リンクコーポレイトコミュニケーションズ「人的資本経営コンソーシアム」へ入会

コーポレートブランディング支援を行う株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ(​本社:東京都中央区 代表:白藤大仁)は、一橋大学CFO教育研究センター長 伊藤邦雄氏をはじめとする計7名が発起人となり、人的資本経営の実践に関する先進事例の共有、企業間協力に向けた議論、効果的な情報開示の検討を行う「人的資本経営コンソーシアム」に入会いたしました。


 


■入会背景と目的

昨今、人材を「資本」として捉え、その価値を最大限に引き出すことで、中長期的な企業価値向上を目指す「人的資本経営」への注目が高まっています。
リンクコーポレイトコミュニケーションズは、2000年4月に創業した世界発の「モチベーション」にフォーカスした経営コンサルティング会社であるリンクアンドモチベーショングループの1社として、投資家に向けたコーポレートブランディングを支援しています。
グループの独自の基幹技術「モチベーションエンジニアリング」で、経営学・社会システム論・行動経済学・心理学などの学術的成果を取り入れ、実効性と再現性を強みに、創業以来多くの企業変革をサポートしてきました。企業支援の切り口として、戦略や資金だけではなく、モチベーションという人の資本そのものに光を当て、主に投資家と企業の対話の支援を続けてきた当社は、本コンソーシアムへの参画を通じて人的資本に関する知見を深め、当社の持続的な企業価値向上にも取り組んでまいります。

■人的資本経営コンソーシアムとは

経営陣が自社の中長期的な成長に資する人材戦略の策定を主導し、実践に移すとともに、その方針を投資家との対話や統合報告書等でステークホルダーに説明することは、持続的な企業価値の向上に欠かせません。
このため、一橋大学CFO教育研究センター長 伊藤邦雄氏をはじめとする計7名が発起人となり、「人的資本経営コンソーシアム」の設立が呼びかけられ、本年8月25日に設立総会が開催されました。
本コンソーシアムでは、総会の下に、企画委員会、実践委員会及び開示委員会が設置され、各委員会での活動を通じ、人的資本経営の実践に関する先進事例の共有、企業間協力に向けた議論、効果的な情報開示の検討が進められる予定です。本コンソーシアムには、経済産業省及び金融庁がオブザーバーとして参加します。
これらの活動により、「人への投資」に積極的な日本企業に世界中から資金が集まり、次なる成長へと繋がることを期待します。

詳細:
https://www.meti.go.jp/press/2022/07/20220725003/20220725003.html


■会社概要
リンクアンドモチベーショングループの概要
・代表取締役会長:小笹 芳央
・資本金:13億8,061万円
・証券コード:2170(東証プライム)
・本社:東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー 15階
・創業:2000年4月
・事業内容
組織開発ディビジョン(コンサル・クラウド事業、IR支援事業)
個人開発ディビジョン(キャリアスクール事業、学習塾事業)
マッチングディビジョン(人材紹介事業、ALT配置事業)
ベンチャー・インキュベーション

株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズの概要
・代表取締役社長:白藤 大仁
・資本金:8,000万円
・本社:東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー 15階
・創業:2009年2月
・事業内容:
コミュニケーションツールの企画・制作会社
IR領域を中心にコーポレートブランディング設計・クリエイティブツール制作を支援
・URL:https://www.link-cc.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ >
  3. リンクコーポレイトコミュニケーションズ「人的資本経営コンソーシアム」へ入会