建設業・メンテナンス業に特化した図面管理・情報共有システム「SpiderPlus® (スパイダープラス)」の開発・販売を行う株式会社レゴリスが第三者割当増資による約3億円の資金調達を実施

建設TECHの株式会社レゴリスが約3億円の資金調達を実施

建設業・メンテナンス業に特化した図面管理・情報共有システム「SpiderPlus®(スパイダープラス)」の開発・販売を行う、株式会社レゴリス(本社:東京都豊島区、代表取締役社⻑:伊藤謙自)は、2018年11月、約3億円の第三者割当増資を実施致しました。

建設業・メンテナンス業に特化した図面管理・情報共有システム「SpiderPlus®(スパイダープラス)」の開発・販売を行う、株式会社レゴリス(本社:東京都豊島区、代表取締役社⻑:伊藤謙自)は、2018年11月、約3億円の第三者割当増資を実施致しました。


■割当先
今回の第三者割当増資の割当先は、大和企業投資株式会社が運営するDCIベンチャー成長支援投資事業有限責任組合です。
これにより、株式会社レゴリスは資本金(資本準備金含む)が6億円になります。


■資金調達の目的
株式会社レゴリスは「常に先進技術を活用し、常に新しいものを創造し、社会に貢献していく」「建設業界の様々な業務効率の最大化」というミッションのもと、建設業・メンテナンス業に特化した図面管理・情報共有システム「SpiderPlus®(スパイダープラス)」の開発・販売を行っています。
今回の第三者割当増資により、今後より建築業界の業務効率化に貢献すべく、さらに開発を加速するとともに、「SpiderPlus®(スパイダープラス) 」のさらなる可能性の追求をしていきたいと考えております。


■建設業向け図面管理・情報共有アプリ
「SpiderPlus®(スパイダープラス)」について


建設業を取り巻く環境は大きく変化し、人手不足がますます深刻化しています。
早急な対策が求められる中、建設業・メンテナンス業向け管理・情報共有アプリ「SpiderPlus®(スパイダープラス)」は、建設現場で用いられる図面・帳票をデータで一元管理することにより、煩雑な事務処理の削減が実現できるなど、同業界の働き方改革・業務効率化に寄与しており、急速に業界内でのユーザーシェアを拡大しています。
 

 

社名 株式会社レゴリス
代表取締役 伊藤 謙自
所在地 東京都豊島区東池袋1丁目12番5号 東京信用金庫本店ビル7階
従業員数 60名(2018年11月末現在)
設立 2000年2月(創業:1997年9月)
資本金 6億円(資本準備金含む)
事業内容 PMP(Project Management Platform )事業
エンジニアリング事業(保温・断熱工事)

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社レゴリス >
  3. 建設業・メンテナンス業に特化した図面管理・情報共有システム「SpiderPlus® (スパイダープラス)」の開発・販売を行う株式会社レゴリスが第三者割当増資による約3億円の資金調達を実施