【コロナ対策の#StayHomeを副業のきっかけに!】副業で"人生の選択肢"を増やすためのヒントをお届け!働き方改革メディア『副業新聞Vol.11』を発刊!

日本初の副業の専門学校として、副業情報を提供する株式会社レベクリ(代表取締役 小林 昌裕、本社:東京都中央区、以下:レベクリ)は、2020年4月21日(火)に『副業新聞』vol.11を発刊いたします。

 


本号では、
感染拡大が止まらない新型コロナウイルスによる労働者への影響について様々な角度から解説。また、2019年より施行開始された「働き方改革関連法」によって副業が少しずつ広まってきた日本と他国を「副業人口」という観点から比較しています。

無料定期配信希望の方はこちら
https://fukugyou-academy.com/sidejob-newspaper/



………HeadLine………
 


▽コロナウイルス感染拡大!生活守るための「副業解禁」も
全都道府県が対象となった緊急事態宣言。多くの企業に影響が出ており、特にホテルや旅行会社などは大変苦しい状況です。こういった状況下で、社員の生活を守るため「副業解禁」に踏み切る企業も。「コロナ不況」は、個々がこれからの働き方を考えるきっかけにもなるのではないでしょうか。

▽日本と海外の副業事情
2019年の「働き方改革関連法」施行により副業に対する社会の考え方が変わってきていますが、日本の副業人口はたったの10%にすぎません。海外での副業人口はどれほどのものなのか、3つの国の副業事情と比較しました。

▽仕事を楽しく「趣味起業」
趣味起業コンサルタントの戸田さんに、気になる「趣味起業」についてインタビューしました。趣味起業と言うとハンドメイド作品を売るようなイメージがありますが、商品を販売する以外にも驚くような趣味起業が。

………………………
 

 

 

≪なぜ今、あえて新聞なのか?≫

終身雇用が崩壊を迎え、日本が産んだ年功序列型企業の生産性が危ぶまれる中、古きよき紙媒体としての"新聞"という形にあえて回帰することで、情報は"顔のわかる誰か"から手渡しで伝わり、幅広い層に配ってもらうことを目的としています。

ご自由に印刷して、配布や設置などして頂けますと大変幸いです。
 
  • <vol.11内容> 

 



①「コロナによる副業解禁!?」
コロナの影響で休業に追い込まれた企業が、社員の生活のために「副業解禁」を決断。
 

②「海外と比べた日本の副業人口」
まだまだ副業黎明期の日本。海外には副業人口が50%を超える国も。
 

③「楽しく稼ぐ”趣味起業”」
起きている時間の大半は仕事の時間。もしその時間を「楽しく」することが出来たら...

 

無料定期配信希望の方はこちら
https://fukugyou-academy.com/sidejob-newspaper/

 

  • 取材依頼大募集!

 

副業新聞では掲載してほしいイベント、サービス、キャンペーンなどを大募集!
副業や働き方改革に伴う話題提供が可能という方は、是非ご連絡ください。


【媒体情報】
媒体名:『副業新聞』
発行元:株式会社レベクリ
発行者:小林 昌裕
編集人:髙崎 友貴
購読料:無料
発行日:2020年4月21日

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 レベクリ >
  3. 【コロナ対策の#StayHomeを副業のきっかけに!】副業で"人生の選択肢"を増やすためのヒントをお届け!働き方改革メディア『副業新聞Vol.11』を発刊!