大学の文化系サークルと介護施設を「レク」でマッチング 〜「スケッター」と学生団体「Inter-Fair」が協業〜

〜ダンス、音楽、演劇、お笑いサークルなど趣味を通じて福祉と関わる〜

介護福祉特化のお手伝いプラットフォーム「スケッター」を運営する株式会社プラスロボは6月5日から、福祉系学生団体「Inter-Fair」と連携し大学の文化系サークルと介護施設をレク分野でマッチングする事業を開始する。

学生団体「Inter-Fair」学生団体「Inter-Fair」


ダンスサークル、音楽サークル、お笑いサークルといった文化系サークルの発表の場として介護施設の空間を活用することで、レクリエーションの提供や多世代交流につなげる考え。趣味や特技を生かしたレク提供を通じて、福祉の世界に関わる機会を創出する。
6月5日から「スケッター」プラットフォーム上で、介護施設が学生レクの受け入れを開始し、各大学サークルや個人がエントリーする。

学生の事前エントリーはこちら▼
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdxDSPH3D54yYewDcdpmizivG-QH6T2cze6wBEWwQkNuJbATA/viewform?usp=pp_url
 

 

スケッターについて

「スケッター」は、介護福祉領域に関わる人(関係人口)を増やすことを目的に、2019年にリリースされた隙間時間のお手伝いプラットフォーム。未経験者や資格のない方でも自分のできること(身体介助以外)で福祉に関われるのが特徴の体験型シェアリングエコノミー。登録者約3000人のうち7割近くがこれまで介護福祉領域に関わったことのない異業種で、あらゆる業界からの参加者を増やし続けている。

学生や20〜30代の登録者が多く、「関心はあるけど、関わるきっかけや手段がなかった」関心層を惹きつけており、異業種からの転職も数多く誕生。定額でシステムを利用でき、紹介手数料が一切発生しない点も事業所メリットの1つとなっている。


また、5月から首都圏の各大学の福祉学科との連携が始まり、450名を超える福祉学生がスケッターに登録する見込み。お手伝いの体験を通じて「自分に合う職場探し」として福祉系の授業での連携が加速している。

「スケッター」▼
https://www.sketter.jp/about/
 



学生団体Inter-Fairについて

学生団体Inter-Fairは、「一人一人の心に寄り添う」をコンセプトに、高齢者支援と障がい者支援を中心として、毎月手話のイベントやスポーツイベントなどを主催しています。障がいの有無に関係なく、「違いを面白い」と捉えられる全ての人に平等な「居場所作り」をする福祉系の学生団体です。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プラスロボ >
  3. 大学の文化系サークルと介護施設を「レク」でマッチング 〜「スケッター」と学生団体「Inter-Fair」が協業〜