セルソース脂肪由来幹細胞加工受託サービス、富山大学附属病院の乳がん先端治療・乳房再建センターにて採用

再生医療関連事業を行うセルソース株式会社は、当社の「脂肪由来幹細胞加工受託サービス」が富山大学附属病院の乳がん先端治療・乳房再建センターにて採用されたことをお知らせいたします。
同センターでは、本邦を代表する形成外科医の1人である佐武利彦 特命教授を中心とし、再生医療を用いた乳房再建術が治療の一環として提供されます。この再建術は、患者さま自身から吸引した少量の脂肪から幹細胞を分離・培養し、脂肪と一緒に乳房欠損部に注入する手法です。当社では、同センターから患者さまの脂肪組織をお預かりし、幹細胞を分離・培養する等の細胞加工を受託して行います。


再生医療関連事業を行うセルソース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:裙本 理人、以下「当社」)は、当社の「脂肪由来幹細胞加工受託サービス」が富山大学附属病院の乳がん先端治療・乳房再建センター(以下「同センター」)にて採用されたことをお知らせいたします。

同センターでは、本邦を代表する形成外科医の1人である佐武利彦 特命教授を中心とし、再生医療を用いた乳房再建術が治療の一環として提供されます。この再建術は、患者さま自身から吸引した少量の脂肪から幹細胞を分離・培養し、脂肪と一緒に乳房欠損部に注入する手法です。当社では、同センターから患者さまの脂肪組織をお預かりし、幹細胞を分離・培養する等の細胞加工を受託して行います。

当社事業における乳房再建を対象としたサービス提供は、大学附属病院では横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科に続いて2施設目となります。今後も、法令を遵守した安全なサービス提供を行うとともに、対象となる領域の拡大に向けて事業を推進してまいります。


以上


セルソース株式会社
再生医療の産業化推進を目的とし、再生医療を提供する医療機関さまへの法規対応サポートと、脂肪由来幹細胞や血液の加工受託を行う再生医療関連事業を展開しています。再生医療等安全性確保法にもとづく特定細胞加工物製造許可施設(施設番号:FA3160006)にて1万件以上もの細胞等加工を受託しており、豊富な実績をもとに医療機関さまに安心してご利用いただけるサービスの提供と、研究・技術開発に努めています。

本社所在地 東京都渋谷区渋谷1-19-5 渋谷美竹ビル2F
代表者 代表取締役社長CEO 裙本 理人(つまもと まさと)
上場市場 東京証券取引所マザーズ(証券コード 4880)
設立 2015年11月30日
公式サイト https://www.cellsource.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. セルソース株式会社 >
  3. セルソース脂肪由来幹細胞加工受託サービス、富山大学附属病院の乳がん先端治療・乳房再建センターにて採用