【兵庫県県初】IoTを活用した「無人内見システム」、昭和住宅グループが兵庫県初導入

~スマートロックを活用した「無人内見システム」をモデルハウス・分譲住宅に兵庫県初導入~

ショウタイム24株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:市川 達也)は、IoTを活用した不動産案内システム「無人内見システム」を兵庫県で新築住宅の建築販売を行う、昭和住宅株式会社(本社:兵庫県加古川市 代表取締役社長:湖中 正泰)の新築戸建てに採用され、導入されることをお知らせいたします。新築戸建てへの同サービス導入は、兵庫県では初となります。


【企業理念】
昭和住宅に関わる全ての人々のそれぞれの幸せをそれぞれの方法で全員で真剣に向き合います。私たちの考え方はお客様の住まいづくりではなくお客様それぞれの「幸せづくり」だと考えております。私たちはこれからも、それぞれの幸せを“カタチ”にしていきます。


【分譲住宅】
創業時から昭和住宅の事業の根幹をなしてきた分譲住宅事業。その底流には「住む人が誇りに思う家づくり」というポリシーが脈々と流れ、常に「人に優しく強い」家を目指してきました。昭和住宅では「この家に住んで良かった」だけでなく「この街で暮らして良かった」と言っていただけるよう、美しい街並みづくりから取り組み、自社一貫施工と万全のアフターサービスで永く愛され続ける住まいをお届けしています。


【導入の背景と目的】
これまで、新築戸建ての購入をしようとすると、物件の内見のスケジュールを調整したり、不動産会社との連絡のやりとりをしたりと、購入検討者には多くの時間と手間がかかっていました。
また、新型コロナ感染症対策を背景に、不動産販売の現場においても非対面・非接触が求められる中では、物件への案内や内見が難しい状況も多くありました。
「無人内見システム」を活用することで、こだわり抜いて建てた新築戸建てを無人にし、土日・平日を問わずいつでも気軽に内見して頂くことが可能です。
また事業拡大において、人員の問題であったり、遠方の物件への案内の対応などの問題解決になります。


【無人内見システムの概要】
IoT機器を活用することで、無人の物件でも安心・安全に内見を行っていただくことができるシステムです。導入いただく不動産会社にとっては省人化やコスト削減に繋がり、ユーザーにとっては自由に気兼ねのない内見で自由に住まい探しが可能です。
WEB上で、ご希望の物件、ご希望の時間に「内見」の予約を入れます。予約した日時に直接現地を訪問、スマートフォンに表示される開錠ボタンをタップし、物件ドアのスマートロックを開錠するといった非対面で内見できるシステム。

ショウタイム24株式会社
【代表者】代表取締役社長 市川達也
【本社】東京都港区南青山1丁目15-40
【主な事業内容】ソフトウェア開発・無人内見システム・LEASE24・MUJIN24ポータルサイト運営
【資本金】3,000万円
【設立】2018年5月
【Tel】03‐6812‐9680
【URL】https://www.showtime24.co.jp



昭和住宅株式会社
【代表者】代表取締役社長 湖中正泰
【本社】兵庫県加古川市平岡町新在家117
【主な事業内容】分譲・注文住宅、分譲・賃貸マンション、アパート、ビルの企画・設計・施工・販売、不動産の売買、賃貸、仲介及び管理業務、リフォーム、リノベーション、リゾート開発、宿泊施設の管理業務、外食事業、教育事業 他
【資本金】2億円
【設立】1957年11月
【Tel】079‐423-0050
【URL】https://www.showa-jutaku.co.jp/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ショウタイム24株式会社 >
  3. 【兵庫県県初】IoTを活用した「無人内見システム」、昭和住宅グループが兵庫県初導入