新春!!【共同開催ウェビナー!】アライアンスバーンスタインの米国ストラテジストによる2022年米国株式徹底解剖&IFA向け非伝統的運用ファンドのご紹介(2022年1月13日)

IFA総合コンサルティングファーム『アドバイザーナビ』主催、『アライアンス・バーンスタイン』協力によるIFA/金融機関勤務者向けウェビナーが2022年1月13日(木)19:30〜開催決定!!

ABの米国経済ストラテジストが2022年の米国経済を徹底解剖、IFA向けには非伝統的運用ファンドをご紹介!!

 

 

 



【 日時 】
2022年1月13日(木)19:30〜21:00 ※先着100名
 
【 内容 】
第1部:『米国経済及び株式市場の見通し』
2022年の米国経済は、オミクロン株の感染拡大でも果たして順調に回復するのか?株価は、まだ上がるのか?FRBの量的緩和終了やゼロ金利の解除は、いったい何をもたらすのか?サプライチェーンの目詰まりは解消され、インフレは落ち着くのか?気になる諸々の事象について情報を整理し、こうした環境下でどのような投資戦略を取るべきか、について穂谷氏が解説します。

第2部:『資産保全を意識した非伝統的運用ファンドのご紹介』
昨今の金融市場の情勢を受け、株や債券が過去のように高い収益率を期待できなくなってきている環境下、資産保全のためには伝統的資産配分だけで果たして十分なのであろうか?グローバル債券並みのリスクでより高いパフォーマンスを実現でき相関も低い非伝統的運用ファンド、および、グローバル株並みのリスクでより高いパフォーマンスを実現している非伝統的運用ファンドによる、お客様ポートフォリオのさらなる分散に資するソリューションについて、後藤氏がご紹介します。
 

【 登壇者 】
アライアンス・バーンスタイン株式会社
運用戦略部 兼 責任投資推進室 シニア・インベストメント・ストラテジスト
穂谷 栄一郎 氏(スピーカー)

内外のマクロ経済および金融市場の分析や運用戦略に関するストラテジストを務める。以前は2016年よりフィデリティ投信の金融市場調査室にてグローバル投資環境の見通し等を担当。また、2011年から2016年まではブラックロック・ジャパンにおいて運用リサーチおよび商品企画・開発などに従事。長年にわたり、経済・市場ウォッチャーとして日本経済新聞などに加え、テレビ東京「モーニングサテライト」や日経CNBCなどの経済情報番組など、多数のメディアにおいて情報発信を行っている。

アライアンス・バーンスタイン株式会社
運用戦略部 マネジング・ディレクター 兼 AB未来総研所長
後藤 順一郎 氏(スピーカー)

現在、マルチアセット戦略のプロダクト担当。また、DC・NISAビジネスの推進及びAB未来総研にて顧客向けソリューション/リサーチ業務も兼務。入社以前はみずほ総合研究所株式会社に勤務、主として企業年金向けの資産運用/年金制度設計コンサルティングに従事。
日本アクチュアリー会準会員、日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)、1級DCプランナー

アライアンス・バーンスタイン株式会社
投資信託部 ディレクター
三橋 雄二 氏(モデレーター)

2006年12月アライアンス・バーンスタイン株式会社入社。以前はJPモルガン、メリルリンチ(現ブラックロック)、モルガン・スタンレー等の資産運用部門で外国株運用、商品開発、マーケティング等に従事。投資初心者から経験豊富なファイナンシャル・アドバイザーまで、幅広いニーズに対応する投資家向けセミナーや金融機関向け研修の実績は豊富。


アドバイザーナビ株式会社
代表取締役 平 行秀 (総合司会)

野村證券に新卒入社。営業店で富裕層向け資産運用アドバイザー業務に従事し、多数の役員表彰・社長表彰を獲得。特別選抜社員としてロンドンに派遣され、現地で新規ビジネスの立ち上げを行う。同社退職後、香港に移住し投資事業の立ち上げを行う。2019年アドバイザーナビ株式会社を設立し代表を務める。

 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アドバイザーナビ株式会社 >
  3. 新春!!【共同開催ウェビナー!】アライアンスバーンスタインの米国ストラテジストによる2022年米国株式徹底解剖&IFA向け非伝統的運用ファンドのご紹介(2022年1月13日)