総合ネットセキュリティ企業 イー・ガーディアンと、オンラインで完結する本人確認サービス「LIQUID eKYC」における協業開始

報道関係者各位                        

2019年3月28日
株式会社Liquid

株式会社Liquid(東京都千代田区、代表取締役:久田康弘、以下「当社」)は、「オンラインで本人確認を完結する方法」(eKYC)である『LIQUID eKYC』を、イー・ガーディアン株式会社(以下「イー・ガーディアン」といいます。)と協業し、eKYCに関するサービスを本人確認事務業務を含め一気通貫で提供いたします。

イー・ガーディアンは、安心・安全なインターネット環境の実現に向け、ネットパトロール、カスタマーサポート、デバッグ、脆弱性診断などネットセキュリティに関わるサービスを一気通貫で提供しており、今回当社の「LIQUID eKYC」の技術と、イー・ガーディアンがこれまで培ってきた仮想通貨(暗号資産)取引所やシェアリングエコノミーサービスを対象とする本人認証サービスのノウハウを掛け合わせ、ツールだけでは完結できない目視や運用部分でのマンパワー補強を行うことで、人材不足の解消及び最適なサービス提供を実現いたします。

現在、FinTechに代表される金融・IT融合の動きが世界的規模で加速する中、国際的なマネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金流用対策などの防止を目的に「犯罪収益移転防止法」で金融機関などの口座を開設する際の本人確認が義務化されております。加速するデジタル化の流れを受け、2018年11月30日付けにて施行されました犯罪収益移転防止法施行規則の改正により、ネットで完結するオンライン本人確認が可能になり、2020年4月には更なる厳格化が予定されております。

「LIQUID eKYC」を導入することにより、転送不要郵便の送達の完了を待たずに取引を開始することが可能となり、ユーザーにとっての利便性が大きく向上します。また、口座開設以降の取引時(送金時等)において、ユーザーの顔画像と口座開設時に送付を受けた顔画像との顔認証(マッチング)を行うことで、第三者による口座の不正利用を抑止することが可能となります。
 


なお、金融系事業者様向けに『「eKYCの最新動向」及び「2020年4月以降の郵便厳格化」徹底理解セミナー(無料)』を2019年4月17日に東京で開催いたします。講演者は、当社でeKYC事業を推進している保科秀之が務めます。

セミナーお申し込みはこちら
https://ekyc190417.peatix.com/

【当社の概要】
当社は、これまで生体情報にフォーカスした画像解析と機械学習を利用したビックデータ解析により高速処理を可能にした認証アルゴリズムを独自に開発し、官公庁が発行する旅券(パスポート)の代替手段からパスワード・暗証番号の代替手段まで、次世代の社会インフラを支える技術開発を進め、様々な実績を積み上げてきました。今般、当社が独自に開発した顔認証技術を用いた本人確認サービス「LIQUID eKYC」を展開することで、次世代の社会インフラの構築を積極的に進めてまいります。

【イー・ガーディアン株式会社 概要】
社名 イー・ガーディアン株式会社
設立 1998年5月
代表者 代表取締役社長 高谷 康久
所在地 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F
URL https://www.e-guardian.co.jp/

【株式会社Liquid概要】
社名 株式会社Liquid
設立年 2013年12月
代表者 代表取締役 久田 康弘
所在地 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル
電話番号(代表) 03-4530-3002
メール info@liquidinc.asia
URL https://liquidinc.asia/
【報道関係者の問い合わせ先】
事業推進部 電話番号03-4530-3002(代表) メールinfo@liquidinc.asia
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Liquid >
  3. 総合ネットセキュリティ企業 イー・ガーディアンと、オンラインで完結する本人確認サービス「LIQUID eKYC」における協業開始