SEIKOが世界4位にランクイン!世界最大級の高級時計専門マーケットプレイスChrono24が2021年度上半期の人気ランキングと傾向を発表

世界最大級の高級時計専門マーケットプレイスを展開する「Chrono24(クロノ24)」 (本社: ドイツ・カールスルーエ、創設者兼CEO: ティム・シュトラッケ)は、運営するChrono24サイト(https://www.chrono24.jp/)での2021年1月1日~2021年6月27日のデータベースより、2021年上半期のリクエスト数※および時計の売上に関するランキングや傾向について発表いたします。

※リクエスト数:Chrono24において商品購入をリクエストした数

2021年度上半期 世界の時計ブランドランキング

※Chrono24上でのリクエスト数に基づく
※シェア率:Chrono24においての購入リクエストのうち各ブランドが占める割合

■Rolex(ロレックス)はシェア減少もトップを制し、Omega(オメガ)は欧州で人気の結果に
2020年の上半期と比較してRolexのシェアは8%減少したものの、全体シェアの3分の1以上を占め、ランキングでも1位にランクイン。Omegaはアジアでは大幅に売上を落としたものの、フランスやイギリスにて好調な結果を残し、3位のBreitling(ブライトリング)の2倍以上のリクエスト数で2位にランクインしました。

■日本ブランドのSEIKO(セイコー)が4位にランクイン
注目すべきは日本ブランドのSEIKO(セイコー)で、アメリカで40%以上リクエスト数が増加し、大幅に上昇し4位にランクインしました。


2021年度上半期 国別時計ブランドランキング

■いずれの国でもRolexがやはり人気
日本、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリス、香港の中で、Rolexは日本を除くすべての国で3分の1以上のシェアを占めており、ドイツでは40%のシェアを占めています。日本でも32%と、ほぼ3分の1を占める結果となっており、各国で人気が高いことがわかりました。

■アジアではAudemars Piguet(オーデマ ピゲ)、Patek Philippe(パテック・フィリップ)が上位にランクイン
2021年度上半期において、日本で人気が高かったブランドは1位Rolex、2位Audemars Piguet、3位Patek Philippeという結果になりました。香港でもAudemars PiguetとPatek Philippeが上位にランクインしました。



2021年度上半期 世界の時計モデルランキング

※Chrono24上でのリクエスト数に基づく
 

■Rolexの人気モデルはDatejust(デイトジャスト)とSubmariner(サブマリーナ)
昨年度に引き続き、2021年も1位にRolexのDatejust、2位にRolexのSubmarinerがランクインしました。2020年は、GMT-MasterⅡが4位にランクインしていましたが、2021年度上半期ではDaytona(デイトナ)がシェアをあげ、5位にランクインしました。

■OmegaのSpeedmaster(スピードマスター)が順位をあげ3位にランクイン
昨年5位にランクインしていたOmegaのSpeedmasterが順位をあげ、2021年度上半期では3位にランクイン。続いて4位にOmegaのSeamaster(シーマスター)がランクインしました。

<画像左から>                                                                                      
Rolex Datejust(デイトジャスト)
https://www.chrono24.jp/rolex/datejust--mod45.htm
Rolex Submariner(サブマリーナ)
https://www.chrono24.jp/rolex/submariner--mod1.htm
Omega Speedmaster(スピードマスター)
https://www.chrono24.jp/omega/speedmaster--mod74.htm

 

2021年度上半期 ダイヤル色の人気傾向*
■黒いダイヤルが圧倒的な人気
ダイヤル色別のリクエスト数は1位が黒、2位が青、3位がシルバーという結果になりました。
2020年度の順位と同じ順位となっており、人気色が安定していることがわかります。
1位の黒については全体シェアのうち42%を占めており、昨年度の45%よりはシェアを落としたものの、不動の人気です。
*Chrono24上でのリクエスト数に基づく

 

2021年度上半期 ケース素材の人気傾向*
■スチールがシェア70%超え
2021年度上半期のケース素材別のリクエスト数は、1位がスチール、2位がゴールド/スチール、3位がイエローゴールドという結果になりました。
ダイヤル色と同じく、ケース素材別の人気順位も2020年度と同じ順結果となっており、人気のケース素材も安定していることがわかります。
市場の70%以上をスチールモデルが占めており、2番目にゴールド/スチールのツートーンが7%、その他のケース素材を23%が占める結果となっています。
*Chrono24上でのリクエスト数に基づく


「Chrono24」とは

「Chrono24」は業界をリードする世界最大の高級時計専門オンラインマーケットプレイスです。およそ50万点の時計が出品され、100カ国以上から3,000以上の販売業者、並びに3万人以上の個人販売者により運営されており、サイト訪問者数は毎月約900万人(2020年12月現在)。2020年、Chrono24は約20億ユーロの取引高を達成しました。世界最大規模のプラットフォームであるChrono24は、新品からヴィンテージまで網羅した時計のラインナップを抱え、信頼のおける環境での取引を可能とし、全ての時計好きの“Home”になることを目指しています。

購入者と販売者の双方が安全な環境の下で売買を行えるように、国境を超えたサポートチームが日本語を含む16言語対応でメールと電話のサポートを提供しています。

時計にまつわる世界のトレンドをタイムリーに発信中!
「Chrono24マガジン」トップページ:https://www.chrono24.jp/magazine/
Chrono24 日本公式Instagram: https://www.instagram.com/chrono24.japan
Chrono24 日本公式Facebook: https://www.facebook.com/chrono24.japan

「Chrono24」アプリは、以下よりダウンロードいただけます

                            【iOS版】                                          【Android版】

会社概要
会社名   :Chrono24 GmbH
本社     :ドイツ・カールスルーエ(Haid-und-Neu-Str. 18 D-76131 Karlsruhe Germany)
オフィス    :ベルリン、ニューヨーク、香港
代表取締役:Holger Felgner、Tim Stracke

Chrono24 ウェブサイト: https://www.chrono24.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Chrono24 GmbH >
  3. SEIKOが世界4位にランクイン!世界最大級の高級時計専門マーケットプレイスChrono24が2021年度上半期の人気ランキングと傾向を発表