サイプレス、高品質な車載インフォテインメント ユーザー エクスペリエンスを高めるWi-Fi 6コネクティビティ ソリューションを発表

新しいWi-Fi®およびBluetooth®コンボは幅広い自動車カテゴリで複数デバイスの同時ストリーミングを実現

サイプレス セミコンダクタ社 (米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ: CY) は2019年1月8日 (米国時間)、米国ネバダ州ラスベガスで開催されているコンシューマ エレクトロニクス ショー (CES) において、業界をリードする車載インフォテインメント向けワイヤレス コネクティビティ ポートフォリオを拡張する3種類の新製品を発表しました。Wi-Fi®およびBluetooth®コンボ チップとサポート ソフトウェアがセットとなりアプリケーション開発プラットフォームとして機能するこの新製品は、複数ユーザーが最大10台のモバイル デバイスに同時に接続し、異なるコンテンツをシームレスにストリーミングすることを可能にします。新しいインフォテインメント プラットフォームの1つは、サイプレスのRSDB (Real Simultaneous Dual Band) アーキテクチャを採用したWi-Fi 6 (802.11ax) およびBluetoothコンボ ソリューションです。RSDBは、高品質なコネクテッド インフォテインメント エクスペリエンスのデファクト スタンダードとなっており、2つの完全なWi-Fiサブシステムを1つのチップに統合することにより、2つの異なるデータ ストリームをフルスループットで同時実行することを可能にします。Wi-Fi 6はギガビット レベルのスループットを実現し、複数デバイスへの同時コンテンツ ストリーミングの信頼性を高めます。

サイプレスはさらに、Wi-Fi 5 (802.11ac) およびBluetoothコンボ ソリューションを2種類リリースしました。ポートフォリオが拡張されたことにより、自動車メーカーおよび自動車部品メーカーは単一のソフトウェア アーキテクチャで幅広い車種に対応するスケーラブルなプラットフォーム ソリューションを獲得できるようになり、開発コストやシステム統合コストの最小化に貢献します。

サイプレスのIoTコンピューティング&ワイヤレス事業部のマーケティング担当副社長であるBrian Bedrosianは、「自動車メーカーは、家で利用可能なマルチユーザー アクセスやメディア ストリーミングなどのプレミアムなパーソナル メディア エクスペリエンスを、車載環境でも実現することを目指しています。サイプレスは、プラットフォーム アプローチにより車載インフォテインメント専用に設計された製品ラインアップを業界で唯一提供しています。自動車部品メーカーや自動車メーカーは、サイプレスのローエンド、ミッドレンジ、およびハイエンド ソリューションを使用することにより、低価格車から高級車までカバーできます。車載ワイヤレス コネクティビティのユースケースを想定したソフトウェア開発は、ますます複雑化しています。サイプレスのスケーラブルなプラットフォームを利用すれば、ソフトウェア開発コストを各種モデルのインフォテインメント システム間で分散させることができます。今回発表されたソリューションは、幅広い市場のお客様に対する世界水準のIoT (モノのインターネット) コネクティビティの提供に向けた重点的な取り組みの一環として、最先端技術を統合しようとするサイプレスの意欲を示すものです」と述べています。

プレミアム インフォテインメント システムは、Apple® CarPlayやAndroid Auto、Mirrorlinkなどのアプリケーション向けにワイヤレス ミラーリングを実現するため、高スループット、マルチロール、並行動作が要求されます。サイプレスのWi-FiおよびBluetoothコンボ ソリューションは、これらのニーズを満たすだけでなく、Wi-Fiホットスポットおよびコンテンツへの同時アクセスに加え、ビデオやBluetoothオーディオのマルチバンド/マルチ無線接続も実現します。サイプレスのCYW89650 2x2 plus 2x2 Wi-Fi 6およびBluetooth 5.0コンボ ソリューションは、1Gbps以上のスループットを実現するほか、RSDBアーキテクチャにより高性能インフォテインメント システムにおいて、オーディオまたはビデオの劣化を伴うことなく並行動作が可能です。RSDBを採用した新しいCYW89459 2x2 Wi-Fi 5およびBluetooth 5.0コンボは、サイプレスの現行車載Wi-Fi 5ソリューションの成功をベースにしており、より多くのコネクテッド デバイスをヘッドユニットに接続できるほか、WPA3セキュリティ、Wi-Fi Location™、Wi-Fi Aware™などの新機能を搭載しています。さらに、コスト効率に優れたCYW89373 1x1 Wi-Fi 5およびBluetooth 5.0コンボ ソリューションが加わったポートフォリオにより、途切れのないエンターテインメント エクスペリエンスを実現する先進的なワイヤレス接続性能とメディア共存管理を大衆車から高級車まで幅広くもたらします。

サイプレスの車載ワイヤレス ソリューションは、車載向けAEC-Q100規格グレード3に完全準拠しています。サイプレスの現行ソリューションは数多くの主要自動車メーカーおよび自動車部品メーカーに採用されており、カーキットでスマートフォンの画面ミラーリングやコンテンツ ストリーミング、Bluetooth音声接続などのインフォテイメントおよびテレマティックス アプリケーションに対応している現行量産車に使用されています。サイプレスの車載ワイヤレス ソリューションの詳細は japan.cypress.com/products/automotive-wirelessをご覧ください。

サイプレスは、米国ラスベガス コンベンション センターで開催中のCES 2019において、車載ワイヤレス ソリューションを、車載システムおよびIoT向け組み込みシステムの全ポートフォリオと併せてデモ実演いたします (南ホール2、MP25776会議室)。


サイプレスが実現する最先端車載システム
サイプレスは、世界トップクラスの自動車メーカー企業と協業し、先進運転支援システム (ADAS) や3Dグラフィック ディスプレイ、ワイヤレス接続、フル機能タッチスクリーン、卓越したボディ エレクトロニクスなど、最先端車載システムの開発に取り組んでいます。サイプレスの車載ソリューションには、Traveo™およびPSoC® MCU、CapSense®静電容量センシング ソリューション、TrueTouch®タッチスクリーン ソリューション、Wi-Fi®、Bluetooth®、およびUSBコネクティビティ ソリューション、電源管理IC (PMIC)、NORフラッシュ、F-RAM™およびSRAMメモリが含まれます。サイプレスはこれらポートフォリオにおいて、ゼロ ディフェクトの追求と優れたサービスの提供をコミットしており、さらに最も厳格な自動車業界規格の認証を取得しています。詳細はhttp://japan.cypress.com/automotiveをご覧ください。

 
サイプレスとつながろう
·        Twitter: @NipponCypress
·        Facebook: CypressJapan

サイプレスについて
サイプレスは、世界で最も革新的な車載や産業機器、スマート家電、民生機器および医療機器製品向けに、最先端の組み込みシステム ソリューションを提供するリーディング カンパニーです。サイプレスのマイクロコントローラーや、アナログIC、ワイヤレスおよびUSBベースのコネクティビティ ソリューション、高い信頼性と高性能を提供するメモリ製品は、各種機器メーカーの差異化製品の開発と早期市場参入を支援します。サイプレスは、ベストクラスのサポートと開発リソースをグローバルに提供することで、彼らが従来市場を破壊しまったく新しい製品カテゴリを歴史的なスピードで市場投入できるよう支援します。詳細はサイプレスのウェブサイト (japan.cypress.com) をご覧ください。

 
###

 
CypressやCypressのロゴ、PSoCおよびCapSenseはサイプレス セミコンダクタ社の登録商標で、TraveoおよびF-RAMはサイプレス セミコンダクタ社の商標です。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。

 
サイプレスお問い合わせ先:
サイプレスセミコンダクタ  info-japan@cypress.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本サイプレス株式会社 >
  3. サイプレス、高品質な車載インフォテインメント ユーザー エクスペリエンスを高めるWi-Fi 6コネクティビティ ソリューションを発表