ファミコン世代(40代)を対象とした、2021年夏リリース、話題のスマートフォンゲーム「イース 6オンライン」体験会を開催。『昭和の時代、僕らの毎日が・・・冒険の日々だった』 

業界の最新情報や、ユーザーへのインタビューなどを通して、トレンドを追跡するプロジェクト『トレンドラボラトリー』(株式会社ルーティングシステムズ内)は、この夏リリース予定の話題のスマートフォンゲーム 「イース6 オンライン〜ナピシュテムの匣〜」 について、4月23日(金)~4月30日(金)のオープンベータテスト開催期間にあわせて、ファミコン世代(40代)を対象とした「イース6 オンライン」の体験会を開催しました。
★「イース6 オンライン〜ナピシュテムの匣〜」公式サイト: http://ysvionline.restargames.jp/

体験会は、昭和の時代に少年時代を過ごした40代の人たちの色とりどりの生き様が感じ取れる催しとなりました。そこには、令和の時代には色褪せてしまった、昭和の時代ならでは、思い出が溢れていました。大会に参加していた一人の男性の体験談に、トレンドラボラトリーでは“注目”しました。


◆ 参加者全員が聞き入ってしまった、「一人の参加者が語った少年時代の話とは」
体験会の参加者は、皆一様に、スマートフォンゲーム 「イース6 オンライン〜ナピシュテムの匣〜」のプレイを通じて、懐かしさを感じるとともに、映像の美しさや、心地よさや迫力あるサウンドを楽しんでいました。

また、ファミコン世代にとって、イース、ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーというRPGは、少年時代に、寝る間も惜しんで熱中した懐かしい思い出であったようです。

参加者によってゲームに対する向き合い方は、人それぞれでした。ゲームに対するプレイ時間を聞いたところ、ある参加者は、「勉強の合間に、一日30分だけ許されていた」と話していました。また、「夏休み中、朝から晩までゲームをしていた」という参加者もいました。

また、なぜゲームをするのか?を聞いたところ、多かった回答は、「レベルアップしていくのが、楽しいから」、「ゲームの中で主人公になった気分になれる(疑似体験ができる)」、「次の展開が気になる」などです。

そんな中、昭和という時代に同じ時間を過ごした同世代が集まると、自然と、昭和の少年時代の話に華が咲き始めました。

好きなゲーム、好きな音楽、好きな芸能人と・・・・ありふれた話題の中、

参加者の一人の少年時代の話に、いつの間にか、他の参加者も聞き入っていました。
 


◆ 「ゲームの中だけが冒険でではなかった。毎日が冒険だった」
参加者の一人(以下、「彼」と記載します)は、体験会が終盤に差し掛かった時、ゲームの中だけが冒険ではなかったと、ポツリと話し始めました。彼の声が、あまりに小さかったため、他の参加者から、「聞こえなかったので、もう一度、聞いてもいい?」と話があった。

彼は、改めて、口にした、「僕にとって、毎日が冒険だった。そして、これは、今も同じなんです」と話を始めた。彼は、「小学生のころ、壊れかけの家、建設中のマンション、橋とは言えない川にかかっている建造物、小学校、池、スーパー、公園、駅、線路など、街にあるすべてのものが、僕にとってのダンジョンであった。そして、それは、令和の今も変わらない。毎日をワクワクしながら生きている」と話しました。大事なのは、“物事の捉え方”だと、彼は話しました。

彼にとっては、この国、この街のすべてが、遊び場であり、自由に過ごせる“自分の持ち物”だと言う。だからこそ、むやみやたらにお金は必要なく、お金がなくても、贅沢に、そして楽しい日々を過ごせると話をしていた。幸せや価値観は人それぞれだが、彼にとっての幸せや価値観は、お金ではなく、“楽しい思い出(記憶)”にあるという。

また、彼は、「「イース6 オンライン」のようなゲームは、数十年ぶりにプレイをした。久しぶりのせいか、ゲームをスタートした時、とても興奮した」と話をした。彼は続けて話をした。「ゲームは、自分が主人公のような感覚にしてくれる。また、モンスターを倒したり、敵を倒していくことで正義感を高めるなど、自信をつけてくれる効果もあると思う」。「ゲームが私たちに与えてくれている幸せは、たくさんあると思う。だからこそ、ゲームの市場が、拡大し続けているんだと。ゲームをする人は年々増えており、大勢の人がゲームを求めている。つまり、ゲームは、人の役にたっているのだと思う」。と話を続けた。
 


◆ 令和の時代も、昭和の時代も、変わっていないのかも知れない。
令和の時代と昭和の時代とでは、私たちの生活や暮らしは、大きく変わっています。しかしながら、今回の体験会を通じて、気づいたこととしては、どんなに私たちを取り巻く環境が変わったとしても、ひとりひとりの考え方や気持ちの持ち方が変わらなければ、本質的には、何も変わらないのかも知れない。

テクノロジーが発達し、世の中が便利になる中、私たちにとっての「本当の幸せ」がどこにあるのか?を、考え直し時がきているのかも知れないです。

その昔、原始時代に、生きるために狩りをして暮らしていた時代が、便利になった今の時代よりも、人々にとって、不幸せであったかどうかについて、必ずしも、不幸せであったとは言えないと思う。

 


「イース6 オンライン〜ナピシュテムの匣〜」の紹介
ジャンル  アクションRPG
対応機種  iOS/Android
価格  基本無料(一部ゲーム内アイテム課金あり)
配信日  2021年夏予定
公式サイト  http://ysvionline.restargames.jp
公式Twitter  @YsVI_online (https://twitter.com/YsVI_online
クレジット  ©Restar Games.  ©Nihon Falcom Corporation All rights reserved.

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ルーティングシステムズ >
  3. ファミコン世代(40代)を対象とした、2021年夏リリース、話題のスマートフォンゲーム「イース 6オンライン」体験会を開催。『昭和の時代、僕らの毎日が・・・冒険の日々だった』