京都フュージョニアリング、2022 Japan – U.S. Innovation Awardsの「イノベーション・ショーケース」を受賞

魅力的な技術と革新的なビジネスアイデアをもち、全世界に大きなインパクトをもたらす可能性を持つ日本のスタートアップ企業として選出されました

京都フュージョニアリング株式会社は、2022 Japan-U.S. Innovation Awardsにおいて Innovation Showcaseを受賞しました。日本時間7月15日(水)未明に行われる、Slack Technologies, Inc.の共同創業者兼最高技術責任者のカル・ヘンダーソン氏が基調講演を行う同賞のシンポジウムでは、当社の共同創業者 兼 戦略顧問である九州大学准教授の武田秀太郎が登壇し、核融合の可能性と当社が担う役割について発表します。


Japan–U.S. Innovation Awardsは、シリコンバレーに拠点を置く北カリフォルニア・ジャパン・ソサエティとスタンフォード大学の米国アジア技術経営研究センターの共催プログラムです。日本とアメリカのスタートアップから、相互の市場にインパクトを与え活躍した各1社を『Emerging Leader』として選出するとともに、魅力的な技術と革新的なビジネスアイデアをもち、全世界に大きなインパクトをもたらす可能性を持つ日本のスタートアップ企業5社を『Innovation Showcase』選出しています。今回当社は、『Innovation Showcase』の受賞企業の1社として選出されました。

京都フュージョニアリングは今後も、「究極的なエネルギーソリューション『核融合』によって地球の課題を解決し、人類に新たな未来をもたらす」というヴィジョンに向けて、あらゆる貴重な機会を通じて、核融合についての認知拡大と業界の発展に取り組んでまいります。

【2022 Japan – U.S. Innovation Awards シンポジウム開催概要】
※現地開催のみ(オンライン視聴等はなし)
※登録手続きと詳細情報については、ウェブサイト( https://www.usjinnovate.org )をご覧ください。
■日時(日本時間)と開催場所
2022年7月15日(金) 午前4時00分〜9時00分
スタンフォード大学内会場にて開催
住所:Frances C. Arrillaga Alumni Center Stanford University
          326 Galvez Street, Stanford, CA 94305-6105

■当日プログラム :
詳細はこちらのアワード公式サイトのアジェンダをご確認ください。
https://www.usjinnovate.org/agenda-2022/


【京都フュージョニアリング株式会社について】
当社は、京都大学の長年に亘る核融合研究の成果に基づき2019年に設立された、核融合特殊プラント機器の開発に特化したエンジニアリング企業です。
プラズマ加熱装置、熱取り出しブランケット、高性能熱交換器、水素同位体ポンプを始めとした先端核融合工学分野において世界有数の技術力を有しており、英国原子力公社を始め全世界の核融合研究開発機関・企業を顧客に持ちます。
日本のものづくり力を結集し、革新的なエンジニアリングソリューションを世界に提供することで、人類に究極のクリーンエネルギーを提供し、新たな世界市場の創出することを目指しています。 

<会社概要>
会社名   京都フュージョニアリング株式会社
設立    2019年10月
事業内容  核融合炉関連技術、装置の研究開発、製作
代表者   代表取締役 長尾 昂(ながお たか)
社員数        45名 (派遣・業務委託・英国子会社含む)
所在地   東京都千代田区大手町(東京オフィス)
京都府宇治市五ケ庄(共同研究拠点・京都大学宇治キャンパス内)
英国バークシャー州レディング(英国子会社オフィス)
HP       https://kyotofusioneering.com/
採用ページ  https://kyotofusioneering.com/joinus

【アワード運営組織について】
北カリフォルニア・ジャパン・ソサエティ( https://www.usajapan.org/ )

Japan Society of Northern California (JSNC)は、1905年(明治38年)の設立以来、グローバルな文脈において日米間の相互理解を深めるという目的の下、さまざま取り組みを行っています。サンフランシスコ・ベイエリアを拠点とする人々や組織を対象に、日本に重点を置いた各種プログラムやネットワーキングイベント等を展開し、日本と米国をめぐる情報や機会を提供するとともに、コラボレーションやネットワーキングを推進しています。ジャパン・ソサエティはまた、世界有数のイノベーションと起業文化のエコシステムを有するサンフランシスコ・シリコンバレーと、未来に向けて躍進する日本を結ぶダイナミックな架け橋としても機能しています。

スタンフォード大学米国アジア技術経営センター( https://asia.stanford.edu/ )
スタンフォード大学米国アジア技術経営センター(US-ATMC)は、スタンフォード大学グローバル研究イニシアチブの一環として1992年に設立された教育研究機関です。高度技術産業における技術革新と新しいビジネスの動向に関する学際的なプログラムを通じて、スタンフォード大学学生および広くシリコンバレーに対して、21世紀のハイテク分野の成功にとって重要な知識や分析能力を提供しています。

【本件に関するお問い合わせ先】
京都フュージョニアリング株式会社 広報担当
東京オフィス:〒100-0004   東京都千代田区大手町1丁目6番地1 大手町ビル6階
E-mail: media@kyotofusioneering.com

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 京都フュージョニアリング株式会社 >
  3. 京都フュージョニアリング、2022 Japan – U.S. Innovation Awardsの「イノベーション・ショーケース」を受賞