中国・相城、2020年の都市カレンダーを公開

もし中国・相城に2020年のカレンダーがあるとしたら、それはきっとこのような内容である。

時は黄河の流れのように淀みなく流れ2019年も終わりに近づき、1年1年と巡る永遠に変わらない時間の流れを感じさせる時期になりました。
歳月は同じようで同じではなく、二度と戻らない非凡な景致があり、新しい1年の幕がまた開こうとしています。

中国の苏州市には相城というエリアがあり、そこの風景は絵のように美しいと言われています。
相城の1年中の様々な風貌を文字と絵でお見せいたします。


一月、砕けた翡翠は果てしなく広がる江南の天地に落ち、雪は音なく静かに水面に落ち、思い出の中にある山渓の風景は心の深く沈み込み、無くなる事はない。
太平禅寺の瓦屋や黄壁、毎日の夕刻の鐘の音、雪の中で、孤独に佇む。
 

蒸気立ち込める二月、金塊が形を変え物と成る様を見る。
1458個の竈で金塊は物に姿を変え、
集積した工匠の知恵と努力、
そして受け継がれてきた歴史文化の重みと美しさ、
ここでは、金塊がの音に耳を傾け、
ここでは、一つの王朝の盛衰を感じ、
ここでは、六百年の時間を超えた精品の光と影の物語がある。
 

三月の春風
草木は山河に芽吹き、
陽澄湖には一抹の黄色、
春日ほど美しいものは無く、
一筋の陽光やそよ風が大地を深い冬の眠りから呼び起こす。
蓮花島の菜の花が一片の海の様に広がり、万山の詩情、春の錦繍を作り出す。
風は長閑で優しく、遠くまで広がる眺め、山野は夢のような黄金色となる。
 


四月、漕湖開発区に開かれる桜園が全ての相城人の願いとなり、
ある肌寒い夜、こっそりと楽しむピンク色の春の夢、
寒風に弱いあの美しい人が、
この街に送ってくれた一枚の春のラブレター。
春の光の中、想い人との淡い恋
美しい花は儚く、春風にそよぐ。
 


五月、盛沢湖の月季園、花が咲くのはちょうどかぐわしいコウシンバラ、
美しい盛沢湖の裾に寄り添う。
湖は香りのよい澄んだ水で満たされ、
江南で煙と雨の散歩成し遂げる。
 

忙しいことは忙しいが、六月黄を忘れないでください。
六月は「鮮」を探す旅である。
旬は食材の目覚まし時計。
「六月黄」は小さいけれど、
「小柄で大きい味」と言ってもいい。
肉質は新鮮で柔らかく,とても好まれている。
揚げても蒸しても、蟹の殻を取ってから、
あのみずみずしい濃厚な黄金色のカニみそは多くの食いしん坊を魅了した。
 


七月に、荷がなければ夏の蓮池の月の湿地公園にならない。
赤い荷が染めようとして,緑の葉が香をつけた。
碧水を境界線に、水上は蓮観天宇の静で、水中は魚が浅い底を泳いでいる動。
動静は乱れず、それぞれが扇情的である。
蓮華を摘む女は長い菊を支えて,一葉の軽舟を揺り動かす。
混んだハスの葉をくぐり、さざ波がゆらゆらと流れていく。
急がなくてゆっくりしている。
青い波の奥に漕ぎ込んで、詩歌賦にも入った。
ここの一花一葉は一人で一年を待ち、
この気持ちの綿密な真夏の約束に駆けつける。
 


馮夢龍村の八月。
相城で一番にぎやかな八月である。
遠近で有名な「花果村」では、
毎月には果実があり,季節ごとに花が咲く。
八月の黄桃と翠冠梨、無数の子供の親を引きつけてやってきた。
味蕾は果実の甘さの中で溶けていった。
 

九月、夏が終わり、秋が来る。
渭塘の真珠湖を見て風が吹く、波十里。
この広い水域を眺めていると、昔なら文人の墨客枕にひどく懐いた夢だった。
「西施一滴涙、渭塘一粒珠」
「渭塘」と「真珠」は切り離せない部分になったようだ。
渭塘の真珠は真ん丸温い、きらきらと澄みきって、上品でしなやかで穏やかな雰囲気を備えている。
真珠の宝石城は依然として全国各地で真珠を購入するには一番人気なところである。
「天下真珠渭塘先、渭塘真珠甲天下」
 


十月、相城の町。
金粟とモクセイの花が一斉に咲き,香りが町中に響き渡る。
馮夢龍農耕文化園で咲いている秋菊がある。
秋の10月にはあたり一面が黄金色に輝いている。
力を入れてこの秋の季節を化粧しなさい。
秋が黄色だけなら、
美しい期待を裏切られたかもしれません。
容姿端麗な格桑花、
けだるい葦が盛んに咲いている。
秋の綿が揺れる、
晩秋,絶対に相城と美を比べるな。


十一月、望亭の稲田には匂いが漂ってくるようだった。
収獲の季節になると、
畝を歩いてみなければならず、
そこには秋のもっとも豊かな味わいがある。
金色の麦の波が風に揺れるのを見て、
そこには何千年の歳月が隠れていて、
詩人の空が隠れていて、
更に生活の苦労が隠れている。
それは生活の最も素朴な美学である。
 

人の世は一瞬遅く,山河は既に冬になった。
太平禅寺のイチョウ、
一方の静寂の中で依然として独立している。
十二月の初めには、最高の恰好をしている。
秋風が幾筋も吹き,秋雨が一簾秋雨、
黄金色の脈葉がほこりにふりかかる。
それらは温い情意を持っていて、
そして光陰が解けないことへの未練があって、
秋の灼熱になって静かに禅寺の中に留まっている。
金色の地は,まさにこの世の世の変転である。


四季が移り、万物がめぐる。
この都市の2020年のカレンダーの中では、
芳菲の一面の春を見ることができて、さわやかで心地よい夏を見ることができて、
濃い絢爛な秋を見ることができて、純潔な初冬を見ることができる。

相城、あなたのご到来をお待ちしています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 江蘇観光(日本)ピーアールセンター >
  3. 中国・相城、2020年の都市カレンダーを公開