人工知能によるIR情報の自動翻訳の精度向上に向けて、日本取引所グループとロゼッタが実証実験を開始

 株式会社ロゼッタ(以下、ロゼッタ)は、株式会社日本取引所グループ(以下、JPX)と共同で、人工知能(以下、AI)によるIR情報(適時開示資料等)の自動翻訳の精度向上を目的とした実証実験を、2018年9月より開始することで合意しました。
 従来より日本企業の適時開示資料をはじめとするIR情報の海外に向けた発信は重要なテーマですが、英文への翻訳には相当な時間とコストがかかることから、その英文化は未だ多くの企業にとって課題となっています。
一方で、近年、AIによる自動翻訳は、技術的進化によって訳文精度が大幅に向上した結果、人手の翻訳を補完できる水準に到達しつつあります。
もし適時開示資料等を高精度に自動翻訳することができれば、海外投資家による適時開示資料等の利用や海外に向けた情報発信が今まで以上に活発になる可能性があります。
しかしながら、適時開示資料等の自動翻訳を本格的に実用化するまでには、解決すべき課題も指摘されており、今後の検証や改善が必要と考えられます。

 本実証実験では、過去に公表された適時開示資料等を大量に自動翻訳にかけて、誤訳のパターンを洗い出し、適時開示資料等の自動翻訳の実用化の可能性を検証します。

■ロゼッタについて
 株式会社ロゼッタは、「我が国を言語的ハンディキャップの呪縛から解放する」という企業ミッションの下、最大翻訳精度95%の超高精度AI自動翻訳の開発・運営を行う会社です。 

 このたび、JPXに自動翻訳「T-4OO」をご利用いただく中で、自動翻訳の有用性をご評価いただき、共同開発に至りました。
『T-4OO』 製品ページ https://www.jukkou.com 

 代表取締役:五石 順一
 所在地:東京都千代田区神田神保町3-7-1
 TEL:03-6880-1510
 事業内容:超高精度AI自動翻訳の開発・販売等
 URL:https://www.rozetta.jp
 サービスURL:https://www.jukkou.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ロゼッタ >
  3. 人工知能によるIR情報の自動翻訳の精度向上に向けて、日本取引所グループとロゼッタが実証実験を開始