エイトレッド、SaaS型ワークフロー市場にて5年連続シェアNo.1を獲得

〜中堅中小企業向けSMB市場でも3年連続1位を獲得〜

 ワークフローのプロフェッショナル集団である株式会社エイトレッド(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:岡本 康広 以下、エイトレッド)が提供するクラウドワークフローサービス「X-point Cloud(エクスポイント クラウド)」は、株式会社アイ・ティ・アールが調査した『ITR Market View:RPA/OCR/BPM市場2020』において、SaaS型ワークフロー市場におけるベンダー別売上金額推移、およびシェアで第1位となりましたことをお知らせいたします。本結果より、2016年度から2020年度(予測)の5年連続でトップシェアとなります。

 また、ワークフロー市場全体シェア(パッケージとSaaSの売上金額合計)では2020年度(予測)で2位、売上規模別市場シェア(パッケージとSaaSの売上金額合計)では、年商100億円~500億円未満で2018年度~2020年度(予測)3年連続1位、年商10億円~100億円未満で2018年度~2020年度(予測)3年連続1位となり、中堅中小企業向けSMB市場でもトップシェアという結果となりました。

※株式会社アイ・ティ・アール刊行『ITR Market View:RPA/OCR/BPM市場2020』
<発刊日 2020年9月3日(https://www.itr.co.jp/report/marketview/M20001600.html)>

 
  • クラウドワークフローサービス『X-point Cloud』について

 『X-point Cloud』は、多数の導入実績がある「X-point」の機能をそのままクラウドに展開した、安心・お手軽に始められるワークフローサービスです。
 社内のあらゆる場面における書類などの申請手続きを電子化し、迅速な意思決定、業務効率化を実現します。ワークフロー運用に必要なきめ細やかな機能を実装しており、小規模から数百人規模までの組織の特徴やそのニーズに合わせて利用可能です。


(『X-point Cloud』:https://www.atled.jp/xpoint_cloud/
 
  •  代表取締役社長 岡本からのコメント

 現在テレワーク化が進み、業務の見直し・デジタル化がなされています。効率化観点以外にも「リスク耐性強化」や、「情報やノウハウ共有」が追加され議論が進み、ワークフローの必要性が高まっています。
 この度クラウドワークフロー市場で5年連続シェアNo.1、SMB市場で3年連続1位となりました。ワークフロー専業メーカーとして約13年。紙のような直感的なユーザーインターフェースと充実した基本機能、そして安定したシステムを基に、製品のブラッシュアップを繰り返し、多くの企業様に利用されてきました。これらの地道な活動が今回の結果に結びついたのだと思います。
 ワークフローがデジタル化すれば、申請や稟議のスピードが向上し、経営に力を与えます。これからも多くの企業の経営に貢献できるよう、努めて参ります。
 
  • 株式会社エイトレッドについて
 エイトレッドは、稟議書や総務・人事諸届、経費精算などの社内申請手続きを行うワークフローシステム「AgileWorks(アジャイルワークス)」「X-point Cloud(エクスポイントクラウド)」「X-point(エクスポイント)」を開発、全国の販売パートナーを通じて3,000社を超える企業・自治体・官公庁・教育機関などに導入されています。
コーポレートサイト:https://www.atled.jp/
 
  • 会社概要
名称  :株式会社エイトレッド(証券コード:3969)
所在地 :〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー1F
代表者 :代表取締役社長 岡本 康広
設立  :2007年4月
事業内容:プロダクト製品開発・サポートサービス・クラウドサービス
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エイトレッド >
  3. エイトレッド、SaaS型ワークフロー市場にて5年連続シェアNo.1を獲得