ユニバーサルロボットが協働ロボットの累積販売数50,000台を達成

ドイツのVEMA GmbHに50,000台目の製品を納入、前例のない販売台数を記録

Universal Robots  (本社:デンマーク、オーデンセ、社長:ユルゲン・フォン・ホーレン、以下「UR」)は、本日、累計50,000台目となる協働ロボットをドイツのクラウヘンヴィース-ゲッギンゲンにあるVEMA technische Kunststoffteile GmbH(以下「VEMA GmbH」)に納品したことを発表しました。

VEMA technische Kunststoffteile GmbHに納品された50,000台めのURロボット

協働ロボットは、産業オートメーション分野で最も成長著しいセグメントであり、米国Research and Markets社の調査によると2020年から2025年の年平均成長率(CAGR)は30.37%に達すると予測されています。協働ロボットのパイオニアであるURが達成した今回のマイルストーンは、業界においてURが堅持するフロントランナーとしての地位を強化するものです。

URの社長であるユルゲン・フォン・ホーレン(Jürgen von Hollen)は、 次のように述べています。「私たちは過去15年間、まったく新しいマーケットセグメントを開拓すべく熱心に取り組んできました。特にコストがかかりすぎるか、複雑すぎて手が出せないと考えられてきた自動化を、中小・中堅企業においても実現することをミッションとしてまいりました。URはこれまでにグローバル規模での販売代理店ネットワークや周辺機器の開発者たちのエコシステムを構築し、完全に新しいビジネスモデルを開発・提案しています。この業界のパイオニアとして、私たちは市場における協働ロボットの認知を高め、業界標準に影響を与え、従来型の産業ロボットの経験に影響された顧客の認識を変革できるよう取り組んでゆく所存です」

またユルゲン・フォン・ホーレンは、VEMA GmbHが、URのミッション達成の優れた例であると述べています。「VEMAは、彼ら自身でラインに実装、プログラミング、管理することができ、費用対効果と柔軟性に優れ、使いやすい自動化ソリューションを探していました。彼らにとってまさにそれがURの協働ロボットでした」

協働ロボットは生産性と品質の両方を向上
VEMA GmbHに新たに納品されたURロボットは、最終工程でピックアンドプレース用途にすでに展開されている他の3つのURロボット群に加わります。

VEMA GmbHのマネージングディレクターであるクリスチャン・ヴェーザー氏(Christian Veser)は、次のように述べています。「我々は、URロボットの50,000台目の納品先となることに大きな喜びを感じています。URロボットによって当社は夜間シフトを組むことができるようになり、現在は24時間稼働しています。私たちは生産性と品質を大いに向上させました。作業員たちは過酷な作業から解放され、品質試験に集中できます。コロナ禍の今、協働ロボットにはソーシャルディスタンスや検疫が不要なことも大きな利点です。彼らはいつでも働くことができます」また、VEMA GmbHでは協働ロボットに名前をつけるほど、その生産性を高く評価していると付け加えました。

「最初の3つの協働ロボットは、エルフリーデ、ギュンター、ブルーノという名前です。新たに納品された4台目には、 URの社長自らが納品してくれたことに敬意を表しユルゲンと名付けます。」

ユルゲン・フォン・ホーレンは、また次のように述べています。
「私たちはこれまで発展を遂げてきましたが、すでに知られている用途のほか、全く新しい協働ロボットのアプリケーションにおいても、市場にはまだ大きな可能性があります。比類のない納品実績に支えられ、我々は常にお客様から学んでおり、ロボットの開発においてもデータに基づいたアプローチを活用しています。このような手法により、今後もURがこの分野をリードし続けるものと信じています」

祝杯をあげるVEMA社とURの社長 ユルゲン・フォン・ホーレン(右から2人目) 

[ユニバーサルロボットについて]
2005年に設立されたユニバーサルロボットは、あらゆる規模の会社でロボット技術による自動化を実現することを目的に、小型で、使いやすく、リーズナブルな価格設定で、フレキシブルかつ安全な協働ロボットの開発に努めています。2008年に協働ロボット第一号を発表して以来、ユーザーフレンドリーなコボットの提供によって大きな成長を遂げており、現在では世界中で販売されています。ユニバーサルロボットはTeradyne Inc.傘下の企業であり、デンマーク、オーデンセに本社を置き、米国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、チェコ共和国、トルコ、中国、インド、シンガポール、日本、韓国、台湾、メキシコに子会社や支社を擁しています。2019年のユニバーサルロボットの売上高は 2億4800万ドルでした。www.universal-robots.com/ja

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Universal Robots A/S >
  3. ユニバーサルロボットが協働ロボットの累積販売数50,000台を達成