神戸新聞社がサブカル、エンタメに特化した総合情報サイト「よろず~ニュース」を創設

「46(よろ)ず~」の4月6日スタート!グループ企業のデイリースポーツがサイトを運営

 神戸新聞社は、サブカルチャーやエンタメに特化した総合情報サイト「よろず~ニュース」を創設します。スタートは2021年4月6日で、「46(よろ)ず~」の響きに合わせます。サイト運営はグループ企業のデイリースポーツが担い、趣味性が高く、おもしろいネタをユーザーに届けていきます。驚き、共感、気付き、泣き、笑い…クリックをすれば、“よろず~”な感情があふれるはず。

■メーンキャラは河童 “健全な非日常”を届けます!


 ​「よろず~ニュース」のネーミングは、そのままサイトの有り様を示しています。「よろず(萬・万)」には、「多くのこと」という意味があります。当サイトは、サブカルチャー(ポップカルチャー)、エンタメをテーマに、幅広いジャンルをできるだけカバーし、深く切り込みます。アニメ・漫画、ゲーム、特撮、ファッション、都市伝説、アイドル、海外ネタ…とにかく、多くのことが対象です。
 

 

<友人、知人との雑談ネタを提供します>

 ガチガチのストレートニュースを配信していくサイトと趣(おもむき)は違うはずです。仕事、家庭、学校などから離れたひとときに、興味あるネタをチェックする。友人、知人との雑談ネタをゲットすれば、自然と何かを語らずにはいられない…そんな行動をしてもらうことをイメージしています。スクロールするたびに広がっていく“健全な非日常”をぜひ体感してください。

<ユニークな写真・動画も配信します>

 記事を執筆するのは、デイリースポーツの記者がベースです。芸能、スポーツなどの最前線の現場で踏ん張ってきた精鋭たち。エネルギッシュな若手と経験豊富なベテランが相まって、精力的な取材による深掘り記事を提供します。ユニークな写真・動画もサブカル好きの編集者たちが続々と配信していきます。

 また、各ジャンルの識者、ライターとも契約し、個性を発揮してもらいます。話題の芸能人や著名人によるインタビューも随時アップ。多彩なラインアップをお楽しみください。

 

<遊び心もよろず~!「~」の意味は…>

 

 サイトのメーンキャラクターは河童(かっぱ)、サブキャラは座敷童(わらし)とツチノコです。実在するしないにかかわらず、昔から誰でも知っていて親しまれている不思議なキャラクター。そんな魅力的な存在にあやかりました。サイトを回遊していると、キャラクターたちがいろんな姿で登場して、みなさんの目を楽しませます。

 


 実は…語尾の「~」は、デイリースポーツ紙の題字で、阪神が勝った時に使用される“虎の尻尾”からのイメージです。われわれのDNAにある「遊び心」の表れです。

 


<ユーザーの意見も…>

 サイトの中には、記事の内容についてのアンケートシステムもあります。結果はサイトの編集方針にも影響することもありますし、ヒントにもなります。自分の思いをクリックで反映させてください。

 


 サイトの運営・編集面では、朝日新聞社のコンテンツ管理システム(CMS)「potaufeu(ポトフ)」を採用。神戸新聞社グループの“先輩”である人気のウェブ専用メディア「まいどなニュース」と同じ仕様です。見やすく、サクサク動く新サイト「よろず~ニュース」。ストレスフリーで楽しめます。

 

 

 

▽ よろず~ニュース(4月6日オープン)
https://yorozoonews.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 神戸新聞社 >
  3. 神戸新聞社がサブカル、エンタメに特化した総合情報サイト「よろず~ニュース」を創設