚本:齋藤智子
演出:岡田寧
スペシャルサンクス:アサヒビール株式会社 佐藤一、ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ 福田恵夫
・全話無料配信
・URL:https://pitpa.jp/playlist/japanesewhisky
 

  • 株式会社PitPaについて


ポッドキャスト番組専門の制作会社であるPitPaでは、これまでに様々な企業や団体のオウンドポッドキャストを制作してまいりました。

今回の『ジャパニーズウイスキー 竹鶴政孝の100年』のような、再現ドラマと取材を織り交ぜたハイクオリティな番組も、プロの脚本家・制作ディレクターとともに制作することが可能です。さらに、独自のツールを活用したマーケティング支援により、多くの人に長く聞いてもらうことができるポッドキャスト番組制作をサポートします。

■企業のオウンドポッドキャスト制作依頼について
PitPaでは、企業のオウンドポッドキャストやブランデッドポッドキャストの制作もサポートしております。
https://blog.pitpa.jp/origin

■PitPa概要
会社名:株式会社PitPa(ピトパ)
本社:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコDGビル
代表取締役社長:石部 達也
https://pitpa.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社PitPa >
  3. 株式会社PitPa、 “マッサン”の孫とともにジャパニーズウイスキー100周年を記念したポッドキャスト番組『ジャパニーズウイスキー 竹鶴政孝の100年』を公開