primeNumber(プライムナンバー)、データ統合自動化サービス「trocco®」に企業のデータ分析でニーズが高まる「データリネージ機能」を追加

 株式会社primeNumber(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO 田邊 雄樹)は、データ統合自動化サービス「trocco®(トロッコ)」に、新機能として「メタデータ管理機能」の第一弾となる「データリネージ機能」を追加致しました。
データリネージ機能画面イメージ

 
  • 「trocco®」の「データリネージ機能」とは

 「trocco®」は、ユーザーの持つ膨大かつさまざまな種類のデータを、自動で企業のデータ基盤へ統合するクラウド型サービスです。企業はこれらのデータを分析することで、自社のビジネス成長に繋げることができます。
 「メタデータ」とは、データの意味・状態・依存関係といったデータに付随する情報のことです。分析者がデータを理解したり、素早く正確に分析するためには「メタデータ管理」が非常に重要で、企業が活用したいデータ量が爆発的に増えると共に注目を集めています。
 今回は、「trocco®」にデータ同士の依存関係を可視化する「データリネージ機能」を新たに追加しました。本機能によりデータエンジニアは、障害発生時に影響範囲を迅速に確認したり、分析基盤の全体像を簡単に把握・共有したりすることができます。

 
  • 「データリネージ機能」追加の背景

 「trocco®」は、データ統合を行う際に、「メタデータ」を含む様々なデータへの接続を行うため、「メタデータ」にアクセスして管理しやすい特性を持っています。また、「メタデータ管理」には注目が集まる一方、支援サービスがほとんどなく、多くの企業は未だに手作業で管理を行っています。こうしたなか、多くの要望を受け「メタデータ管理機能」の第一弾として「データリネージ機能」を追加致しました。今回の機能追加により、「trocco®」の管理画面上で簡単にデータ同士の依存関係を把握・管理できるようになります。
 「データリネージ機能」を筆頭に、今後も「メタデータ管理機能」を追加することで、primeNumberはエンジニアの作業工数を創出し、より戦略的な業務に集中できるよう支援して参ります。

 
  • 「データリネージ機能」2つの特徴

1:フィルタができる
 データセット名、テーブル名などでフィルタリングし、必要なデータリネージ(データ処理の経路)のみを取り出し、見やすくします。


2:ハイライト機能
 データの処理方法が「追記(既に登録されているデータに加え、新規データを追記する)」か「洗い替え(既に登録されているデータを全削除の上、新規データに洗い替える)」かをハイライトで判別します。これにより、元データが破損した際にも、元データのみを修正すれば良いのか、元データと追記先データの双方を修正する必要があるのか瞬時に確認できます。


 今後はデータ転送量の大小を矢印の幅で表現するといった機能追加も予定しております。不必要な転送が行われていないか等を確認し、コストカットにお役立ていただくことができます。

 
  • 既存ユーザーからの先行フィードバック

 既にtrocco®をご利用中のお客様には本機能についてご紹介を始めており、下記のようなフィードバックを頂いています。

・障害発生時、影響範囲の特定を行うのに非常に役立つ。最近発生した障害の時には、影響範囲の確認作業に大きな時間を費やしたが、データリネージ機能があればほとんど時間をかけずに確認や影響報告の作業が終了していただろう。
・データリネージ機能を通じて、依存関係のないワークフロー(データ統合の工程)を特定し、切り分けることも可能。ワークフローの設計見直しが視覚的に行える。
・今後追加されるデータ転送量を可視化する機能で、コストカットも期待できる。

 こうしたユーザーのフィードバックを受けながら、様々な改善を積み上げていく次第です。

 
  • 「メタデータ管理機能」 今後の展望

 今後は下記のような「メタデータ管理機能」の追加を予定しています。

・各種データソースから、テクニカルなメタデータ(フィールドの日本語表記名や説明、制約情報など)を自動収集し、Google Cloud Data Catalogなどのメタデータレポジトリ(保管庫)に統合する機能
・ビジネスメタデータ(売上が税込みか税抜きかといった、ビジネスルールに関わるメタデータ)を入力・管理しやすい画面の追加
・ビジネスメタデータが更新されていない場合のサジェスト・アラート機能

 
  • 参考:データ統合自動化サービス「trocco®」とは

 顧客が活用したいデータは、大容量で形式も様々、かつ複数の場所に散らばっています。そのままの状態ではデータをビジネスに活用することは難しく、まずはDWHと呼ばれる保管庫にデータを統合し、その後、帳票やBI等の可視化ツールと連携してグラフ等の見やすい形に変える必要があります。
 従来は、このプロセスをエンジニアが手作業で行っていましたが、trocco®はサービス上で自動化することができます。エンジニアの作業工数を削減することで、エンジニアがより戦略的な業務に集中することを支援します。
 URL:https://bit.ly/troccolpdatalineage20210720

 
  • 株式会社primeNumber 会社概要

 我々は、「あらゆるデータを、ビジネスの力に変える。」データテクノロジーカンパニーです。データが爆発的に増えていく時代に、誰もがすばやく、簡単にデータを使える環境を構築し、データ活用までのプロセスを最適化。高度なテクノロジーと独自のアイデアで、世界中のビジネスを支援します。

<会社名>
株式会社primeNumber(英文名:primeNumber Inc.)
<代表>
代表取締役CEO 田邊 雄樹
<設立>
2015年11月
<オフィス>
東京都目黒区下目黒2-20-28 東信目黒ビル7F
<企業サイト>
https://primenumber.co.jp/
<事業内容>
汎用型データエンジニアリングPaaS 「systemN ™」の開発・運営
データ統合自動化サービス「troccoⓇ」の開発・運営
データ活用伴走支援型ソリューション

 
  • 本リリースお問い合わせ先

株式会社primeNumber
コーポレートコミュニケーション室 広報担当 村島夏美
e-mail:pr@primenumber.co.jp

 
  • trocco®お問い合わせ先

https://bit.ly/troccoinquirydatalinage20210720

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社primeNumber >
  3. primeNumber(プライムナンバー)、データ統合自動化サービス「trocco®」に企業のデータ分析でニーズが高まる「データリネージ機能」を追加