エンジニアリング会社のAZAPA、Auto China 2020(北京モーターショー)に超⼩型モビリティのコンセプトカー「AZAPA-FDS Concept」を世界初出展

名古屋に本社のあるエンジニアリング会社、AZAPA 株式会社(愛知県名古屋市中区、代表取締役 近藤康弘、以下AZAPA)は、9⽉26 ⽇(⼟)から10⽉5⽇(月)まで中国 北京で開催されるAuto China 2020(北京モーターショー)にAZAPA が培ってきたソリューションによって企画・開発された超⼩型モビリティのコンセプトカー「AZAPA-FDS Concept(※)」を世界初出展する。


 


誰もが移動の⾃由を持ち続け、活き活きとした豊かな⽣活を⽀えるモビリティを提供したい、同時に消費エネルギーやスペース、騒⾳など社会への負荷が⼩さい次世代モビリティが広がることによって、より良い社会づくりに貢献したいという想いで企画された。

(※)FDS とは
Flexible Decomposition Structure と Function Domain System
の2つの意味を併せ持つ

Flexible Decomposition Structure はアッパーボディ,アンダーボディ
(P/F)をモジュール構造化したもの

Function Domain System は各機能ごとのシステムをモジュール化したもの
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AZAPA株式会社 >
  3. エンジニアリング会社のAZAPA、Auto China 2020(北京モーターショー)に超⼩型モビリティのコンセプトカー「AZAPA-FDS Concept」を世界初出展