ノートPC制御による「8K映像編集PCシステム」を発表~モビリティとパフォーマンスを両立し8K映像編集のワークフローを効率化~

 

 当社は、「コンピューティングとサービスを通じて世界を変える」という企業ビジョンを掲げ、「人に寄り添う、社会を支える、真のコンピューティング」と、「ユーザーを起点に考えた新しい付加価値・サービス」を追求しています。
 そこで当社は、映像編集者やクリエイターでYouTube(※注1)などに掲載する動画を作成する方々に向けて、ポータビリティとパフォーマンスの高さを両立させた「8K映像編集PCシステム」を投入し、本日2020年8月19日から受注を開始します。本システムは、ノートPCで培った高密度実装技術や高画質化技術を駆使し、Thunderbolt ™3で接続したデスクトップ用の高速グラフィック機能を制御することで、8K動画の取り込み、編集、書き出しが可能となるシステムです。これにより、ノートPCと外付けGPU BOXによるポータブルな編集システムながらも、8Kコンテンツの録画機能を有するスマートフォンやビデオカメラなどで撮影した映像を快適に高速で処理できるほか、必要に応じて、本システムを持ち運び、外出先の現場での作業なども可能とします。
 当社は、機動力のある本システムを商品化することにより、シャープグループの掲げる8Kエコシステム(※注2)の編集セグメントを担うとともに、8Kワールドの拡大を一層推進してまいります。

■システム構成

 「8K映像編集PCシステム」は、当社の高密度実装技術を駆使した、軽量・薄型モバイルノートPC(dynabook Z95)と、外付けGPU BOXにより構成されます。さらに、NVIDIA®と親和性の高い、Adobe Premiere Pro(※注3)ソフトをオプションとして購入可能です。
 本体は、単体としても4K対応ノートPCで、場所を選ばず気軽に持ち運ぶことができ、Thunderbolt™3で、外付けGPU BOXとつなぐことで、8K映像編集の高速化が手軽に可能となります(※注4)。
 すでに8K対応のTV又はモニター機器をお持ちであれば、NVIDIA®Quadro RTX™4000搭載GPU BOX と接続して8K出力まで可能となります。(※注5)

■場所を選ばず負荷の高い8K映像の編集を可能にする新しいコンセプト

 dynabook Z95は15.6型大画面ながら約1.425kgの軽量スリムボディで持ち運びが可能。撮影したその場で大画面上での確認や、移動中にカット編集などを行うこともできます。オフィスや自宅ではパワフルなNVIDIA®Quadro RTX™4000搭載GPU BOXとつなぐと、グラフィック性能を必要とする高度な編集や8K映像のエンコード処理を高速に行えます。GPU BOXは約4kgなので、急ぎのシーンではスタジオなどに持ち運んで作業することもできます。高画質な動画コンテンツを大量に制作することを求められる中、移動中はノートPCで作業し、事務所に戻れば、パワフルなGPU BOXにつなぐなど、新しいコンセプトで自由な利便性を実現。いつでもどこでも作業できるノートPCなら、8K映像編集のワークフローを大幅に向上させます。

■15.6型4Kパネル搭載、制御・編集用ノートPC dynabook Z95
 フルHDの4倍にあたる3,840×2,160ドットの高精細4Kディスプレイを搭載。シャープ製IGZO(※注6)を採用し、高輝度・高色純度・広色域かつ低消費電力を実現します。細部まで繊細に描写し、奥行きのある色鮮やかな映像を映し出します。さらに、表示領域も広いので、動画編集作業もスムーズです。

■ノートPCで8K映像編集を可能にする外付けGPU BOX

 

 付属のThunderbolt™3ケーブル1本でdynabook Z95と接続するだけで高いグラフィック性能を発揮できる外付けGPU BOXです。ご自宅やオフィスでの編集作業はもちろん、軽さ約4kgなので、撮影現場やスタジオに持ち込んで撮影後すぐに編集作業を行えます。また、8K対応のTV又はモニター機器があれば、外付けGPU BOXと接続し8K(※注5・7)や4K映像を表示させることも可能です。

■NVIDIA®+オプション別売のAdobe Premiere Pro(※注3)で動画編集が高速化(※注8)
 外付けGPU BOXは「Turing GPUアーキテクチャ」と次世代の超高速「GDDR6メモリ」を採用したハイエンドグラフィックカード「NVIDIA®Quadro RTX™4000」を搭載し、超高解像度の8K映像の編集が可能。レンダリングの処理時間が短縮され、効率的に作業が行えます。
 なお、8K映像編集向けのNVIDIA®Quadro RTX™4000の他に、4K映像編集やゲーム向けのGeForce モデルなど、ラインアップの拡充を今後も計画し、さらに活用の幅を広げていきます。

当社は今後とも8Kワールドを推進していまいります。

詳細は以下をご参照下さい。
https://dynabook.com/business/contents/8k-video-editing-system/index.html

※注1:YouTube( ユーチューブ ) は、 Google LLCが提供する世界最大の動画共有サービス。
※注2:シャープは「8K+5Gエコシステム」を掲げ、シャープだけではなく他の企業の方々とも協力し、お互いの持つ強みを組み合わせて8Kを発展・普及させていく戦略をさします。映像の作成、加工から、配信、表示までの一連のバリューチェーンを様々なパートナーと共に構築し、放送分野のみならず、医療やセキュリティ、検査システム、インフラ保守など様々な分野で大きなイノベーションの実現を目指します。
※注3:プロ向けの最先端、高機能動画編集アプリAdobe Premiere Proを合わせてご購入いただけます。
※注4:すべての8K撮影機器で撮影された動画の編集ができるわけではありません。シャープ製スマートフォン AQUOS R5Gで撮影した8K 30fpsの動画で動作確認しています。
※注5:GPU BOXと8K対応のテレビや外部ディスプレイとの接続には、別売のHDMI®ケーブル4本、HDMI®変換アダプター(ディスプレイポート用 3本、USB Type-C™ コネクタ用 1本)が必要となります。
※注6:IGZO液晶ディスプレイは、シャープ株式会社と株式会社半導体エネルギー研究所との共同開発により量産化したものです。
※注7:NVIDIA® Quadro RTX™4000が必要、HDMI2.0 x 4本接続での8K表示が可能な表示機器との接続が可能です。
※注8:データ提供:NVIDIA®ノート PC: NVIDIA® は 2020 年 2 月、16GB RAM、Intel® Core™ i7-10750H CPU、Cometlake 統合グラフィックス装備のノート PCでパフォーマンス テストを実施しました。NVIDIA® ドライバー 441.66、Windows 1903。Adobe Premiere Pro 2020 のパフォーマンスは、Lumetri カラーとさまざまな GPU 対応エフェクトを有効にした状態で、1080p および 4K ビデオのクリップ フレームレートと長さで標準化した再生およびレンダリングの FPS で計測されます。

※Intel、インテル、Intel ロゴ、Celeron、Intel Core、Intel Insideロゴ、Intel Optane、Thunderboltは、アメリカ合衆国および / またはその他の国におけるIntel Corporation またはその子会社の商標です。
※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※NVIDIA、NVIDIA Quadro、Quadro、Quadro RTXは、米国および/または他国のNVIDIA Corporation の商標および/または登録商標です。
※HDMIは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc.の商標または登録商標です。
※Adobe、Adobe Premiere、Adobe Premiere Proは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。
※その他の本稿に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Dynabook株式会社 >
  3. ノートPC制御による「8K映像編集PCシステム」を発表~モビリティとパフォーマンスを両立し8K映像編集のワークフローを効率化~