パーソナル栄養検査「VitaNote」の検査期間が短く、より手早く栄養状態を把握、栄養改善に取り組めるようになりました

株式会社ユカシカド(代表取締役社長:美濃部慎也、本社:東京都渋谷区)は、自宅で手軽にできるパーソナル栄養検査キット「VitaNote(ビタノート)」の検査期間が従来の最大3週間から1週間以内へ期間を短縮。2020年2月20日より新しい検査期間で解析と結果のご提供を開始することをお知らせします。

これによりユーザーの皆様が今までより早く検査結果を確認でき、約1週間前の栄養状態を把握できるようになります。手早く栄養状態を把握することで、よりスピーディーに日々の食事やサプリメントの見直し、オーダーメイドサプリVitaNote FORのご利用が可能になります。

VitaNote公式サイト https://vitanote.jp/
 
  • VitaNoteについて

2017年6月に誕生した、パーソナライズされた栄養目標量に対して尿で栄養の過不足を評価する世界初の検査サービスです。

チャートでわかりやすいVitaNote検査結果画面チャートでわかりやすいVitaNote検査結果画面


細胞のもとになるたんぱく質や、身体から失われやすいビタミンB1,葉酸などの水溶性ビタミン、血圧にも影響するナトリウム(塩分),カリウムなどの微量栄養素がどれくらい吸収されているかがわかります。
 

基礎栄養を中心に業界最多の15項目を検査できます基礎栄養を中心に業界最多の15項目を検査できます


栄養素は相互に関連して作用するため、全体のバランスが大切。
VitaNoteは栄養検査キットの分野で検査項目数No.1、栄養バランスのチェックに最適。
生活習慣の見直しに活用できます。
 

 

  • 自社検査センター/解析技術の研究開発体制について

尿解析に特化した専用検査センターを自社で設置。

検査工程の継続的な改善に取り組む過程で、最大約3週間としていた検査期間を1週間以内へと短縮できました。

ユカシカドは厚生労働省「日本人の食事摂取基準」の策定などでビタミン・ミネラルなどの栄養素研究をリードしてきた滋賀県立大学と共同研究の独占契約を締結。

滋賀県立大学教授の福渡努氏をはじめ、ビタミン・ミネラル各研究分野の権威であり2005〜2020年版日本人の食事摂取基準策定委員である甲南女子大学柴田克己教授、関西大学副学長吉田宗弘氏を技術顧問として迎え尿検査技術の継続的な向上、新検査項目や新基準の策定、研究開発体制を構築しています。

 

  • 外部研究機関との連携について

尿検査を用いた栄養改善研究について、外部機関とも積極的に連携しています。

ユカシカドの高い技術力が評価され、日本のスポーツ国際競技力向上を担う国立スポーツ科学センター(JISS)との共同研究や、学校法人城西大学薬学部との駅伝選手を対象とした実証検証の取り組みなど、栄養分野における新領域の開拓を進めています。


ユカシカドは今後も栄養検査サービスのパイオニアとして、サービス品質向上と尿検査技術の研究開発を推進し、栄養改善体験の発展と拡大に努めてまいります。

 

  • ユカシカドについて
“国内外を問わず平等な環境と機会の創造に全力を尽くし、努力できる才能を持っている人が強くなれる世界をつくる。”をMISSIONに掲げ、栄養改善の側面から人々の健康、理想の実現を支援するヘルスケア企業です。

【会社概要】
会社名:株式会社ユカシカド
代表者:代表取締役社長 美濃部慎也
設立:2013年3月15日
資本金:211,630,000円(準備金含む)
所在地:東京都渋谷区神宮前3-25-18 THE SHARE 212
事業内容:栄養検査事業、栄養補助食品の製造・販売
URL:https://www.yukashikado.co.jp/
 
  • 本リリース・サービスに関するお問合せ
株式会社ユカシカド 広報担当 石田
Tel:03-6438-9350
Mail:info@yukashikado.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ユカシカド >
  3. パーソナル栄養検査「VitaNote」の検査期間が短く、より手早く栄養状態を把握、栄養改善に取り組めるようになりました