(株)ニトリホールディングス、契約業務DXのためMNTSQを採用

国内7社のグループ会社利用へ

MNTSQ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:板谷 隆平 以下当社)は、株式会社ニトリホールディングス(本社:札幌市北区、代表取締役社長 白井 俊之 以下 :ニトリ)に、契約業務の一連のプロセスを変革し、法務業務のナレッジマネジメントまで行うサービス「MNTSQ (読み:モンテスキュー)」の提供を開始することを、お知らせいたします。


■ 提供の背景
当社が開発したMNTSQ CLMは、契約の作成、審査、管理まで一気通貫で行う契約のライフサイクルマネジメント(Contract Lifecycle Management:CLM)のみならず、法務業務のナレッジマネジメントまで可能なシステムです。具体的には、下記のような強みを持っております。

①大企業向けのシステムとしてグループ会社利用のために必要な権限管理、ユーザ情報連携やシングルサインオン(SSO)などが備わっていること。また、英文の解析機能が備わっており、将来的に海外グループ会社への展開を見込めること。

②契約の締結版データを機械学習技術で解析することにより、契約当事者や契約期間だけでなく、リスク条項(競業避止義務など)を自動抽出する機能を有すること。

③メールなどと連携して、法務部員各人に偏在するナレッジを自動で集約し、長島・大野・常松法律事務所のナレッジとともに共有・活用できる機能を有していること。

上記の点を、ニトリからご共感・ご評価をいただき、ニトリグループの契約業務全般を担うサービスとして、MNTSQの導入を決定いただきました。

当社は、MNTSQ CLMの導入によって、ニトリにおける契約業務全体の大幅な効率化やナレッジマネジメントによる円滑な法務業務の推進を実施いたします。まずはニトリグループ国内7社における利用を目指し、今後は中国・台湾・東南アジア各国に展開する海外グループ会社への導入も想定し、デジタルトランスフォーメーションによるさらなる法務業務の効率化を目指してまいります。

■ 導入企業様によるコメント

株式会社ニトリホールディングス 上席執行役員 法務室室長(弁護士) 青谷 賢一郎様

今般、デジタルトランスフォーメーション(DX)による業務効率化は、法務だけでなく、企業におけるあらゆる業務において必要不可欠になりつつあります。弊社法務室は4チーム制の組織ですが、部署内にチーム横断のタスクフォースを新設し、2年以上の歳月をかけて、リーガルテック・ALSPの導入によるDXの推進について検討を進めてきました。この検討をすすめるなかで、タスクフォースのメンバー全員が「近時の法務部門の役割の重大性に鑑みると、既存の法務業務の効率化を考えるだけでは不十分で、新たな法務業務により付加価値を生み出すことが重要」との認識で一致し、そのようなことが可能になるようなサービスを導入したいと考えるに至りました。この点、MNTSQは、これまでの伝統的な法務業務の効率化     だけでなく、グループ全社におけるCLMやナレッジマネジメントによる法務人材教育など弊社が目指す新たな時代の付加価値の高い法務業務の実現も視野に入れたサービスであるため、弊社でも導入を決めました。    

MNTSQ株式会社 代表取締役 板谷 隆平

業界大手のニトリさまにおける契約業務全般をサポートさせていただけることとなり、大変嬉しく思います。LegalTechの世界では、個別部署の最適化に留まらず、全社的な契約のライフサイクルマネジメント(Contract Lifecycle Management:CLM)を最適化することが重要であるというコンセンサスが産まれつつあります。そのなかで、ニトリさまは機械学習テクノロジーを活用しつつグループ会社全体でのCLMを実現するだけでなく、CLMの活用によって法務業務の在り方自体のアップデートを目指すものでありするニトリさまの事例は、日本でも最先端をいく事例となるものだと感じております。これからも、法務のベスト・プラクティスをアップデートするために邁進してまいります。

■ 「MNTSQ CLM」の概要
「MNTSQ CLM」は大企業向けに法務領域の一連の業務プロセスを変革するサービスです。社内にある法務関連データを「MNTSQ CLM」に自動連携することができ、契約の作成・審査・管理からナレッジ化までを一気通貫でサポートすることで、Legal Risk Managementと法務業務の高速化を同時に実現します。四大法律事務所の一つである長島・大野・常松法律事務所のノウハウと、機械学習テクノロジーとの掛け合わせをコアとしており、契約の相手方、契約締結日、有効期限や取引金額など、契約管理や電子帳簿保存法の対応に必要な情報を、契約書に特化したOCRで検索可能にし、機械学習を活用して抽出することができます。さらに、契約の内容を条項レベルで分析することで、契約業務に有用なナレッジを自動的に蓄積していくことが可能です。また、長島・大野・常松法律事務所が監修する契約業務のベスト・プラクティス(契約雛型、条項やその解説)も「MNTSQ CLM」上で閲覧できるため、若手の育成を含めて部内全体の業務品質の向上にも貢献いたします。

 
■ MNTSQ株式会社について
「すべての合意をフェアにする」ことを掲げて、2018年11月に設立しました。機械学習のうち特に自然言語処理分野に強いPKSHA Technologyの高い技術力と、8億円の出資をいただいた四大法律事務所の一つである長島・大野・常松法律事務所からのリーガルリソースを強みに、契約業務の一連のプロセスを変革するContract Lifecycle Managementサービス「MNTSQ CLM」を提供中です。

会社名:MNTSQ株式会社(モンテスキュー)
設立日:2018年11月14日
所在地:東京都中央区日本橋堀留町1-9-8 人形町PREX5F
代表者:板谷 隆平
URL:https://mntsq.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MNTSQ, Ltd. >
  3. (株)ニトリホールディングス、契約業務DXのためMNTSQを採用