スピードワゴン小沢さんが驚いた「あまひや」なレシピとは?キシリクリスタルを使った“オリジナル料理”を初公開 食後のキシリが最も合う料理も決定!

「キシリクリスタルこのままで委員会⁉」WEBムービー「あなたの、私の、小沢のキシリ飯」12月22日より公開

 春日井製菓株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:春日井大介)は、キシリクリスタル発売20周年を機に、その魅力を再発掘する「キシリクリスタルこのままで委員会⁉」を発足し、特設サイトにてWEBムービーを公開しております。第7話となる今回は、初公開となる「キシリクリスタルを使ったオリジナル料理」が登場するほか、委員長であるスピードワゴンの小沢さんと春日井製菓の社員が、キシリクリスタルに最も合う料理を検証しました。


 2021年で20周年を迎える『キシリクリスタル』の魅力を改めて発掘し、幅広く伝えていくため発足された、「キシリクリスタルこのままで委員会⁉」。委員長にお笑いコンビ スピードワゴン・小沢一敬さんを迎え、これまでの6話で「キシリクリスタル徹底討論」「キシリクリスタル工場潜入」「あまひやな一句を作ろう」など、キシリクリスタルの魅力を再発見してきました。

 新たに公開となる第7話のテーマは「あなたの、私の、小沢のキシリ飯」。小沢さんと春日井製菓の社員によるキシリクリスタルに最も合う料理の検証にとどまらず、「キシリクリスタルを使ったオリジナル料理」も登場します。料理を作る工程では、キシリクリスタルを砕くために“かなづち”を使用する場面も。小沢さんは「料理作るんですよ?」驚きつつも「決められた道を進むことが正しい道なんでしょうか…」「人生にナビなんていらないですもんね」と名言が続々と飛び出しました。キシリクリスタルを使ったシェイクが完成し試食をした際には、「おいしい!さわやかなひんやり感すごい!」と大満足の様子。キシリクリスタルの新たな魅力が明らかになる内容となりました。

■WEB ムービー「キシリクリスタルこのままで委員会⁉」6・7話の概要
配信媒体:「キシリクリスタルこのままで委員会⁉」特設サイト、公式YouTubeチャンネル、公式Twitter特設サイトURL:https://xylicrystal.kasugai.co.jp/ 

■WEB ムービー「キシリクリスタルこのままで委員会⁉」6・7話のあらすじ
・第6話「#06 「あまひや」な一句、みんなで作ってみよう〜!」
 URL:https://youtu.be/VYq2FvLi02s
第6話では、小沢委員長と春日井製菓の社員で、「キシリクリスタル俳句コンテスト」に挑戦! キシリクリスタルのパッケージに選ばれるべく、委員会のメンバーで 「あまひや」な一句を考えました。
小沢委員長は自身の俳句を「あるものを傷つけない様に取り出しているだけ」と表現し、「冬の朝 キシリと道を 踏みて行く」という作品を発表。「通勤や通学がおっくうになる冬の朝、キシリクリスタルで気分を入れ替えてリフレッシュしてほしい」という思いと、「冬の朝の凍った道を踏みしめる」ことを表現し、「日々はつらいけれど、気持ちの持ち様でまっすぐ進めるんじゃないか」という気持ちを詠いました。さらに、自身の好きな野球に関する一句も披露。最後には「予想していた以上に皆さんの俳句が素晴らしかったです!」と参加者を称えました。



・第7話「#07 あなたの、私の、小沢のキシリ飯」
 URL: https://youtu.be/9yhOYHJBmjs
第7話となる今回では、小沢さんと春日井製菓の社員で「キシリ飯」を調査。地元の味噌煮込みうどんやピリ辛な麻婆豆腐などを食べた後にキシリクリスタルを舐め、一番マッチする料理を検証します。また、「キシリクリスタルを使ったオリジナル料理」も初登場。料理を作る工程では、キシリクリスタルを砕くために“かなづち”を使用する場面も。小沢さんは「料理作るんですよ?」驚きつつも「決められた道を進むことが正しい道なんでしょうか…」「人生にナビなんていらないですもんね」など、名言が続々と飛び出しました。キシリクリスタルを使ったシェイクが完成し試食をした際には、「おいしい!さわやかなひんやり感すごい!」と大満足の様子。キシリクリスタルの新たな魅力が明らかになる内容となりました。



■スピードワゴン・小沢一敬さん インタビュー
「小沢さんの“あまひや”な思い出を聞かせてください!」
 上京したばかりのころ。僕、愛知県の出身で25歳くらいの時に東京に上京して、東京で初めて彼女ができて。その彼女と初めて湘南の海にデートに行った日の話なんですけど、初めてのデートで、僕は湘南の海の岩場に座っていて、彼女が波と追いかけっこしてた。すごいかわいらしい甘い感じでしょ?で、僕は女の子に話かけるの。「これからもまたこうやって海来ようよ~!」って。甘いでしょ?そしたら女の子が、普通だったら「また誘って~!」っていうじゃん?その女の子はそうじゃなくて、いきなり海に向かって「いいとも~~!」って言ったの。ヒヤッとしたね。こっちも、どうしていいかわかんないから、その子がダンスのインストラクターをやってるって言うから、「なぁ!踊ってよー!」って言ったの。まあこれもヒヤッが続くでしょ?そしたら彼女が、「一人じゃ踊れないよー!」って言うから、俺、岩場からジャンプして「一緒に踊っていただけますか?」って。だから今のところ、「あま・ひや・ひや・ひや・ひや」なエピソード。これが僕の、「あまひやひやひやひや」です。

■「キシリクリスタルこのままで委員会⁉」とは

 2021年で20周年を迎える、3層構造で最後までひんやり感を味わえるのど飴「キシリクリスタル」は、2001年の発売以来長らく愛され続けてきました。しかし、ブランドの歴史を重ねる中で、「キシリクリスタルの味をお客様は忘れつつあるかもしれない」という不安や危機感を徐々に抱き始めました。
 そうした背景の中、言葉の魔術師として数々の名言を残すスピードワゴン・小沢一敬さんを委員長に迎え、「キシリクリスタルこのままで委員会⁉」が発足。小沢委員長と春日井製菓の社員との白熱する討論や、キシリクリスタルの秘密が覗ける工場見学などを実施しています。キシリクリスタル担当社員らが抱く「味の伝え方」や「これからの愛され方」といった様々な課題を、小沢委員長があま~いアドバイスなどを交えながら一つひとつ解決へ導き、本商品の魅力を改めて発掘していきます。


■キシリクリスタルこのままで委員会⁉ 参加者プロフィール
●スピードワゴン・小沢一敬さん

 愛知県出身。ホリプロコム所属。スピードワゴンのボケ担当。愛称は「オザ」「セカイノオザワ」。特技である言葉遊びや甘い言葉が人気でテレビに関わらず多方面にて活躍中。また、最近ではYouTubeチャンネル「オザワ倶楽部」を開設し、小沢の遊び場と題して、音楽・小説・漫画・プロ野球などについて語るのが人気を集めている。
Twitter:https://twitter.com/ozwspw
YouTubeチャンネル:
https://www.youtube.com/channel/UCobq8FTmlbctw88uB2NCJ6w

●俳人・夏井いつき

 昭和32年生まれ。松山市在住。8年間の中学校国語教諭の後、俳人へ転身。「第8回俳壇賞」受賞。俳句集団「いつき組」組長。創作活動に加え、俳句の授業「句会ライブ」、「俳句甲子園」の創設にも携わるなど幅広く活動中。TBS系「プレバト!!」俳句コーナー出演などテレビラジオでも活躍。
『おウチ de 俳句(朝日出版社)』、『俳句ことはじめ』(ナツメ社)
『2021年版365日季語手帖』(レゾンクリエイト)など著書多数。


■キシリクリスタルこのままで委員会⁉メンバー募集中!
 キシリクリスタルこのままで委員会⁉では、一緒にキシリクリスタルの未来を考えてくれるメンバーを一般募集します。春日井製菓の社員と一緒に魅力の伝え方や、これからのキシリクリスタルについて一緒に考えてみませんか。2022年1月より募集を開始いたします。委員会メンバーに選ばれた方には素敵な特典も用意。詳しくは特設サイト( https://xylicrystal.kasugai.co.jp/ )にて順次情報掲載いたします。
※スピードワゴン小沢さん、夏井先生は参加いたしません。

■キシリクリスタルについて
 2001年に誕生し、3層構造で最後までひんやり感が続くおいしさでたくさんの方にご愛顧いただいた、“ひんやりおいしいのど飴”。2018年から春日井製菓傘下のブランドとなりました。定番のミルクミント味とフルーツアソートの他に、今年の冬はいちごミルク味とリプトン紅茶味が仲間入りしています。

■春日井製菓について
 1928年に愛知県名古屋市で創業し、現在はキャンディ、グミ、ラムネ、こんぺいとう、豆菓子など幅広い年齢層に支持される菓子を手掛ける菓子メーカー。1984年に発売したキャンディ「ミルクの国」では、それまで主流だった“ひねり包装”ではなく、一粒ずつ封緘されたピロー型個包装を菓子業界で初めて世に送り出し、そのおいしさと高い安全性で大ヒットに。商品アイデアや業務改善など、年齢や部署を超えて全員が主体的に参加できる制度やワークスタイルを採っています。

【キシリクリスタル 商品情報】
・ミルクミントのど飴

3層だから、ひんやーり、長持ち!リフレッシュ!キシリトールをキャンディでサンドすることで最初から最後まで冷涼感が味わえるリフレッシュサンドキャンディです。
ミルクとミントのすっきりとしたおいしさを楽しめます。



・フルーツアソートのど飴

夢見る気分になれるフルーツアソート。キラキラと気持ちが上がる、ゴールデントリオのフルーツ(巨峰、白桃、青リンゴ)を使用したノンシュガーキャンディです。リニューアルしたパッケージでは、フルーツのバラエティ感とジューシーなシズル感を表現しています。



・いちごミルク

心弾む気分になれるいちごミルク。キシリトールのひんやり感が楽しめるノンシュガーキャンディです。
ミルク層には北海道産生クリーム、いちご層には甘酸っぱいさちのか果汁を使用しています。



・リプトン紅茶のど飴

キシリクリスタルとリプトンがコラボ!リプトンの紅茶のおいしさが楽しめるノンシュガーのど飴です。
茶ポリフェノールパウダーが2倍になりました。



※2021年12月現在販売中商品となります。時期によって販売商品は異なります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 春日井製菓株式会社 >
  3. スピードワゴン小沢さんが驚いた「あまひや」なレシピとは?キシリクリスタルを使った“オリジナル料理”を初公開 食後のキシリが最も合う料理も決定!