「第46回ゆうちょアイデア貯金箱コンクール」募集開始

今年から個人単位での応募も開始!約半世紀つづく日本最大規模の工作物コンクール

全国の小学生を対象に、創造力あふれるアイデア貯金箱を募集!
■学校応募期間: 2021年8月20日(金)〜 9月30日(木)  19:00まで
■個人応募期間: 2021年8月 2日(月)~ 9月20日(月・祝)19:00まで
 株式会社ゆうちょ銀行(東京都千代田区大手町2-3-1、取締役兼代表執行役社長 池田 憲人)では、「第46回ゆうちょアイデア貯金箱コンクール」を今年も開催いたします。

 本コンクールは1975年から40年以上にわたって小学校における工作課題の定番として親しまれ、貯金箱の作製を通じて、子どもたちの造形的な創造力を伸ばすとともに、貯蓄に対する関心を持っていただくことを目的としています。

*公式ホームページ: https://www.idea-chokinbako.jp/

 

●家庭教育において夏休みの工作課題は最適!
 近年、子どもたちは液晶画面上で電子的な情報と触れ合う事が多い中、本コンクールはさまざまな材料を使い、自由な発想を自らの手で「カタチ」にする、想像力や創造力、思考力を自ら育む絶好の機会といえます。
「ものづくり」を通じて、子どもの主体性を伸ばし、自己肯定感を高めることにもつながっていきます。

●今年から新たに加わる個人応募!
 これまでの応募は学校からのみでしたが、今年から新たにご家庭から直接応募いただける個人応募が可能となります。

●募集作品は子ども目線での世相が反映!
 作品には子どもたちの目から見た世相が反映され、昨年は、新型コロナウイルスを題材にした作品が多く寄せられました。

                    昨年度入賞作品例 

         「コロナをやっつけるぞ」             「うがい君」

    「ソーシャルディスタンスちょきんばこ」            「除菌箱」

                     【 コンクール概要 】
■応募について
*応募期間 【学校応募】 2021年8月20日(金)〜 9月30日(木) 19:00まで
             ※郵送による応募は当日消印有効

      【個人応募】 2021年8月2日(月)~9月20日(月・祝)19:00まで

*応募方法 【学校応募】 学校の先生を通じて、第46回ゆうちょアイデア貯金箱コンクール
             専用ホームページまたは郵送により応募。
             1校につき各学年2作品まで、合計12作品の応募が可能です。
             ※特別支援学級からの応募がある学校は、12作品に加えて2作品の応募が可能です。

      【個人応募】 貯金箱コンクール専用ホームページの個人応募ページから応募。
             ※郵送での応募はできません。

*参加資格  全国の小学生(応募は学校単位)
       ※義務教育学校の場合は、小学校1年生から6年生に該当する児童までが参加の対象です。

*参加方法・作品について
 ・材料は自由ですが、壊れやすいもの、腐るものは避けて、持ち運びができるもの。

 ・作品の大きさは、一辺の長さを25cm以内。

 

 ・1人1点。 作品には個人の名前・写真等を記載しないでください。
 ・本人の創作によるもの。(保護者の過度な補助は認めておりません)
 ・最近の創作で、他のコンクール等に未発表のもの。
 ・作製者以外の人の著作物等を利用した作品は、
  著作権者等の許諾を得られた場合以外、審査対象外。

*問い合わせ先
 第46回ゆうちょアイデア貯金箱コンクール事務局
 ■TEL:0120-296-285(通話料無料) ■受付時間 平日10:00~18:00

■入賞作品・賞について

                          ※学校応募と個人応募の参加賞は異なります。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ゆうちょ銀行 >
  3. 「第46回ゆうちょアイデア貯金箱コンクール」募集開始