株式会社Smart Opinion、ISMS認証「ISO/IEC 27001:2013」及び「JIS Q 27001:2014」を取得

株式会社Smart Opinion(本社: 東京都品川区、代表取締役社長: 山並 憲司、以下: Smart Opinion)は、2020年11月20日付でISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の第三者認証基準である国際規格「ISO/IEC 27001:2013」および国内規格「JIS Q 27001:2014」を取得したと発表しました。

Smart Opinionは、国内初の AI(人工知能)を使った乳房超音波検査リアルタイム解析システムの製品化に取り組んでいます。患者や病院並びに取引先からお預かりした個人情報、機密情報およびこれらを管理するためのシステム(情報資産)を適切に取り扱うことは、Smart Opinionの企業理念を実践するための重要な前提です。また、情報化が進む現代社会において、情報を取り扱う全ての企業にとって、最重要の社会的責務の一つであると認識しています。このような責務を果たすため、Smart Opinionは今後も情報セキュリティマネジメントの運用・強化に努めます。

ISO/IEC 27001(JIS Q 27001)1について

企業等が事業リスク全般を考慮して、情報セキュリティに関する文書化したマネジメントシステムを確立、導入、運用、監視、レビュー、維持及び改善するための要求事項を規定しています。また、組織のニーズに応じてセキュリティ管理策を選択・導入するための要求事項を定めています(出典:https://www.jisa.or.jp/it_info/engineering/tabid/1158/Default.aspx)。

株式会社Smart Opinionについて
株式会社フィックスターズ(東証1部:3687)とプロディジーメディカル株式会社との合弁会社として、2019年10月に設立された株式会社Smart Opinionは、AIによる乳がん等解析をはじめ、遠隔診療の時代に対応した次世代オンライン診療プラットフォームの事業化を目指しています。Smart Opinionに関する詳細は、こちらをご参照ください(https://www.smartopi.com/)。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フィックスターズ >
  3. 株式会社Smart Opinion、ISMS認証「ISO/IEC 27001:2013」及び「JIS Q 27001:2014」を取得